ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・頻度・効果

 

「髪は女の命」という言葉が昔からあるように、女性の第一印象を決めるのは髪と言っても過言ではありません。
しっかりと手入れされたツヤサラ髪は、それだけで2割増しに美人に見えますよね。

 

でも、年齢とともに避けられないのが白髪の出現です。
髪が傷むけど、白髪よりはマシ!と思いながら毎月染めている方も多いのでは?

 

そこでおすすめなのがヘナです。
この記事では、髪をいたわりながらカラーリングできるヘナについて詳しくご説明します。

 

 

【ヘナで白髪染め★】適切な使用頻度は?

 

一般的なカラーリングを使用する場合、髪が傷むのを避けるため、頻繁に白髪染めを行うのはあまりよくないとされています。
しかし、植物から染料を抽出して髪を染めるヘナの場合、髪を傷めるどころかトリートメント効果もあるので頻繁に行っても問題ありません。
毎日行っても大丈夫なんです。

 

とはいえ、さすがに毎日行うとなると費用も掛かりますし、かなりの手間になりますよね。
実際には2週間に一度程度を目安に行っている方が多いようです。
もちろん、白髪の量や髪の状態などによっても左右されると思いますので、ご自身で様子を見ながら判断するようにしましょう。

 

ちなみに、初めてヘナを使用する際は、髪がキレイに染まりにくい場合もありますので、その場合は2,3日連続でヘナを使用することをおすすめします。
連続で使用しても髪の毛には害がありませんが、頭皮が少し乾燥する場合があるので、髪を乾かした後に指先に少量オリーブオイルやホホバオイルなどをつけて頭皮マッサージすると頭皮環境を良好な状態に保つことができますよ。

 

ヘナで白髪染めする時の色の選び方

 

部分染めしたい場合は?

ヘナは、植物の葉を乾燥させ粉末状にしたもので、普通のカラー剤と比べ色の選択肢があまり多くありません。

 

なにも混ざっていない100%ヘナの場合、白髪部分がオレンジ色に染まりますが、色素がしっかりとある黒髪部分には色が付きません。
なにも染めていない状態よりは白髪が目立ちにくくなりますが、それでもやはり白髪の部分だけが浮いて見えてしまうこともあります。

 

 

そこでおすすめなのが、ヘナと同じように植物から染料を抽出するインディゴを配合したヘナです。
インディゴ自体は青い発色ですが、ヘナと同時に使用することにより黒っぽく発色してくれるので黒髪としっかりとなじみます。

 

ただし、インディゴはヘナに比べて色持ちがあまりよくない特徴があるので、染髪直後は黒っぽく染まっていた白髪も、徐々にヘナのみで染めたようなオレンジ色になってしまいます。
インディゴも植物由来で、頻繁に使用しても髪にダメージを与えないものなので、できるだけこまめに染める必要があります。

 

白髪の割合が多い場合は?

 

全体的に白髪が多く、グレーや真っ白な状態の方であれば、ヘナのみで染めるのもおすすめです。
全体的に明るめの茶色~オレンジ色に染まりしっかりと色がなじみます。
色味を暗くするインディゴ入りのものよりも色持ちが良いので、コスパがよく頻繁に染髪する手間も省けるというメリットがあります。

 

ヘナで白髪染めするメリットとデメリットについて

 

メリット

ヘナで白髪染めをする一番のメリットと言えば、やはり髪にダメージを与えずに染めることができるという点が挙げられます。
特に髪が長い方は、毛先の髪の毛はダメージが蓄積されてパサパサ!という方も多いと思います。
そんな方でも、髪のダメージを気にせずに白髪を染めることができるので、生え際の白髪が気になった時にすぐに染髪できるのはいいですよね。

 

デメリット

とはいえ、デメリットもあります。
一般的なヘアカラーと比べて色の選択肢が少ないこと、染める時に時間がかかることなどがあります。
時間がかかってしまうのは仕方ないとしても、色の選択肢が少ないことは、オシャレにこだわりたい女性にとってはちょっと残念かもしれませんね。

 

ヘナで白髪染め★色持ちをUPする上手な染め方!

 

せっかく染めるなら、しっかりと発色させてできるだけ長くカラーを持たせたいものですよね。
そこで、ここではヘナで白髪染めする際のいくつかの注意点をご説明します。

 

お湯の分量をきっちりはかる

まずは、ヘナの準備ですが、通常ヘナは粉末状で販売されていて、使用する際に自分でお湯に溶いて使用します。
この際に、お湯の量をきちんとはかって粉末に溶くようにしましょう。

 

目分量で入れると少なすぎたり、多すぎたりしてしまいます。
お湯が少なすぎてペーストが固いと髪の毛全体にいきわたらずムラになってしまいますし、逆にお湯が多すぎてトロトロ過ぎても髪がキレイに染まりません。
お湯を加えたら、マヨネーズ上になるまでしっかり混ぜましょう。

 

温かい状態をキープする

ヘナのペーストは湯煎で温めて、常に温かい状態をキープするようにしましょう。
特に冬などは室温が低くすぐに冷めてしまいやすいので要注意です。

 

髪の毛に塗ってからも、頭皮の温度が低いと十分に発色しにくいので、発汗作用のあるユーカリオイルをヘナに一滴たらすのも効果的です。
ヘナを散布した後も時々ドライヤーの温風を当てるとキレイに染まります。

 

色が定着するまでシャンプーは使わない

洗い流すときの注意点ですが、ヘナで白髪染めをした当日はシャンプーはせず、ヘナペーストを洗い流す程度にしておきましょう。
ヘナは色がしっかり定着するまでに1~2日ほどかかります。
シャンプーは翌日以降から使用するようにしましょう。

 

人気のヘナ白髪染めを厳選紹介!

 

色々な種類のヘナが販売されていますが、その中でも人気のヘナ白髪染めを3種類ご紹介します。

 

マックヘナ

まずは、マックヘナです。
ヘナというと、放置時間が長いものが多いのですが、こちらのマックヘナでは30~40分程度と普通のヘアカラーと変わらない放置時間で白髪染めをできるので、とても簡単でお手軽と人気を得ています。
また、カラーの種類も多くきっと、お気に入りのカラーに出会えると思いますよ。


ナイアードのヘナ

次にご紹介するのが、ナイアードのヘナです。
農薬や化学肥料を一切使用せずにインドで栽培されたヘナを使用しているのが特徴です。
ヘナ100%の粉末以外にも、ハーブを加えて暗めのカラーに染めるヘナもあります。


グリーンノートのヘナ

最後はグリーンノートのヘナです。ちょっとお値段が高めなのですが、とにかく良く染まると評価の高いヘナです。
ヘナだけでなく、シャンプーやヘアカラーファンデーション(白髪を目立ちにくくするヘア用のファンデ)なども販売しています。


ちなみに、最近では100円ショップなどでもヘナが販売されているそうです。
まずはお試しに…という方なら、まずは100円ショップをのぞいてみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

この記事では、髪の毛をいたわりながら白髪染めができるヘナについて解説しました。
独特の香りや、染める時の手間など多少のデメリットもありますが、髪を傷めることなく染められるのは、髪の長い女性にとっては大きな利点ではないでしょうか。
白髪をなんとかしたいけど、髪のダメージも気になる…という方は一度ヘナを試してみてはいかがでしょうか。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る