白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いについて徹底解説!

 

白髪が出てきても「まだ数本だけ」という場合、白髪染めを使うべきかおしゃれ染め(黒髪用ヘアカラー)を使うべきか、迷いますよね。
そもそも、白髪染めとおしゃれ染めの違いは何なのでしょうか?
「どちらを使うべきか」「使う時の注意点は?」など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!

 

 

白髪染めは黒髪でも染まるの?

 

白髪染めは白髪を染めるためのアイテムなのに、黒髪もきちんと染めることができるの?と疑問に思いますよね。
この答えは「白髪染めの種類」によって若干違いますので、少し説明していきますね。

 

ヘアカラータイプの白髪染めなら黒髪も染まる

 

ヘアカラータイプとは、1剤(アルカリ剤と酸化染料)と2剤(酸化剤)を混ぜ合わせて使う永久染毛法です。

 

アルカリ剤が髪のキューティクルを剥がして浸透し、酸化剤を分解することで黒髪を脱色します。
その後、酸化反応により染料の分子がくっついて髪に新たな色を着色をします。

 

この仕組は白髪染めでもおしゃれ染めでも同じですので、「白髪染めで黒髪が染められる」と言うことができます。
ただし、おしゃれ染めと比べると「明るい色になるほど染まりが悪い」という現象が起きます。この理由については後ほど詳しくご紹介しますね。

 

ヘアマニキュアでは明るく染められない


一方、白髪を染めるアイテムには「ヘアマニキュアタイプ」もあります。
こちらは元の黒髪を脱色することなく、髪の表面に染料をコーティングすることで髪色を変える半永久染毛法です。

 

ヘアマニキュアタイプの場合、明るい染料を黒髪にコーティングしても「あまり染まらない」と感じます。
実際には髪にはきちんと「明るい色の染料」がコーティングされているのですが、なんせ黒い物の上に乗っているので、単純に「見えない」のです。
黒のクレヨンで塗りつぶした上から他の色を乗せて描いても見えませんよね。それと同じです。

 

ですから、黒髪に「明るい色のヘアマニキュア」を使っても、ほとんど髪色は変わったように見えません。
この場合は、「白髪染めで黒髪を染めるのは難しい」と言えるでしょう。

 

トリートメントタイプなら明るくなる場合も

 

白髪染めには「トリートメントタイプ」もあります。
こちらは毎日のお風呂でシャンプーの後にトリートメントとして使うことで徐々に髪色を変えてくれる白髪染めです。

 

こちらは「ヘアマニキュアタイプ」と同じく黒髪の表面に明るい染料をコーティングするタイプなので「黒髪の色は変わりにくい」と言えます。

 

ただし、最近のトリートメントタイプの白髪染めには分子の小さい染料が加えられたものが多く、染毛剤が髪の内部に浸透するようできています。
定着力がないため色抜けは早いのですが、使う回数を重ねるほど内部まで浸透して着色してくれます。
この場合、継続的な使用が必須ですが「白髪染めで黒髪を染められる」と言えるでしょう。

 

では、白髪はおしゃれ染めでも染められるの?

 

では逆に、「白髪をおしゃれ染めで染める」ことはできるのでしょうか?

 

実はこれは、どんなタイプの白髪染めでも無理です。

 

おしゃれ染めでは、白髪にうまく着色することができません。
その理由は白髪染めとおしゃれ染めの仕組みの違いによります。
次の項目で詳しくご紹介していきますね。

 

白髪染めと黒髪用のおしゃれ染めとの違いについて

 

 

では白髪染めとおしゃれ染めの違いについて、具体的にご紹介していきます。

 

1.染毛力と脱色力のバランス

おしゃれ染めヘアカラーは、「黒髪を脱色し、新たに色を付ける」染毛法なので「脱色力が強く・染毛力は弱い」という特徴があります。
一方白髪染めヘアカラーは、無色の白髪に着色しなければなりませんので「染毛力が強く・脱色力は弱い」という特徴があります。

 

そのため、白髪染めヘアカラーで黒髪を明るい髪色にしようとしても「脱色力が弱い」ためにうまく明るくならないことがあります。
先の項目でご紹介した「白髪染めで黒髪を染めても、明るい色になるほど染まりが悪い」のはこのためです。

