自分で白髪染めを行うコツ・ポイントは?オススメ商品も厳選して紹介!

 

気になる白髪。放っておくとどんどん目立ってくるし、かといって毎回美容室で染めるのは「通う手間」や「費用」もかかって面倒ですよね。

 

「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!

 

 

自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ

 

 

白髪染めって意外に難しいんですよね~
市販の白髪染めは万人向けに作られていますが、実際のところ「髪質」や「白髪の量」は人それぞれ。「理想の仕上がりとは違った…」というケースも多くあります。

 

でも、できるだけトラブルなく上手に染めるためには、以下のポイントに気をつけてみてください!

 

1.「保護クリーム」「ヘアクリップ」は必須!

自分で白髪染めする際、「保護クリーム」「ヘアクリップ」は必ず準備しておきましょう。

 

保護クリーム

皮膚に白髪染めのカラー剤が付かないようにするためのクリームです。

 

白髪染めを始める前に、おでこの生え際や耳周り、うなじ部分にしっかり塗っておきましょう。
カラー剤にはかなり強い刺激がありますので、頭皮や顔まわりの肌に付かないように気をつける必要があります。

 

専用の頭皮用保護クリームも売ってありますが、手持ちのクリームやワセリンでも良いですよ。
ただし、普通のクリームやワセリンは髪に付いてしまうと、その部分は染まらなくなるので要注意。

 

専用の頭皮用保護クリームなら、髪に付いてしまってもムラにならないという特性があるので、セルフで何度も白髪染めをするならひとつ買っておくのも良いですね。

 

後に説明いたしますが、生え際までキレイに染め上げるためには「保護クリーム」は必須です!

 

ヘアクリップ

特に髪がロングの方はヘアクリップを用意しておくと重宝します。
後ろ髪などを染める際ムラにならないようにするために使います。

 

詳しい使い方は後の項目でご説明しますね。


2.寒い部屋はNG!室温は20~30度で!

白髪染めは暖かい気候の中ほどよく染まります。
そのため、自分で白髪染めをする際の室温は20~30度に保ちましょう。

 

それより低い室温だと染まりが悪くなるので気をつけましょう。


3.白髪染めは「まっさら」な「乾いた髪」で!

「濡れた髪にもOK」という白髪染めもありますが、染料をよく染み込ませるためには、できるだけ乾いた髪に使う方が効果的です。
実際、「濡れた髪では染まらなかったけど、乾いた髪に使ったらよく染まった」という人は多いです。

 

また、ヘアケア剤や汚れなどが髪に付着していると染まりが悪くなります。
できれば「シャンプーして(リンスなし)→ドライヤーで乾かした素の髪」に行うのが理想です。


4.塗る順番は「白髪の目立つ部位」から!

白髪染めは先に塗るほどよく染まります。
そのため、全体的にムラなく染めるには白髪染めの塗る順番を守るのがコツです。

 

まず最初に塗るべきは、顔周りの「生え際」。そして頭頂部の「分け目」です。
それから「耳の後ろ」「うなじ」と続きます。
また、特に白髪の多い部位があればそちらも優先的に染めましょう。

 

「人から白髪が見られやすく目立つところから優先的に塗っていく」ということですね。


5.白髪の気になる部分にはたっぷり「ボテッ」と!

白髪は黒髪と比べ、毛質が太くて固いという特徴があります。
つまり「染まりにくい」のです。
そのため、白髪の多い部分には特に「薬剤をたっぷりボテッと乗せる」ようにしましょう。

 

生え際などは、肌に付くのを警戒してつい塗る量が少なくなりがちです。でも生え際こそしっかり染めたい部分ですよね。
だからこそ、「保護クリーム」が活躍するんです。
保護クリームでしっかり肌を守っていれば、肌への付着を気にせずにたっぷりボテッと乗せられます。
肌はしっかり守りつつ、生え際の白髪までしっかり染める!これがポイントです。

 

6.髪質が「固い」「太い」人は放置時間を長く!

同じ白髪染めを使っても「よく染まる人」「なかなか染まらない人」がいます。
これは髪質に個人差があるから仕方ありません。

 

なかなか染まらない人の特徴は、髪質が「太い」「固い」「コシが強い」などが挙げられます。
染まりにくい髪質の人は、「放置時間を標準よりも長く」おくことで調節しましょう。


7.ヘアクリップを使った「小分け」で後ろの塗り残し回避!

