サンカラーマックス白髪染めは本当に効果あったのか?管理人が実体験報告!

商品名

サンカラーマックス40 レディース

タイプ

クリームタイプ

通常価格

3,240円+送料560円

内容量

40g(部分染めで約2~3か月分)

染められる回数

部分染めで約8~20回

1回の放置時間

約10時間(朝から夜まで)

色持ち

約1ヵ月

頻度

1~3日連続で塗布してから、20日~1ヵ月お休み

色の種類

1色:ダークブラウン

成分

水、ジメチコン・BG・セタノール・ステアリン酸ソルビタン・ステアリン酸グリセリル・シクロペンタシロキサン・硫酸銀・ステアリン酸PEG-45・ステアルトリモニウムプロミド・ゲンチアナ根エキス・クエン酸・イオウ・フェノキシエタノール・ステアレス-20・ステアリン酸PEG-75・ラベンダー油

返金保証

未開封に限り到着後8日間

評価

髪への優しさ4・色持ち4・手軽さ5・保湿力3・コスパ4/ 総合4

※価格は税込

 

まずは、サンカラーマックスが、
どんな色に染まるのか?
どのぐらい色が持つのか?
実験したいと思います。

 

実際の体験記から読みたい方はこちら

 

 

サンカラーマックスで実験!

実験方法

 

実験のルール①

「サンカラーマックス レディース」で人毛束を染めます。

 

 

実験のルール②

パッケージに書かれている、使用方法で髪を染めます。

 

 

今回の条件は、

  • 朝、シャンプーをした後にタオルドライ
  • クシで塗ってから夜まで室内に置く
  • 夜洗い流す(写真は翌日撮影)
  • 色を濃くしたい場合は、2日繰り返す

 

染め上がりの色を見てみましょう

髪の毛に塗ったまま、14時間程何もしませんでしたが、洗い流すと思いのほか、キレイな色に染まっていました。

 

 

白髪の方は、結構明るい茶色です。
色むらがなくキレイに染まっています。

 

 

白髪50%の方は、一見染まっていないように見えますが、黒と茶色の色の差が出ています。
よく見ると、白髪の部分は明るい茶色になっています。

 

 

もう少し濃く色がついた方が良い方は、2日連続で使用しても大丈夫です。

 

繰り返して染めてみました。
左が白髪100%、右が白髪50%、黒髪50%です。

 

白髪100%の方は、落ち着いた茶色になってきました。

 

白髪50%も1日目よりは白髪が目立たなくなってきています。

 

どれぐらい色が持つのか実験してみました

サンカラーマックス レディースで染めた白髪の、色持ちはどれ位なのか?
市販のシャンプー(リンスのいらないメリット)で洗って色の変化を見ていきます。

 

1回目

あまり変化はみられません。

 

 

 

2回目

まだあまり変化は見られません。

 

 

 

3回目

変化は見られません。

 

 

 

4回目

まだ大丈夫そうです。

 

 

 

5回目

まだまだ大丈夫そうです。

 

 

 

6回目

少し色が薄くなってきたような気がします。

 

 

 

7回目

6回目より若干色が薄くなりました。

 

 

 

1回目と比べると、色は薄くなりましたが、
色が少しずつしか落ちないので、色持ちは良いです。

 

実験結果

  • 茶色の色が明るい。
  • 1回だと染まりが弱い。
  • 白髪交じりの髪の場合、数回染めないと白髪が目立つ。
  • 色持ちが良い。1週間位で色が落ち始める。

 

サンカラーマックスを体験レビュー!

 

サンカラーマックスは「光で染まる白髪染め」という今までにはない方法で白髪をケアするヘアクリームです。
製法特許も取得しています。

 

 

でも「光で染まる」とはどういう仕組みなのでしょうか?
良く分からないので、実際に商品を購入して試してみました。

 

サンカラーマックス白髪染め到着!

 

届いた時の様子です。
会社名入りの紙袋に入って商品が届きました。
ポストには入らない大きさです。

 

 

今回は「初回限定お試しサイズ体感キャンペーン」で購入したのですが、このキャンペーンのコースは「代引き」でしか購入できません。

 

 

注文したらいつ届いてもよいように、商品代金と送料を含んだ3800円を用意しておきましょう。

 

「品名」の所には、しっかりと「サンカラーレディース(ハーフサイズ)×2本」と書かれています。

 

 

何を何本注文したのか一目瞭然です。
しかもお支払い方法は「代引き」しか選べませんので、必ず宅配便のお兄さんと顔を合わせる事になります。
宅配便のお兄さんは気にも留めていないと思うのですが、かっこいい宅配便のお兄さんから「白髪染め」を受け取る時は、少しだけ複雑な気持ちになりました。

