お肌も髪も曲がり角?白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!

 

多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。
「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。

 

美髪を意識する30代女性が選ぶべき白髪染めは、一体どれなの?

 

というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!

 

 

30代になると白髪が気になる!アラサー女性の悩み…

 

ファッションやメイクにも手を抜かず、若いコと変わらない「可愛いあたし」を維持してきたつもりなのに…。
ある日発見する「白髪」によって、気分はドン底に突き落とされてしまいますよね。

 

白髪が数本見えているだけで一気に老け顔に映ってしまうし、他人から見られていないかも気になります。
また、美容院に行って「白髪染め」を頼むのも…急にオバサンになってしまったようで、なんだか気が引けてしまいますよね。

 

できれば、自宅で誰にも気付かれずに白髪を染めたい!
美髪を維持してファッションやメイクを楽しみたい!

 

30代女性がそれらを叶える白髪染めを、一緒に探していきましょう!

 

30代女性は白髪染めヘアカラーで染めて大丈夫?メリットとデメリット

 

「自宅で簡単にできる白髪染め」ということで、市販の白髪染めヘアカラーを使っているという30代女性も多いのではないでしょうか。
では、それは果たして30代女性に適した白髪染めと言えるのか?

 

まずは市販の白髪染めヘアカラーのメリット・デメリットを見ていきましょう!

 

白髪染めヘアカラー★メリット

  • 発色が良く、色持ちが長い(1~3ヶ月程度)
  • 染める頻度が少なくて済む(1~3ヶ月に1回程度)
  • (元々染めていない髪なら)明るい色味にも染めやすい

白髪染めヘアカラー★デメリット

  • 脱色を伴うので髪が徹底的に傷む
  • 一度暗い色に染めると、明るい色に染め直すのが難しい
  • 頭皮に付くとアレルギーや頭皮トラブルを引き起こす可能性が高い

 

30代女性に白髪染めヘアカラーは負担が大きいかも

 

白髪染めヘアカラーのメリット・デメリットと簡単にまとめると「手間が少なく簡単に染められるが、髪や頭皮にはダメージが大きい」ということですね。

 

「簡単だし別にいいじゃん。30代女性は仕事や育児で忙しくて時間がないのよ。髪は確かにちょっと傷むけど…頭皮トラブルなんて起こしたことないから大丈夫でしょ?」
と、考える方も多いですよね?

 

ですが、30代女性が考えておくべきは「今後のこと」です。

 

今は確かにトラブルなく白髪染めヘアカラーで染められているかも知れません。
「髪は傷んでもまた新しい髪が生えてくる」かも知れません。

 

ですが「白髪は治ることがない」のですから、今後もずっと染め続けなければならないのです。

 

刺激の強い薬剤で髪や頭皮を傷め続けるうちに「薄毛になる」「白髪が増加する」という可能性が大きくなります。
頭皮だって年を取りますから、機能は段々弱っていくのです。

 

「今キレイに見えれば良い」という観点で染め続けていると、「染めるたびに髪に自信がなくなっていく」という結果になりかねません。
ひいては「染めても染めても白髪が増える」という、白髪の無限ループに陥ってしまうことにもなるのです。

 

美髪に見せるために白髪染めをしているのに…、それでは本末転倒ですよね。

 

30代女性におすすめの白髪染めはどんなタイプ?

 

では、他にどんな白髪染めの種類があるのか?
白髪染めヘアカラー(脱色タイプ)以外で、白髪を染める方法をご紹介いたします。

 

白髪染めヘアマニキュア

酸性塗料(タール色素)を髪の表面に付着させて発色させるタイプの白髪染めです。

 

白髪染めヘアマニキュアのメリット
  • 脱色しないので髪を傷めにくい
  • 髪にハリやツヤが出たように見える(補修作用はない)
白髪染めヘアマニキュアのデメリット
  • ヘアカラータイプに比べると色持ちが短い(3週間程度)
  • 元の髪色より明るい色にはならない
  • 頭皮に染料が付着すると取れないので地肌近くには塗布できない

 

白髪染めヘアマニキュアは染料が髪の表面だけに付着するので、ヘアカラーに比べて「髪を傷めにくいが色持ちが短くなる」のが特徴。
ただし「髪を傷めない」と言い切らないのは、成分に含まれるアルコールや酸が髪のキューティクルを開かせているからです。

 

白髪染めトリートメント

トリートメント成分にHC染料や塩基性染料が入った白髪染めです。
髪をトリートメントしながら染料を髪の表面に付着させることで発色させます。

 

