白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】

 

髪をトリートメントしながら白髪を染めてくれる「白髪染めトリートメント」。
髪に優しいとは聞くけど、なぜトリートメントなのに染まるの?本当にきちんと白髪が染まるの?などギモンに思いますよね。

 

今回は、白髪染めトリートメントの効果とぶっちゃけた口コミ、そして効果的な使い方についてご紹介いたします!

 

 

なぜ白髪を染めながらトリートメント効果があるの?

 

白髪染めトリートメントは髪をいたわりながら染める優しい白髪染めです。
でもなぜ髪を染めつつ髪にトリートメント効果まであるのでしょう?

 

まずは白髪染めトリートメントが染まる仕組みについてカンタンにご説明しますね。

 

白髪染めトリートメントが染まる仕組み

 

 

白髪染めトリートメントには、数種類の染料が混ぜ合わされているのが一般的です。
化学成分由来の染料(塩基性染料やHC染料など)や、植物成分由来の染料(クチナシ・ベニバナ・ウコンなど)です。

 

白髪染めトリートメントは、元の髪色を脱色しないのが特徴です。
あくまで髪の表面を「染料でコーティングする」といったニュアンスですね。

 

例えば、白髪染めトリートメントによく使われる「塩基性染料」はプラスイオンを持っていて、それが髪のマイナスイオン部分にくっつくことで発色します。
分子が大きいので髪の内側に入り込むことなく表面にくっついている感じです。
そのため、髪を洗うたびに染料は落ちていってしまいます。

 

また、「HC染料」と呼ばれる染料は分子が小さいので髪のキューティクルの内側に浸透してくれます。
ただし、HC染料は一度で奥までは入りきれず、しかも定着するチカラがないので「流れ出やすい」という特徴があります。

 

つまり、どちらの染料も「髪を洗うたびに流れ落ちやすい」のです。

 

そのため、白髪染めトリートメントは1回ではなかなか染まらず、何度も回数を重ねることで「少しずつ」「深く」染め上げていく必要があります。
また、色褪せも早いため定期的に染め直すことが必要になるのです。

 

ちなみに、天然染料を配合している白髪染めトリートメントもありますが、染料としてはあくまで「補助」です。
主に髪を染めてくれているのは塩基性染料やHC染料といった化学染料だと思っておいて良いでしょう。

 

白髪染めトリートメントは他の白髪染めより何が良いの?

 

白髪染めトリートメントの良さは、やはり「もっとも髪と頭皮に優しい」ということです。

 

白髪染めヘアカラー

白髪染めには「白髪染めヘアカラー」や「白髪染めヘアマニキュア」等もありますよね。
「白髪染めヘアカラー」は、元の髪色を脱色してから染料を入れるので1度でよく染まり、色持ちも良いですが、髪を徹底的に傷めつけます。

 

脱色することで髪をボロボロにしますし、染料にも刺激の強い成分が使われていることが多いのです。


白髪染めヘアマニキュア

また、「白髪染めヘアマニキュア」は、髪の表面に着色するタイプなので髪には優しいですが「地肌に付くと取れにくい」という特徴があります。

 

そのため地肌から数ミリ程度離して塗布する必要がありますので、根本や生え際が気になる白髪を染めるには向いていないですよね。


白髪染めトリートメント

一方白髪染めトリートメントは髪や頭皮を傷めない方法で染めてくれるし、染料が地肌に付いても洗い流せる染料になっています。

 

また、トリートメント成分がたっぷり配合されているので、使うたびに白髪を目立たなくし、髪にもツヤとハリを与えてくれるのです。


 

白髪染めトリートメントって本当に染まる?口コミまとめ!

 

白髪染めトリートメントの仕組みがわかっても、やはり知りたいのは「実際に使った人の生の声」ですよね!

 

本当に染まるのか?使い勝手は良いのか?ここでは、白髪染めトリートメントに関する「良い口コミ」「悪い口コミ」どちらも代表的なものをご紹介してみます。

 

白髪染めトリートメントの「良い口コミ」

  • 使うたびに髪にツヤが増してきた
  • 髪にハリとコシが出て手触りがよくなった
  • 乾いた髪に使うとよく色が付いた
  • 30~1時間放置してみたらよく染まった
  • ラップで巻いてキャップをかぶるとよく染まった
  • ボテッと乗せるようにたっぷり使うとよく染まった

 

白髪染めトリートメントの「悪い口コミ」

  • 何度やっても全然白髪が染まらなかった
  • 汗をかいたら色抜けしてタオルや服に付いた
  • 「素手OK」と書いてるのに、爪に入ってなかなか取れなかった
  • 枕やタオルに色がついただけで髪色は変わらなかった
  • 頭皮が荒れてかぶれや痒みが出た
  • 変な緑色になってしまった

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方と注意点

 

各種白髪染めトリートメントの口コミを検証していくと、「染まりやすい髪質」など個人差はあるものの「効果的な使い方」があることもわかります。
「使用上の注意点」と合わせて以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「まっさらな乾いた髪」に使用する!

