白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法

 

自宅で白髪染めしても「うまく染まらない」「染まったと思ってもすぐに色落ちしてしまう」というあなた。
慌ててすぐにまた染め直す、などの対応をすると「ますます染まりにくい髪になる」という無限ループにハマってしまう可能性も。
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。

 

 

白髪染めしても染まらない9つの原因

 

白髪染めがうまく染まらない原因は、人によって実にさまざま。
ひとつの原因もあれば複数の原因が重なり合っている場合もあります。

 

ここでは考えられる原因を9つご紹介していきますので、あなたに当てはまりそうな理由を探っていきましょう。


1. 染まりにくい髪質

  • キューティクルの整った元気な髪
  • 太い髪
  • 固い髪
  • パーマがかかりにくい髪

など、いわゆる「強くて丈夫な髪質」の人は、白髪染めの染料が髪に入り込みにくいためうまく染まらないことが多いでしょう。

 

2. マニュアルと違う染め方をしている

白髪染めをする際には「気温」や「放置時間」「適量」などマニュアルを守らないとうまく染まらないことがあります。
マニュアルをよく読まず「だいたいこれでいいだろう」と自己判断していませんか?
「今までこうやってきたから」という慣れた使い方があっても、商品が違えば適切な使用法も異なる場合があります。

 

3.薬剤がよく混ざっていない

ニ浴式(1剤と2剤を混ぜ合わせるタイプ)の白髪染めの場合、よく混ざっていないと染まらないということがあります。
2つの薬剤を「きちんと同量ずつ」「よく混ぜているか」は大事なポイントなのです。

 

4.白髪染めの塗布量が少ない

白髪がうまく染まらない場合、単純に塗布量が足りていないというケースも多いです。
黒髪にも白髪にも均一に馴染ませていませんか?

 

白髪は黒髪よりも「太くて固い」ため、染料が染み込みにくいという特徴があります。
また、元々「白」い毛に色を付けるのですから充分な量を染み込ませることが必要。
白髪が多い部分や生え際などは、特にたっぷり塗布してあげる必要があるのです。

 

5. スタイリング剤が残っている

髪にスタイリング剤などが残っていると、白髪染めがうまく染まらないことがあります。
スタイリング剤がラップの役目を果たし、染料が充分髪につかないからです。
白髪染めする前に、髪がきちんと「素」の状態に戻っているか確認しましょう。

 

6.シリコンシャンプーを使っている

スタイリング剤同様、シリコンシャンプーを使っていると白髪染めが染まりにくくなります。
シリコンとは髪に艶を出したり指通りを良くするために配合されている化学物質のこと。市販されているほとんどのシャンプーに配合されています。

 

シャンプー裏面の成分表示に「ジメチコン」「シクロメチコン」「シリカ」「シロキ」「メチコン」などが載っていたら、シリコン入りシャンプーです。
シリコンシャンプーを使っていると、髪がシリコンでコーティングされている状態になるので白髪染めの染料が入り込みにくくなります。

 

7.選択したカラーが明るすぎる

白髪染めは「黒髪用のヘアカラー」と違って「脱色力が弱く」「染毛力が強い」造りになっています。
白い毛に色を付けるのが目的ですから、脱色する力より色をつける力に重点を置いているわけです。

 

つまりそれは、黒い髪を明るくするのは難しいということでもあります。
そのため、元の髪色とかけ離れた明るいカラーに染めようとしても、黒髪の色があまり変わらない、ということがあります。

 

8.商品の染毛力が弱い

たとえば今までヘアカラータイプの白髪染めを使っていた人が、ヘアマニキュアタイプの白髪染めを使うと「染まりが悪い」と感じることがあります。
ヘアカラーは髪のキューティクルを剥がして内部にしっかり浸透し着色しますが、ヘアマニュキュアは髪の表面だけに着色する方法なので色落ちしやすく「うまく染まらない」と感じるのです。

 

9.髪が極度に傷んでいる

ヘアカラーや縮毛矯正等の薬品により髪が「トロ毛」状態になっていると、白髪染めがうまく染まりません。
トロ毛とは、髪が半分溶けたような状態で「濡れると柔らかくなり伸びて切れる」とか「乾くとバサバサで切れ毛枝毛になる」などの極度に傷んだ状態の髪のことです。

 

トロ毛状態になってしまった髪はヘアカラーの色素が定着する部分がないので、白髪染めしてもシャンプーすると流れ落ちてしまい、うまく染まらないのです。

 

白髪染めしても染まらない!正しい対処法について

 

