【初心者おすすめ】お手軽簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!

 

白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。
「クリーム」タイプや「泡」タイプ、「トリートメント」のように使うタイプなど白髪染めの形状もさまざま。

 

いったいそれぞれどんな風に違うの?私の髪にはどのタイプが合っているの?
など、知らずに使っているともったいないそれぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。

 

 

白髪染めにはどんなタイプがある?

 

では、市販されている白髪染めにはどのようなタイプがあるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

 

クリームタイプ

一般的に1剤と2剤のクリームを別の容器に出して、ハケで混ぜ合わせてから使うタイプ。
昔からある白髪染めというと、このタイプをイメージすることが多いかも知れません。

 

クリームタイプの特徴
  • 髪に密着するのでしっかり染まる
  • 液垂れしにくいので狙った部分を染めやすい
  • 部分染めに向いている
  • 保存可能なので何回か小分けして使える

 

液体タイプ

乳液タイプとも呼ばれます。
2剤が液体になってボトルに入っていて、そこに1剤を入れて振って混ぜるタイプ。
キャップの部分をクシ型ノズル等に付け替えて髪に塗布します。

 

液体タイプタイプの特徴
  • 伸びが良いので初心者でも使いやすい
  • 全体染めに向いている
  • 液垂れしやすいので注意が必要
  • 保存できないので1回で使い切らないといけない

 

泡タイプ

1剤と2剤を混ぜる必要がなく、ボトルをワンプッシュするだけで泡状になって出て来るタイプが主流です。

 

泡タイプの特徴
  • ワンプッシュなので手間なく簡単
  • 泡が馴染むので全体にムラなく染めやすい
  • クリームタイプに比べると液垂れしやすい
  • 保存可能なので何回か小分けして使える

 

トリートメントタイプ

上記の3種類とは違って、脱色を伴わず髪の表面に着色するタイプの白髪染めで、ヘアトリートメントのように使えます。

 

トリートメントタイプの特徴
  • トリートメント成分で髪が元気になる
  • 脱色剤を使わないため髪や頭皮を傷めない
  • 新しく生えた白髪も自然に染まる
  • 染毛力が弱いので継続的な使用が必要

 

シャンプータイプ

シャンプーに染毛剤が含まれているタイプで、普段通りにシャンプーしているうちに徐々に白髪を染めていってくれます。

 

シャンプータイプの特徴
  • わざわざ染める時間をとる必要がない
  • 脱色剤を使わないため髪や頭皮を傷めない
  • 新しく生えた白髪も自然に染まっている
  • 染毛力はかなり弱いので継続的な使用が必要
  • 染毛力はかなり弱いので白髪の量が多い人には不向き

 

粉末タイプ

染め粉(粉末)を水で溶いて使うタイプの古くからの白髪染めです。
愛用者には根強い人気があり、一部のメーカーでは今も変わらず販売されています。
また、ヘナなど天然植物由来の白髪染めにも粉末タイプが多いです。

 

粉末タイプの特徴
  • (化学染料の場合)比較的安価
  • 水で溶くだけなので準備が簡単
  • 保存可能なので何回か小分けして使える
  • (天然染料の場合)染める時間が長くかかるが髪には優しい

 

マスカラタイプ・ペンタイプなど

一時染毛剤と呼ばれる白髪染めで、その名の通り一時的に髪の表面に着色し、夜にシャンプーすれば落とせるタイプです。

 

マスカラタイプ・ペンタイプの特徴
  • お出かけ前などに手軽にサッと使える
  • 髪の表面に着色するだけなので髪や頭皮を傷めない
  • 多く使うと価格が割高になる
  • 生え際だけ、分け目だけ、などの使用に最適

 

一番簡単なのはトリートメントタイプ?もっともオススメはコレ!

 

さて、さまざまなタイプの白髪染めがありますが、もっともオススメしたいのは「トリートメントタイプの白髪染め」です。

 

トリートメントタイプの白髪染めがオススメな理由

まず、白髪染めを選ぶ上でもっとも重視したいのは「髪や頭皮への優しさ」です。

 

白髪は一度染めたら終わりではありませんよね。今後ず~っと染めていく必要があるわけです。
しかも、私たちの髪や頭皮は、年をとるごとにダメージに対して弱くなっていきます。

 

脱色を伴うタイプの刺激の強い白髪染め

刺激の強い白髪染めを使い続けることは、「白髪の増加」や「抜け毛・薄毛」の原因にもなります。
これでは、せっかく白髪染めをして髪をキレイに見せても逆効果ですよね。
そのため、脱色を伴うタイプの刺激の強い白髪染めはあまりオススメできません。

 

シャンプータイプの白髪染め

また、「シャンプータイプの白髪染め」はもっとも手軽に染められて髪にも優しい白髪染めですが、こちらもあまりオススメはできません。
なぜなら、「放置時間をとる必要がない」のは、残念ながら「あまり染まらない」ことでもあるからです。
実際、体験者の中には「まったく染まらなかった」という人も多いです。
いくら髪に優しくても白髪が染まらなければ意味がありませんよね。

 

「髪や頭皮への優しさ」「染毛力」「かかる手間」をすべて加味すると、「トリートメントタイプの白髪染め」が一番オススメなのです。
確かに「クリーム」「液」「泡」タイプの脱色タイプと比べると、「トリートメントタイプ」は染毛力が弱く色持ちも悪いため、何度も染めるという手間がかかります。