シャンプーの後に水気を切ってトリートメント代わりに使う商品もありますが、できるだけ「乾いた髪」に使う方が効果的です。
水気を切った髪で充分染まる方もいるようですが、染まりが悪いと感じたら「乾いた髪」に使ってみましょう。

 

もちろんこの際、髪にヘアケア剤などが付着しているとうまく染まりません。
髪を「まっさら」で「乾いた状態」にしてから白髪染めに臨みましょう。

 

放置時間はたっぷり置く!

「5分でOK」「10分だけ」など短い時間をウリにした商品もありますが、やはりしっかり染めるためには放置時間を長く置く方がよく染まります。
白髪染めヘアカラーと違い、放置時間を長くしたからといって髪が傷んだりはしません。
時間が許すならば塗布して30分~1時間程度は置いた方が良く染まる方が多いようです。

 

量はたっぷり使う!

白髪の気になる部分には、特にたっぷり「ボテッ」と乗せる感じで塗布しましょう。
量をケチって使うと染まりが悪くなります。
染料をしっかり馴染ませるためには「時間と量はたっぷり」が基本です。

 

できるだけ「お風呂」+「ラップ」で使う!

白髪染めは、「温かい室温」の中で使った方が染まりやすいという特徴があります。
そのため、できれば「塗布してからお風呂の中で過ごす」とより効果的です。
湯気で温まっているし、そのまま湯船につかって入ればますます温めることができます。
この時、液だれしてしまうので、髪にはラップを巻いたりヘアキャップをかぶったりすると良いでしょう。密封することでさらに温熱効果が増してよく染まります。

 

洗い流しはしっかりと!

白髪染めトリートメントが頭皮に残ったままだったりすると、その後のタオルや枕に色が付いてしまうことがあります。
白髪染めトリートメントの染料は洗濯すれば落ちますが、一時的にでも色移りするのはイヤですよね。なるべくしっかり洗い流すようにしましょう。

 

「手袋」を使うと安心!

「素手OK!」とされている商品でも、「手や爪が黒くなった」という声があります。
手は石鹸で洗えばほとんどの場合落ちるはずですが、爪に入り込むと落としにくいのは確かです。
気になる場合は薄手のナイロン手袋を用意しておくと良いでしょう。100円ショップでたくさん入って売っているのがあるので、1箱買っておけば安心です。

 

色移りはある程度覚悟しておこう

染料がタオルや枕、また汗をかいたとき帽子に付いてしまうなど、「色移り」があるのは白髪染めトリートメントのデメリットのひとつです。

 

ですが、白髪染めトリートメントに使われている染料のほとんどは、洗濯すれば落ちてくれるはずです。また、色落ちしやすいのはそれだけ「一時的な染料であり髪に負担をかけていない証拠」でもあります。
自分の髪を自然ではない状態にしているワケですから、多少の色移りは「仕方ない」と思っておく覚悟も必要でしょう。

 

他の白髪染めを試すなら2~3週間空けて!

白髪染めトリートメントを使って「髪が緑色になってしまった」という声があります。
白髪染めトリートメントで理想の色にならなかった場合に、白髪染めヘアカラーなどを使ってしまうと髪色が緑になるトラブルが多いようです。
これは色抜けした色素の関係なのか、何らかの化学反応なのか、まだ原因は不明ですが白髪染めトリートメントをした後にヘアカラーを重ねることで起こるようです。

 

白髪染めトリートメントの色素は使わなければ徐々に抜けていきますので、最後に使った日から2~3週間空けた後に、他の白髪染めヘアカラーを試すようにしましょう。

 

必ず使用前にはパッチテストを!

白髪染めトリートメントは髪と頭皮に優しい白髪染めですが、「アレルギーや副作用が100%出ない」というわけではありません。
どんな商品でも化学成分は必ず配合されていますし、天然の染料に対してもアレルギー反応が出る場合もあるでしょう。
メーカーが選び抜いた「安全性の高い成分」が使われていることは確かですが、それでも使用前には必ずパッチテストを行うのが大人としての責任です。

 

【白髪染めトリートメント】適切な使用頻度について

 

白髪染めトリートメントは、どのくらいの頻度で使うのが正解なのでしょうか?