 

2.髪の傷み具合

基本的には、白髪染めもおしゃれ染めも、髪の傷み具合に違いはありません。

 

髪を傷める原因は「脱色力の強さ」です。
つまり、白髪染めもおしゃれ染めも関係なく、「より明るい色味にするほど傷む」ということです。

 

3.頭皮アレルギーの心配

 

髪色を変えるための「染料」には、頭皮アレルギーを引き起こす可能性があります。
化学染料、天然染料、どちらにもアレルギーの出る可能性はありますので、これは白髪染めでもおしゃれ染めでも同じです。

 

特に「ジアミン」という成分は染毛力が強いため多くのヘアカラー商品に使用されていますが、このジアミン系染料によってアレルギー反応を起こしてしまうことが多々あります。
ひどい場合には命に関わるような重度のアレルギー症状を引き起こす場合があります。

 

白髪染めは「脱色力が弱く・染毛力が強い」とご紹介したように、おしゃれ染めに比べて染毛剤の量が多く配合されているので、白髪染めの方がより頭皮アレルギーを引き起こす確率が高いと言えます。

 

白髪染めでもおしゃれ染めでも、必ず使用前にはパッチテストを行うようにしましょう。

 

白髪染めで黒髪を染める場合考慮すべき注意点とは?

 

白髪染めを使いたいけど、まだ黒髪が多い…という方のために、白髪染めで黒髪を染める時の注意点をご紹介致します。

 

明るい色味にはなりにくい

先にご紹介しましたように、白髪染めで黒髪を染める際「明るい色味にはなりにくい」という特徴があります。
そのため白髪染めを黒髪に塗ってもほとんど明るくならず、白髪もあまり染まっていない、という状態になりやすいんですね。
髪の色がまばらになるという失敗を避けるためには「できるだけ元の髪色(黒)に近い色味を選ぶ」方が無難です。

 

回を重ねるごとに「暗く」なりやすい

少し明るめのカラーを選んだつもりでも「想像以上に暗めのトーン」になってしまうのが白髪染めの特徴です。
これは白髪染めが「脱色力が弱く・染毛力が強い」ためです。
つまり、黒髪をあまり脱色せずに色を入れてしまうので髪色が濃く(暗く)なってしまうのです。
これは白髪染めの回数を重ねるごとに積み重なっていくので、白髪染めするたびに黒髪の色がどんどん暗くなっていく、と感じることがあります。

 

このとき、理想の明るい色にならなかったからと言ってヘアカラーの染め直しを行うと、髪に大きなダメージを与えてしまいます。最悪の場合、頭皮にもダメージを与えて「ますます白髪が増える」ことにもなりかねません。
そのため、「染め直したい」「もう少し明るくしたい」という場合は、「トリートメントタイプの白髪染め」を使うのがオススメです。

 

トリートメントタイプの白髪染めは髪のキューティクルを壊さず着色するので、髪を極力傷めません。ヘアカラータイプに比べて色落ちは早いし、何度も回数を重ねないと着色しないという欠点はありますが、ヘアカラーを重ねて髪をボロボロにしてしまうよりはずっと良いでしょう。

 

白髪染め後のケアをしっかり

白髪を隠して美髪に見せるための白髪染めですが、それによって元気な黒髪にダメージを及ぼすようなことは避けたいですよね。
本来であれば、黒髪のためには「白髪染めをしない」のが一番です。
白髪染めは種類によって程度の差こそあれ、髪や頭皮に必ず負担をかけます。
でも、だからって染めないわけにもいかないのがジレンマですよね。

 

白髪染めをしながら、できるだけ黒髪を元気に保つためには「白髪染め後のシャンプー」はできるだけ髪に優しいものを選びましょう。
「弱酸性のアミノ酸系シャンプー」がオススメです。

 

ヘアカラータイプの白髪染めをした場合、成分のアルカリ剤によって髪のキューティクルを開かせて着色しているため、髪はアルカリ性に傾いて非常に傷みやすくなっています。
弱酸性のシャンプーは「髪を本来の弱酸性に戻す」「開いたキューティクルを閉じる」働きをしてくれます。キューティクルが開きっぱなしの状態だと、髪は水分を失ってパサパサになってしまいますからね。

 

また、洗浄成分も肌に優しいアミノ酸系を選びましょう。
ちなみにアミノ酸系シャンプーは、成分表示に「ラウロイル~」「ココイル~」「~ベタイン」「ココアンホ~」と記載されているのが目印です。

 

黒髪の割合が多い方におすすめの白髪の隠し方

 

まだ黒髪が多くて白髪染め選びに迷っている方へ、おすすめの「白髪の隠し方」をご紹介いたします!