 

箱を開けると、サンカラーマックス レディースが2本、その他に明細書や説明書が入っていました。

 

 

このあたりは他のヘアケア商品でも入っている事が多いのですが、珍しいのがポイントカードとマグネット

 

 

しかもポイントカードはウェブポイントではなくシール式です。
シールを20個集めると、お好みの商品がもらえます。
マグネットも冷蔵庫に貼っておけば、無くなりそうな時にいつでも電話で注文が出来ますね。

 

商品の箱の中には、チューブに入ったサンカラーマックスと使用説明書、クシが入っています。

 

 

家族と共有のクシだと色が付いたりしないか心配になるので、専用のクシが入っているのが親切で嬉しいです。
色はダークブラウンです。

 

サンカラーマックスは色のバリエーションがありません。
女性用の「濃い茶色のダークブラウン」と、男性用の「黒色に近いダークブラウン」の2種類になります。

 

同封されていた使用説明書には、白髪が光で染まるメカニズムが詳しく書かれています。

  • クリームの中の銀イオンに光が当たると、金属銀微粒子に変化して毛髪表面に吸着。
  • 金属銀微粒子が光を吸収するとダークブラウンに発色。

 

 

簡単に説明すると、光による化学反応で髪の毛に色が付きます。
ですから、合成着色料、アルカリ材、酸化剤、ジアミン系染料は不使用。
髪の毛や頭皮を傷めずに、白髪を染める事が出来るカラダに優しい白髪染めヘアカラーです。

 

サンカラーマックス白髪染めの成分

 

サンカラーマックスの全成分は下記の通りです。

 

 

水、ジメチコン、BG、セタノール、ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル、シクロペンタシロキサン、硫酸銀、ステアリン酸PEG-45、ステアルトリモニウムプロミド、ゲンチアナ根エキス、クエン酸、イオウ、フェノキシエタノール、ステアレス-20、ステアリン酸PEG-75、ラベンダー油

 

サンカラーマックス白髪染め使用開始!

 

では、使用説明書を見ながらサンカラーマックスを使っていきます。

 

 

まず、注意する点は、必ず朝に行って下さい!

 

 

朝、サンカラーマックスを使用した髪の毛で、一日分の光を浴びないと白髪が染まりません。
「光」は太陽光でも蛍光灯でも大丈夫ですので、外出の予定がない日でも使うことができます。

 

使い方はとっても簡単です。

 

シャンプーする

前日の夜、または当日の朝にシャンプーをします。
油分が付着した髪だと染まりにくくなるので、髪の毛を清潔にします。
当日の朝シャンプーする場合は、髪を乾かしてから使用します。

 

クシにサンカラーマックスをつける

クシにサンカラーマックスを取ります。

 

 

私は生え際を中心に部分染めをしたかったので、クシの先2センチ程出しました。
ニオイがほとんどなく、白髪染め特融のツンとするニオイもありません。

 

白髪部分に塗る

 

白髪部分の生え際から毛先に向かって、クシでとかすように塗ります。
その後すぐに、洗い流す必要はありません。

 

白髪に塗ったまま普段通りに生活

太陽光を浴びなくても、室内の蛍光灯の光を浴びれば大丈夫です。
私も家事をしたり、買い物に行ったり普段通りに過ごして、特別に日光を浴びようとか事はありませんでした。

 

夜、シャンプーする

夜、お風呂でシャンプーをした時も泡や水が茶色になる事はありませんでした。
しっかりとクリームが髪に付着したという証拠でしょうか。

 

サンカラーマックス白髪染めの効果

クシに直接クリームをつけてとかすだけなので、使い始める前に特別に準備する物もなく、手や洋服が汚れたりする事はありません。
また洗い流す必要がないので、白髪染めしてからすぐに外出が出来ます。

 

すっごく簡単です!

 

ただ、クリームを付いたままの髪の毛で一日過ごすので、髪の毛がペタペタしている感じが気になります。
時間が経つと今度はパリパリしてきます。

 

 

そして、髪の毛を結べないのも気になりますし、髪の毛をかき上げたり、耳にかけるのも「色がつかないかな~?」と心配になりました。
個人的には歯医者さんに行く日も診察台に色が付きそうなので、使用は避けたいです。

 

染め上がりはこんな感じになりました。

こちらが染める前。

 

こちらが染めた後です。

 

写真だと真っ白な髪が残っているように見えますが、実際は薄い茶色です。
染め残しが少し気になりますが、全体的な白髪の印象は薄くなりました。

 

さらに染めたい場合は、2.3日続けて使用すると、色が少しずつ濃くなりましたよ。

 