 

色が定着するまでは毎日でも

白髪染めトリートメントは何度使っても髪を傷めることはありませんので、「色が定着してきた」と思うまで毎日でも使いましょう。

 

色抜けするのも早い商品なので、期間を空けるほど髪色は落ちてしまいます。
まずは理想の髪色になるまで根気よく使い続けることが大事です。

 

商品によっては「最初の3日は使い続けて、その後は週1~2回」等の記載があると思いますが、あくまでこれは「目安」です。

 

多くの人が使う商品ですから、それぞれ使う人によって「髪質」も「環境」も違います。
使用目安として書かれていることが必ずしも自身に当てはまるとは限りませんので「まずはきちんと染まるまで何日でも使い続けてみる」のが大事です。

 

色が定着すれば週1~2回でもOK

理想の色が定着してきたと思ったら週1~2回の使用でもOKです。
ただし、先述しましたように、「染料の落ちやすい髪質」など人によって違いますので、気になるなら毎日でも使って構いません。
商品によっては「毎日の使用をおすすめします」と書かれているものもありますね。

 

「使いすぎて髪に弊害がある」ということはありませんので、自身で髪色の様子を見ながら調整して使いましょう。

 

口コミで人気の白髪染めトリートメントを厳選紹介!

 

では最後に、口コミで効果が高いと評判の白髪染めトリートメントをご紹介いたします。
選定の基準は、主に「染毛力」「色持ち」「安全性」の総合評価です。

 

利尻ヘアカラートリートメント

とにかく「髪への優しさ」にこだわり抜いた、圧倒的な人気を誇る白髪染めトリートメントです。
配合成分の安全性に関してはピカイチと言えるでしょう。
天然染料や天然美髪成分にこだわり、髪や頭皮に刺激を与えるような成分は一切使われていません。
白髪染めなのに使ううちに美髪になると人気です。

 

シャンプー後の髪に塗布して10分程度放置してから洗い流すタイプですが、乾いた髪に使用した方がよく染まるという口コミが多いです。
よく濡らした手で使わないと手が黒く染まる事があるので注意しましょう。

 

口コミを見ると意外と評価の低い投稿も多いのですが、これは人気ゆえの期待値が大きすぎるためとも言えます。ヘアカラー並の染毛力を求める場合は期待外れと感じる場合もあるようですが、これだけ内容成分にこだわって染毛力と安全性を維持した商品は他にありません。

 

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

アメリカ在住武田久美子さんもご愛用中の人気の白髪染めトリートメントです。
乾いた髪に塗布して10~30分放置した後洗い流すタイプ。
微アルカリ性にすることで色の入りを良くしているので「白髪の染まりが良い」という口コミが多数です。

 

なんと美容液成分94%配合で髪への潤いにもこだわっていて、きちんと染まるのに髪がツヤツヤになります。
エッセンシャルオイルを贅沢に配合しているから、毎日でも使いたくなる香りの良さも人気の秘密のようです。
白髪染めトリートメントの中ではダントツで色持ちが良いという口コミも多いです。
基本は素手OKですが「手についても簡単に落ちた」「手が黒くなって落ちずに困った」両方の意見があるので、手袋を用意しておくと安心のようです。

 

ポーラ グローイングショットカラートリートメント

放置時間たった5分でOKという画期的な白髪染めトリートメントです。
シャンプー後の髪に素手で馴染ませるだけ。
手は黒くなりますが、すぐに石鹸で洗いながせば落とせます。
爪の間に入り込んでしまうと落としづらくなるという口コミがあるので、その場合は付属の手袋を使用しましょう。

 

シトラスを効かせた上品なスパイスフローラルの香りが大人の女性に人気です。
口コミによると、強く色が入らなかった時や色褪せてきた時に、グレーやブルーっぽいニュアンスになるので、年相応の色気が漂うのだそう。
ヘアケア製品大手のポーラならではの美髪成分たっぷりで、使うたびにグラマラスな艶髪を実現してくれるのが魅力です。

 

まとめ

 

白髪染めトリートメントは髪と頭皮に優しい分、ヘアカラーに比べると染まりが悪かったり色落ちしやすいという特徴があります。
どんなアイテムにもメリットとデメリットはありますが、今後ずっと付き合う白髪染めだと考えるならば「髪と頭皮に優しい」ことを最優先したいところです。
いくら白髪が染まっても、髪がボロボロになって頭皮もダメージを受けているようでは、かえって薄毛や白髪の増加という事態を招きかねません。
できるだけ効果的に使う方法を実践してデメリットを抑え、美しい理想の髪色をキープしていきたいですね。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る