あなたの白髪染めが染まらなかった原因に、当てはまりそうなものはありましたか?
ここでは、それらの正しい対処法とうまく染めるためのコツをご紹介していきます。

 

1.丈夫な髪質なら「放置時間を長く」

丈夫な髪質で白髪染めが入りにくい人は、放置時間を長めに置きます。
マニュアルに記載された時間より10%程度長く放置してみましょう。

 

2.商品のマニュアル通りに使う

「気温」「放置時間」「適量」など、基本的にはお使いの白髪染め商品のマニュアルに従います。
部屋の気温が低いと白髪染めは染まりにくくなるのでエアコンで適温(20~30℃くらい)に調整するなどしましょう。
また、ニ浴式(1剤と2剤を混ぜ合わせるタイプ)の白髪染めを使う場合は、「同量」を「よく混ぜる」ように気を付けましょう。

 

3.染めている間に頭部を温める

白髪染めをする場合、より温かい方が染まりやすくなるので頭部を温めてあげるのが効果的です。

 

方法としては、染めている間に低温のドライヤーを髪に当ててあげると良いでしょう。
高温のドライヤーを間近で当ててしまうとかえって髪を傷めますので、低音ドライヤーでじんわり温めるのがコツです。
また蒸しタオルを巻いてあげるのも効果的です。

 

4.塗布量は部位によって変える

白髪染めの塗布量を全体的に均一にする必要はありません。
白髪は黒髪に比べて染まりにくいので「白髪の多い部分」「目立つ外側の髪」「根本や生え際」には多めに塗布しましょう。
かえってムラなくキレイな仕上がりになります。

 

5.スタイリング剤はしっかり落とす

白髪染めを行う前に、髪についた汚れやスタイリング剤はしっかり洗い流しましょう。
髪をしっかり「素」の状態に戻してあげることで、染料が付着しやすくなります。

 

6.事前にシリコン除去シャンプーを使う

シリコンシャンプーを使っていると、髪はシリコンでコーティングされている状態です。
白髪染めは少々のコーティングなど関係なく染める力を持っていますが、染まりにくい髪質の人などで出来るだけ「素」の状態に近づけたい場合は、シリコン除去シャンプーを使って落とすと良いでしょう。

 

日々のシャンプーをノンシリコンに変えるという手もありますが、多くの場合シリコンはコンディショナーやスタイリング剤にも含まれています。
ノンシリコンを謳っているシャンプーも、同系列のコンディショナーにはシリコンが入っているケースがほとんどですのでシャンプーだけをノンシリコンに変えてもあまり意味がありません。
シリコンは決して悪ではありませんので、「白髪染めの前にはきちんと落とす」と意識すれば良いでしょう。

 

7.ワントーン暗い色を選ぶ

明るい色の白髪染めを使ってうまく染まらなかった場合は、自分の髪色に合っていなかった可能性があります。
白髪染めで黒い髪を明るい茶色に変えるのは難しいので、まばらになるのを防ぐためにもワントーン暗い色を選んでみましょう。

 

8.染めた後にはきちんとしたアフターケアを

染めた後のアフターケアも大切です。
白髪染めした髪は少なからずダメージを受けていますので、その後に刺激の強いケアをすると髪が荒れやすくなってしまいます。
白髪染めを流した後は、できれば髪に優しいアミノ酸シャンプーで洗い流しましょう。
染髪後専用のカラーケアシャンプーを購入するのも良いですね。

 

9.染め直す場合はヘアカラーではなくヘアマニキュア

思うように白髪が染まらなかったら、すぐまた染め直したくなりますよね。
ですが、ヘアカラータイプの白髪染めを短期間に繰り返すと髪はかなりのダメージを受けて傷んでしまいます。
染め直しをする場合は、「ヘアマニキュアタイプ」や「トリートメントタイプ」の白髪染めで髪表面に着色する方法を選びましょう。

 

10.極度に傷んだ髪にはヘアマニュキュアを

とろ毛になるほど傷んだ髪には、ヘアカラータイプの白髪染めでは着色できません。
無理にヘアカラーをすれば一時的には色が付くかも知れませんが、髪はさらに傷むのですぐに色抜けしてビニールのようなキラキラ毛になってしまいます。
そしてまた染めて傷んで…を繰り返して無限ループに陥ってしまうでしょう。

 

傷んだ髪にはヘアマニキュアタイプの白髪染めで表面に着色する方法を選びましょう。
ヘアカラータイプに比べると染毛力は弱いと感じるかも知れませんが、髪を優しくいたわる染め方をした方が、結果的にはきれいな髪色をキープできるのです。