サンカラーマックス白髪染めを使用しての感想

 

クシにクリームを付けて手を汚さずに簡単に染められたり、光反応で染めるので連続して使用しても、髪の毛に負担がかからない所はとても良かったです。ただ、商品を手にとってみると、部分染めよりも白髪部分の多い方向けなのかな?と思いました。

 

「代引き」や「マグネット」、「紙のポイントカード」なども、年齢が高い方に向けての心遣いなような気がします。

 

サンカラーマックス白髪染めの良い点

  • 手や服を汚さずに白髪染めが出来る
  • 光反応で色を付けるので、髪の毛に負担がない
  • 洗い流さないタイプなので短い時間で染められる

 

サンカラーマックス白髪染めの気になる点

  • クリームを塗ったまま一日過ごすので髪の毛のペタペタが気になる
  • 色のバリエーションがない
  • 初回は代引きでの購入になるので、宅配便の人と顔を合わせる

 

私の場合は少し染色と髪の毛の色が違うように見えるので、染め上がりの色が薄く感じましたが、今までに使ってみた白髪染めの中では一番手軽だったので、続けて使ってみようと思います。

 

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

【大失敗した口コミ!】利尻ヘアカラートリートメントの2つの注意点!
利尻ヘアカラートリートメントで大失敗!購入前に確認しておかないと大変なことになります!警告のための口コミです!
ルプルプカラートリートメントはまだ買うな!試してみて分かった本当の話
アラサー主婦がルプルプヘアカラートリートメントの真実情報を大暴露!使う前に知りたかったと後悔する前に要確認!
サイオスヘアカラー(白髪染め)の口コミ!使用体験レポートはこちら!
サイオスヘアカラークリーム(白髪染め)を試してみての効果の一部始終をお見せします!
グローイングショットはまだ買うな!口コミ実体験の真実を大暴露!
POLAグローイングショットカラートリートメントを試してみてわかった本当のことをお伝えします。購入前に必ず確認する必要があります。
ウエラの白髪染めの口コミ体験レポート【ビフォーアフター画像あり】
ウエラの白髪染めの染め上がりなどを画像で口コミレビューします!成分や使い方、染め方などの情報もお伝えします。
ミルクジャムヘアカラーの口コミ|実際に使ってみた本音と効果!
ルシードエルのミルクジャムヘアカラーを実際に試してみての効果を細かに口コミレビューしていきますので、参考になさってくれるとうれしいです!
ロレアルパリ白髪染めヘアカラーの口コミ|効果・成分・使い方
ロレアルパリ白髪染めヘアカラーの効果や使い方を口コミレビューします!
フラガールのカラートリートメントで白髪は綺麗に染まる?染まらない?
フラガールカラートリートメントを使ってみての効果を本音で口コミします。使い方や成分などの気になる情報も合わせてお伝えします。
髪萌ヘアカラートリートメントのデメリット|使ってみて分かった本当の口コミ
辛口アラフォー主婦が髪萌ヘアカラートリートメントを使ってみての効果を本音で口コミ!ビフォーアフター写真とともに公開します。
マイナチュレカラートリートメントはまだ買うな!口コミ実体験の真実を大暴露
マイナチュレ オールインワン カラートリートメントをアラフォー主婦が試してみた!口コミ実体験の写真を大公開します!効果は?ビフォーアフターお見せします!
キラリ白髪染めの口コミ|ビフォーアフターお見せします!
キラリカラートリートメントムースを試してみての効果を口コミレビューします!染め上がりビフォーアフターをとくとご覧あれ!成分や使い方など気になる情報も満載。
利尻カラーシャンプーの口コミ!ここを知らずに買うのはちょっと待て!
白髪用利尻カラーシャンプーは染まらない!という噂があるけど本当のとこはどうなの?私が実際に利尻カラーシャンプーで実験してみての効果を口コミします!この写真を見れば一目瞭然。良い評判を鵜呑みにしないで!
レフィーネヘッドスパトリートメントカラーの口コミ|悪い点もをぶっちゃける
レフィーネヘッドスパトリートメントカラーを使用してみてわかった欠点。私がリピートしなかった悪い点を正直に口コミします。
シュワルツコフ カラースペシャリスト(白髪染め)の辛めの口コミレビュー!
白髪染め初体験の40代主婦が、シュワルツコフ カラースペシャリストでどんな風に変化したかの一部始終をお見せします!ちょい辛めの口コミです!
ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメントの口コミ&実体験報告!
白髪染めトリートメント「ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント」はどのくらい色が付くのか?1回のシャンプーでどの位色が落ちるのか?実験します。その後40代主婦が本音で体験レビューします。

このページの先頭へ戻る