白髪染めトリートメントのメリット
  • キューティクルに影響しないので髪を傷めない
  • トリートメント成分が髪を補修しハリやツヤを出す
  • 色落ちが早い分カラーチェンジしやすい
白髪染めトリートメントのデメリット
  • 色持ちが悪い(1~2週間程度)ので頻繁に使用する必要がある
  • 発色が弱いので色が定着するまで連続使用が必要
  • タオルや枕に色が付いてしまうことがある(洗えば落ちる)

 

白髪染めトリートメントは髪や頭皮を傷めないどころか、トリートメント成分が髪に栄養を与えるので使うたびに美髪になります。
ただし発色や色持ちが悪いので、頻繁に使用するという手間が必要になります。

 

白髪染めヘアマスカラ(部分染め)

一時的に髪に染料をつけるタイプの白髪染めです。
シャンプーすれば落ちます。

 

白髪染めヘアマスカラ(部分染め)のメリット
  • 髪の表面に着色するだけなので髪や頭皮を傷めない
  • 携帯できるので、気づいた時にサッと塗れる
白髪染めヘアマスカラ(部分染め)のデメリット
  • 雨や水気で落ちるので衣服につかないように注意が必要
  • 白髪の多い人には不向き

 

白髪が一部分だけ、または新しく生えた白髪の根本だけ、などピンポイントで白髪を隠す場合に重宝します。全体的に白髪が目立つ方には、毎回塗るのが手間になるでしょう。

 

ヘナ

ヘナ(植物)の葉を粉にした天然の染料です。

 

ヘナのメリット
  • 天然染料なので化学成分の副作用がない(ただし植物アレルギーの人は注意)
  • 使うほど髪が補修されハリツヤが出る
  • しっかり染まれば1カ月ほど色持ちする
ヘナのデメリット
  • 染毛時間が長くかかる(最低1時間以上)
  • 独特の匂いがキツイ
  • 使い初めは髪がきしんでゴワゴワになる
  • 染めた後数日はタオルや枕に色が付く(洗濯しても落ちない場合がある)

 

良質なヘナ100%で染めた場合、白髪がオレンジ色に染まります(黒髪は染まりません)。
黒味を入れたい場合はインディゴ(木藍)などが入ったものを使います。
天然染料で髪に安心な分、染めるには相当な手間がかかることを覚悟しなければなりません。

 

感光性の白髪染め

日光や蛍光灯などの光に反応して発光する「銀イオン」を髪に付着させるタイプの白髪染めです。

 

感光性白髪染めのメリット
  • 洗い流す手間がなくスタイリングしながら使える
  • 脱色しないので髪や頭皮を傷めない
感光性白髪染めのデメリット
  • ヘアカラータイプに比べると色持ちが短い(3週間程度)
  • 発色が弱いので色が定着するまで連続使用が必要
  • 根本や内側の髪など光の当たらない部分は染まりにくい
  • 銀イオンが髪に残ったままパーマやカラーをすると緑色に変色する

朝スタイリングの時に髪に塗り、1日光を受けて過ごすことで染まってくれるという画期的な白髪染めです。
「わざわざ染めて洗い流す」という手間がありませんが、塗っている間は髪がパリパリになるので染毛期間中は違和感のある人もいます。
パーマやカラーリングをすると髪が緑色になるので要注意です。

 

【髪に優しい白髪染め】30代女性におすすめしたいのはコレ!

 

いろんな種類の白髪染めのメリット・デメリットをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?
「で、結局どれを選んだらいいのよ!?」という話ですよね(笑)。

 

これは正直、「白髪の多さ」によっても適性がありますし、「髪質」「体質」等によっても相性の合う商品は違ってきます。
しかし、一貫して言えるのは「30代女性は髪と頭皮に優しい白髪染めを選ぶべき!」ということ。

 

というわけで、「髪や頭皮への優しさ」「成分の安全性」「適度な染毛力」を重視した上で厳選した、30代女性へオススメの白髪染め商品をご紹介いたします!