 

1.数本なら切ってしまう


まだ白髪が数本しか出ていない状態なら、何も白髪染めやおしゃれ染めをして髪に負担をかける必要はありません。
数本の白髪なら、ハサミで根本からチョキンと切ってしまえば問題ないでしょう。

 

ただし、白髪を切るのはOKですが「白髪を抜く」のはNGです。
抜いてしまうと頭皮を傷つけ、頭皮の炎症を起こしたり薄毛の原因になったりするので注意しましょう。

 

2.アッシュ系・グリーン系のおしゃれ染めで誤魔化す

 

元の髪色が真っ黒なら、「おしゃれ染めで全体を明るめのカラーに染める」のもオススメです。
もちろん白髪は染まりませんが、かなり目立たなくなります。

 

白髪が少ししかなくても、他の髪が真っ黒だと目立ってしまいますよね。
逆に言えば、他の髪色が明るければ白髪が少しくらいあっても気にならないのです。

 

金髪や銀髪にするのが一番目立ちませんが、なかなかそのような色の髪にするには勇気がいりますよね。
日本人の肌色を考えると「アッシュブラウン」や「アッシュグリーン」がオススメです。
自然な仕上がりで、色褪せてきたときにも赤っぽい不自然な色味になりません。

 

3.ハイライトかウィービングを入れる

 

白髪の気になる部分に、ハイライトかウィービングを入れると白髪が目立たなくなります。

 

ハイライトは明るい色の毛束を作って筋状に入れることで、ウィービングはそれのもっと細かい版みたいな感じです。
いわゆる昔で言う「メッシュ」ですね。

 

これをやると髪に立体感と動きが出て、多少の白髪など目立たなくなります。
むしろオシャレで、白髪が逆にアクセントになるかも知れません。
ただしセルフでハイライトやウィービングを入れるのは難しいので、美容室でお願いした方が失敗がなく良いでしょう。

 

4.白髪だけ「部分染め」をする

 

白髪だけを染めるのでよければ、「部分染め」を使うのもテです。
スティック状になっていて、出かける前に気になる部分にサッと塗れるタイプのものですね。
シャンプーすると落ちてしまいますが、「気になるのはココだけ!」という場合は、全体を染める手間よりは簡易でしょう。

 

しかし注意なのは、衣服やタオルに色移りしてしまうと取れない場合があるということ。
広範囲には使わず、本当に気になる部分にのみサッと塗るのがコツです。

 

5.ヘアカラートリートメントで徐々に染める

白髪の部分も黒髪の部分も同じように染め上げたい、という場合は「トリートメントタイプの白髪染め」をするのが一番おすすめです。
もっとも髪に負担をかけない白髪染めですし、毎日のお風呂の時間に使えるので特別な手間もかかりません。

 

今は数本しかない白髪も、今後だんだんと量が増えていくことが予想されます。
トリートメントタイプの白髪染めで徐々に染めていけば、白髪の本数が増えた時にも「いつのまにか染まってくれている」から、白髪染めに対するストレスも減らせます。
ただしヘアカラータイプに比べるとやはり染毛力は落ちるので、ネット等の口コミを見て出来るだけ「染まりが良い」と評判の物を選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

 

まだ白髪が少なかったり、年齢が若かったりすると「オシャレ染めで済ませたい」なんて思ってしまいますよね。
ですがオシャレ染めでは白髪は染まりませんので、やはり白髪には白髪に合った対策をしましょう。
白髪を隠す方法にもいろいろありますが、できるだけ髪と頭皮に負担をかけず、黒髪を長く保つように気を付けたいですね!

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る