ロングの髪だと特に、後ろの方は自分では見えないから塗りにくいですよね。
塗り残しでムラになるのを回避するため、ヘアクリップを活用しましょう。

 

後ろ髪は、耳のあたりで上下に分けて上の髪をヘアクリップで留めておきます。
こうすることで、「後ろ髪の真ん中あたり」というもっとも塗り残しやすい部分を漏らさず染められます。
できればヘアクリップをいくつか用意してさらに髪を小分けしておけば、それだけ塗り残しがなくなりますね!


8.すすぎが大切!白髪染め後のシャンプーはしっかり2回!

白髪染めのカラー剤が皮膚に残ってしまうと、肌荒れの原因になります。
ひいては頭皮トラブルから「薄毛」や「白髪の増加」にも!これじゃせっかく白髪染めをしても本末転倒ですよね。

 

白髪染めの後は、まずはしっかり湯洗いで薬剤を洗い流しましょう。
その後のシャンプーは「2回」が基本!
指の腹で頭皮をマッサージしながら、すみずみまで入念に洗い流しましょう。
髪のダメージ修復のためにはアミノ酸シャンプーがオススメですよ。

 

自分で白髪染め★適切な頻度・間隔について

 

ヘアカラータイプの白髪染めの場合、髪へのダメージが大きいのであまり頻繁にやるのはオススメできません。
何より髪をいたわることが最優先。白髪染めは適切な頻度で行いましょう。

 

白髪染めの理想の頻度は2~3ヶ月に一度

白髪染めの頻度は2~3ヶ月に一度が理想と言われています。

 

この理由は2つ。
1つは、髪や頭皮をいたわる観点から。
髪や頭皮のダメージを考えると、そのくらいの間隔を空けたほうが良いということ。

 

もう1つは、ムラになるのを防ぐため。
こちらは逆に「せめて2~3ヶ月ごとには染めた方が良いよ」って感じです。

 

人の髪は一般的に1ヶ月に1cmほど伸びます。2~3ヶ月だと2~3cmですね。
髪の根元は、頭皮の温度によって他の部分と比べて色の出方が変わる場合があります。
その「頭皮の温度」が影響するのが根本から2cmくらい。

 

つまり、2~3ヶ月に一度は染めておかないと、「新しく生えた髪の色」「頭皮の温度が影響した色」「それより先の髪の色」とバラバラになってしまうわけですね。

 

カバーしきれない白髪は「一時染め」や「ヘアカラートリートメント」で!

 

「2~3ヶ月に一度の白髪染めが理想」と言われても、それじゃ間に合わない!新しく生えてきた白髪が目立って気になる!という方もいますよね。
その場合は、髪を傷めずに白髪を隠せる「一時染め」や「ヘアカラートリートメント」を併用しましょう。

 

「一時染め」とは主にスティック型の白髪染めで、出掛ける前などにサッと塗るタイプのもの。シャンプーすると落ちてしまいますが、次の白髪染めまでの「間に合わせ」に使うのに便利です。

 

「ヘアカラートリートメント」は髪の表面だけに付着する染毛剤。髪を傷めることがないので安心です。
効果は1週間~10日ほどしか持ちませんが、次の白髪染めまでの期間を色持ちさせるのに大変有効です。

 

自分で白髪染めをする際気をつけるべき注意点

 

セルフで白髪染めをする場合、どんな注意点があるか?まとめてみました!

 

できるだけ「髪に優しい白髪染め」を選ぼう!

 

白髪染めヘアカラー(脱色するタイプ)の場合、どんな商品であれ確実に髪を「傷めつけます」。
それでも、できるだけ髪をいたわるためには「毛髪保護成分」や「潤い成分」が配合されているものを重視して選びましょう。

 

また、髪と頭皮のことを考えるなら、できれば白髪染めは「トリートメントタイプ(脱色せず髪表面にだけ着色するタイプ)」がオススメです。
ヘアカラータイプと比べると染毛力や色持ちの良さは劣りますが、髪をまったく傷めることがなく、むしろトリートメント成分が髪を元気にしてくれます。

 

体調不良や肌荒れの時は避けて!