 

白髪染めがうまく染まらないアナタへ!一言アドバイス★

 

白髪染めを「一度で完璧に」染め上げることをイメージしてしまうと、仕上がりにガッカリしてしまうことがあるかも知れません。
黒髪のカラーリングと違い、白髪染めは「黒髪も白髪も同じ色に染める」のですからムラが出るのも仕方がない、とある程度理解することも必要です。

 

状態を見ながら「少しずつ」理想の仕上がりに近づけていきたいところですが、ヘアカラーを何度も行うと髪を傷めてしまいますよね。

 

最近人気の髪をいたわるトリートメントタイプの白髪染めなら、自宅で無理なく何度も使えて、少しずつ自然で美しい理想の仕上がりに近づけます。

 

自宅で綺麗に染まる!おすすめの白髪染めを厳選紹介★

 

ここでは「失敗なくキレイに染まる」と人気の高いトリートメントタイプの白髪染めを、厳選してご紹介いたします!

 

利尻ヘアカラートリートメント

天然利尻昆布をはじめとした植物由来28種のうるおい成分が配合された髪に優しい白髪染め。髪の表面に着色するトリートメントタイプ(ヘアマニキュア)です。
無添加にこだわった、髪と頭皮に優しい白髪染めで、白髪を染めながら同時に美髪ケアもできます。
使い方は、シャンプー後の髪にまんべんなく馴染ませ、10分放置した後流すだけ。
しっかり髪全体になじみ、キレイで自然な仕上がりになります。毎日でも使えます。

 

ルプルプ(lplp)

なんと美容成分94%配合。美容液なみの潤いを与えてくれる、トリートメントタイプの白髪染め(ヘアマニキュア)です。
植物由来の天然染料使用で、手についても安心という優しさ。浴槽に付いてしまっても簡単に水で落とせます。
希少な函館産がごめ昆布を使用するなど原料にもこだわって作られていて、オリジナル成分「ルプルプWフコイダン」が髪の超保湿を実現します。
使い方は、乾いた髪にたっぷり馴染ませ10~30分ほど置いてから流すだけ。
初めの3日間は毎日使用し、その後は週に1~2回の使用でOKです。


POLAグローイングショット カラートリートメント

髪のダメージを補修しながら自然な色味をプラスし白髪を目立たなくさせる、トリートメントタイプの白髪染め(ヘアマニキュア)です。
1回でも充分色づき、重ねるほどに深い色と艶に満ちた美髪を演出します。
使い方は、シャンプー後のトリートメントとして髪にたっぷり馴染ませ5分放置。洗い流してからドライヤーでしっかりと乾かします。


キラリ カラートリートメントムース(とろ~りムース)

特徴はとろ~りムース。
独自の毛髪浸透技術を生かした泡が髪の1本1本に密着し、均一に包み込みます。
植物由来の染料で髪に優しくムラ無く染め上げてくれます。
19種類の美容成分がバランス良く配合されていて、髪にハリ・コシを与えます。
カラートリートメントなのに、1回で深く濃く染め上げてくれます。
使い方は、乾いた髪にたっぷり塗り10分経ったら洗い流すだけ。毎日でも使えます。


レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

キーワードは「癒して染める」。染めながら、ハリとコシのある髪に導く「ヘッドスパ」効果をプラスしたトリートメントタイプの白髪染め(ヘアマニキュア)です。

 

10種の天然アロマ配合で優しいフルーティな香りが心身をリラックスへと導きます
植物由来の天然染料を配合し、アレルギーや肌荒れを引き起こすような刺激性の高い化学成分は一切不使用。頭皮や髪を傷めることなく、優しく染め上げます。
使い方は、素手で髪に馴染ませて(乾いた髪・濡れた髪、両方OK)頭皮を軽くマッサージ、お好みで10~30分程度放置したあと流すだけ。初めは2~3回続けて使用し、色が定着したら週1~2回の割合で使用します。

 

まとめ

 

白髪染めがうまく染まらない原因は、実にさまざまですね。
1度の使用でしっかり染め上げてくれるヘアカラータイプの白髪染めは、染毛力が強い一方髪へのダメージも大きいので、何度も染め直すのは控えましょう。

 

日々のヘアケアとしても使えるトリートメントタイプの白髪染めなら、少しずつムラなく染めてくれて髪にも優しいから安心して使えますね。

 

傷んだ髪は女性にとって老けてみられる原因にもなります。
白髪染めはできるだけ髪をいたわる方法選びたいですね。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る