 

しかし、「今後もずっと美しい髪を保ちたい」なら、その手間は必要不可欠と考えたいところです。

 

トリートメントタイプの白髪染め★上手な使い方

トリートメントタイプの白髪染めは、上述したように「染毛力が弱い」のが難点です。
そのため、できるだけその点を補いながら上手に染めるコツを4つご紹介致します。

 

乾いた髪に使用する

「濡れた髪OK」の白髪染めトリートメントもありますが、乾いた髪に使用した方が断然よく染まります。
事前にヘアケア剤等をしっかり取り除いておくことも忘れないようにしましょう。

量をたっぷり使う

白髪染めの量はたっぷり使うほど良く染まります。
特に初めて使う際は染まりにくいので、髪にボテッと乗せる感じでたっぷり使ってあげましょう。

放置時間を長く置く

商品に記載されている放置時間はあくまでも「目安」です。
長く置くほど白髪染めトリートメントはよく染まります。
ヘアカラータイプと違い、長く置いても髪は傷まないので安心です。
ただし最大1時間が目安。それ以上置いても効果はあまり変わりません。

放置時間中に温める

白髪染めの染料は温かいほどよく色が入ります。
放置時間中に「低音のドライヤーを当てる」「ラップで巻いて蒸しタオルで巻く」などすると効果的です。

 

トリートメントタイプのおすすめ白髪染めを厳選紹介!

 

では、白髪染め初心者でも簡単に使える「トリートメントタイプの白髪染め」の中から、厳選したオススメの商品をご紹介致します。

 

利尻ヘアカラートリートメント

シャンプー後のトリートメントとして使えるタイプの白髪染めです。
濡れた手に取って髪に塗布し、10分程度放置して洗い流します。色が定着するまでこれを何度か繰り返します。

 

こちらの商品のもっとも優れた点は「とにかく髪と頭皮に優しい」ということ。
使用している成分は、どれも刺激が少なく安全性の高いものばかり厳選されています。
さらに利尻昆布エキスをはじめとする28種の植物由来潤い成分で、洗うたびにハリ・ツヤのある美髪に導きます。
染まりにくいと感じる場合は、前項でご紹介した4つのコツをお試しくださいね。

 

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

ヘアカラータイプに比べて色が入りにくい…という白髪染めトリートメントが多い中で、断然「よく染まる」「色持ちが長い」と評判の白髪染めです。

 

使い方は、乾いた髪に塗布して10~30分放置後洗い流すだけ。
色が定着するまでこれを何度か繰り返します。
美容成分94%配合で髪をいたわり、エッセンシャルオイルの香りで使い心地が良いという点も人気の高さの秘密です。

 

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

白髪を染めながら同時にヘッドスパ効果もある白髪染めトリートメントです。

 

乾いた髪(濡れた髪でもOK)に塗布して頭皮マッサージ。その後10~30分程度放置してから洗い流します。
色が定着するまでこれを何度か繰り返します。

 

ドイツファンゴ(火山岩の泥)をはじめとする16種類の頭皮・毛髪ケア成分配合。頭皮環境を整え、健やかな髪と頭皮に導きます。
さらに10種類の天然アロマ配合で、心身をリラックス。
染めるのが楽しみになってしまう白髪染めです。

 

白髪染めで気を付けなければならないことは?

 

では最後に、すべての白髪染めに共通する「注意点」をご紹介しておきますね。

 

合わない成分がないか事前にチェック

白髪染めの前には、必ずパッチテストを行いましょう。

 

トリートメントタイプ・シャンプータイプの白髪染めの場合は、パッチテストは特に必要ありません。
ただし稀に成分が肌に合わない方もいらっしゃいます。
特定の成分でアレルギー反応を起こすとわかっている場合は、必ず事前に全成分表示をチェックしてから使うようにしましょう。

 

よく染めたい部分から先に塗る

「白髪の目立つ部分」「よく染めたい部分」から塗布するのが基本です。
具体的には「生え際」「分け目」を最初に塗り、その後「耳周り」「頭頂部」「うなじ」と続き、髪の内側や先端は最後に塗ります。

 

長く置くほど良く染まるのと、塗り忘れを防止するためです。

 

すすぎはしっかり!

染めた後はしっかりすすいで、頭皮に白髪染めの成分を残さないようにしましょう。

 

ヘアカラータイプであれば、しっかりすすいだ後シャンプー「2回」が基本です。
トリートメントタイプであればシャンプーは必要ありませんが、頭皮に成分を残さないよう意識してすすぎます。

 

しかし、トリートメントタイプはその性質上、いくらすすいでも「完全にお湯が透明になる」ことはありません。
逆にすすぎ過ぎると、せっかく髪に付着させた染料を落とし続けることになります。

 

そのためトリートメントタイプの場合は、とにかく「地肌に残さない」ことだけ意識してしっかりすすぐようにしましょう。

 

まとめ

 

白髪染めはそのタイプごとに一長一短あります。
「手軽さ」「染毛力」「髪と頭皮への優しさ」どれも重視したいところですが、すべてを兼ね備えている白髪染めはなかなか無いのです。
とはいえ、できるだけストレスを感じずに染められる方法を選びたいですよね。
あなたのライフスタイルに合わせて、もっとも気持ちよく使える白髪染めを見つけてくださいね。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る