白髪染めヘアカラーは頭皮に刺激を与えます。
健康なときなら平気であっても、自身のコンディションが悪いときにはダメージを受けてしまうことがあります。
「体調が優れない」「頭皮に傷がある」「肌荒れしている」などの時は行わない方がベターです。

 

生理の時は控えましょう!

生理の際もできれば白髪染めの使用は控えましょう。
ホルモンの関係で、皮膚が普段より敏感になっていることがあります。

 

自身のコンディションを確かめるためにも、白髪染めの前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。
パッチテストは「毎回」行うのが基本ですよ!

 

「暗い色→明るい色」へのチェンジはできません!

一度暗い色の白髪染めで染めた髪は、急に明るくすることはできません。
色味を明るく変えたい場合は、色番号の近いものから徐々に変えてみるようにしましょう。

 

ただし、白髪は明るい色味で染めるとムラになりやすいという欠点があります。
失敗なく染めたいなら、なるべく暗めの色をチョイスする方が良いでしょう。

 

その白髪、本当に染めなきゃダメ?

白髪染めは、特にヘアカラー(脱色するタイプ)だと髪や頭皮へのダメージが大きいです。
つまり、「染めないで済むなら、染めない方が良い」のです。

 

まだ白髪が数本しかないなら「根本からハサミで切る」だけで済むでしょう。
外出する時だけの「一時染め」で済ませられるなら、その方が髪には良いです。

 

気分よく過ごすためにも髪のオシャレは大切ですが、「染める以外で方法はないか?」と、いったん考えてみるのも良いですね。

 

自分でも簡単に染めやすい!おすすめの白髪染めを厳選紹介★

では最後に、自分で簡単に染められるオススメの白髪染めをご紹介致します。
ポイントは「失敗なくムラなく染まる」「髪や頭皮に優しい」です!

 

ロレアル パリ エクセランスNクリーム ヘアカラー

染める前・中・後のトリプルケア成分を配合した白髪染めヘアカラーです。
セラミド配合の下地エッセンスで髪を整え、潤い成分プロケラチン配合の染毛剤でじっくり染め上げます。

 

染毛後はコラーゲン配合のアフターカラートリートメントで髪をいたわります。
美容院で染めたような美しい髪色に仕上がります。


サロンドプロ ザ・クリームヘアカラー

1剤と2剤を混ぜる手間のないワンプッシュボトルの白髪染めヘアカラーです。
こだわりは「潤い・ツヤ・毛髪保護」のための豊富な美髪成分。純椿オイル、パールエキス、ローヤルゼリーエキス、ホホバオイルなど、リッチに配合しています。

 

髪に密着するクリームだから垂れにくく、生え際や襟足にも塗りやすいのが特徴です。
残った分は次にとっておけるので、新しく生えてきた白髪の部分染めにも使えます。


利尻ヘアカラートリートメント

シャンプー後のトリートメントとして使える白髪染めです。毎日使うことで、徐々に白髪を染め上げていってくれます。
少しずつ染まるので色ムラになりません。

 

最大の魅力は「髪に優しい」ということ。
脱色せずに髪の表面に着色するタイプなので、まったく髪を傷めません。
ミネラル豊富な利尻昆布エキスなど、28種類の植物由来うるおい成分配合で、使うたび髪にハリと艶を与えます。
不動の人気No.1を誇る白髪染めトリートメントです。


LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

脱色せずに髪の表面に着色するタイプの、髪に優しい白髪染めです。
乾いた髪に塗布し10~30分後に洗い流す、これを3日連続で使用します。
その後は髪色をキープするために週1~2回の使用でOK。

 

美容成分94%配合という髪への優しさを凝縮した白髪染めです。
素手で染められるほど手肌にも優しいから、たっぷり使えて染めムラもありません。


サンカラーマックス

日光や蛍光灯の「光」で染まる画期的な白髪染めです。
クリームに含まれる「銀イオン」が髪の表面に付着し、光に反応することでダークブラウンに発色します。

 

朝塗ってスタイリング、光を受けて一日過ごし、夜シャンプーして落とす、これを数日繰り返します。
理想の髪色になったら使用をやめても20日程は色持ちします。
脱色しないので髪や頭皮を傷める心配がなく、染めて流す等の手間もありません。


まとめ

頻繁に行う必要のある白髪染め。セルフで上手に染めることができれば、それが一番良いですよね!

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る