 

利尻ヘアカラートリートメント

髪を傷めず染料で髪をコーティングするタイプの白髪染めトリートメントです。
濡れた手にとってシャンプー後の髪に塗布し、10分放置後洗い流します。
色味が定着するまで数日繰り返しましょう。

 

髪や頭皮に刺激のない安全性の高い成分ばかりを使用した商品で、もっとも髪に優しい白髪染めと言えます。
利尻昆布エキスなど天然の美容潤い成分を28種類も配合しており、使うたびに髪が元気になっていく白髪染めです。


LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

髪を傷めず染料で髪をコーティングするタイプの白髪染めトリートメントです。
乾いた髪に塗布し、10~30分放置した後洗い流します。色味が定着するまで数日繰り返しましょう。
美容成分94%配合という、髪をいたわることに専念した白髪染めです。エッセンシャルオイル配合でリラックス効果もあります。
髪に優しい成分だけで作られているのに色持ちが長いと評判の白髪染めです。


ヘアボーテ シーエッセンスカラーフォーム

「空気で染める」というまったく新しい発想の白髪染めヘアカラーです。
ボトルを振って泡を出し、白髪に馴染ませて5~15分後洗い流します。
残った分は次回に使えます。
ヘアカラータイプですが脱色剤は不使用。
染料が空気と結びつくことで発色し、髪の内側まで浸透するので一度でしっかり染まります。
スクワラン・昆布エキス・真珠エキスが髪に潤いを与えるので、潤いと確かな染毛力、どちらも実感できる白髪染めです。


サロンドプロ ヘアマニキュアスピーディ

髪を傷めず染料で髪をコーティングするタイプの白髪染めヘアマニキュアです。
乾いた髪に塗布し、放置時間たったの5分で洗い流すだけ。
一度でしっかり染まり、効果は約1ヶ月持ちます。残った分は次回に使えます。
椿オイルやパールエキス等5つの自然由来トリートメント成分が、髪を優しくいたわりながら染め上げます。


ナイアード ヘナ

インド産の純粋で良質なヘナやハーブ、木藍だけを使用した白髪染めです。
ヘナパウダーをお湯に溶かしてペーストを作り、水気を切った髪に塗布して1時間放置した後洗い流します。

 

「ヘナ100%」「ヘナ+10種のハーブ」「ヘナ+木藍」の3種類があり、白髪の量や色味の好みにあわせて選べます。
化学成分などの添加物を一切使わない、100%植物素材だけの白髪染めです。


白髪染め★上手に染めるコツと注意点

 

では最後に、30代女性が白髪染めする際の「上手に染めるコツ」と「注意点」をご紹介しておきますね。

 

上手に染めるコツ★ワンポイントアドバイス

 

「まっさらな乾いた髪」に

商品によっては「濡れた髪OK」の物もありますが、白髪染めは乾いた髪の方がよく染まりますよ。もちろんヘアケア剤などはしっかり除去しておきましょうね。

 

「保護クリーム」や「ヘアクリップ」を活用

白髪染めが肌につかないようにするための「保護クリーム」をしっかり塗って、生え際や襟足にも気にせずたっぷり染料を乗せるのがコツです。また、塗りにくい部位の髪はヘアクリップで留めて小分けにして塗ると、塗り残しがなくなりますよ。

 

「たっぷり」「長く」

白髪染めが染まりにくいと感じたら「量をたっぷり」「放置時間を長く」してみてください。商品に記載のある量や時間は、あくまで「目安」です。自分の髪質に合わせることが大切。

 

放置時間中に「温める」

白髪染めは温かいほど良く染まります。そのため、塗布後に「低音でドライヤーの熱を当てる」「ラップで巻いて温タオルで頭を巻く」などするとよく染まりますよ。

 

30代女性はデリケート!白髪染めの注意点

 

体調不良、肌荒れ、生理中は避けた方がベター

「普段なら全然平気」なことが、コンディションの悪いときには予想以上に良くない反応(副作用)を出してしまう場合があります。
白髪染めでイヤな思いをしないためにも、体調が優れない時や肌荒れしている時、生理中などは避けた方がベターです。
また、白髪染め前のパッチテストは必ず行いましょう。

すすぎは入念に!

頭皮に白髪染めの染料が残らないよう、すすぎは入念に行いましょう!
すすぎ残しがあると「かゆみ・かぶれが出る」「タオルや衣服に染料が付く」など弊害しかありません。

色選びは「暗め」が吉

白髪染めで「白髪と黒髪を明るい同色に染め上げる」のは難しいです。
失敗なく染めるには「暗め」の色を選ぶ方が良いでしょう。

 

まとめ

 

今まで使用していたオシャレ染め(通常のヘアカラー剤)と同じ感覚で白髪染めを選んでしまうと、思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。
30代女性の髪や頭皮は、自分で思うよりずっとデリケートになっているのです。
髪や頭皮をいたわることが、結果的に「いつまでも美しい私」を作るのだと意識し、白髪染め選びには「安全性と優しさ」を重視したいですね!

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る