警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!

 

髪をトリートメントしながら白髪を染めてくれる「白髪染めトリートメント」。

 

「天然染料を使用している」とか「トリートメント成分が豊富」などの部分だけを聞くと「100%安全なのかな?」と思ってしまいますが、実際にはかぶれやアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、かぶれやアレルギーを起こしてしまうのでしょう?

 

今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。

 

 

どうして白髪染めトリートメントで副作用が起きるの?

 

とにかく「髪に優しいから」という理由で白髪染めトリートメントを選びたいと思う人は多いですよね。
もちろん、「白髪染めヘアカラー」や「白髪染めマニキュア」と比べると、白髪染めトリートメントはダントツで髪に優しく安全性が高いと言えます。

 

しかしどんな商品でも「100%安全」な商品などありません。
まずは白髪染めトリートメントについての「ありがちな誤解」から解いていきましょう。

 

白髪染めトリートメントは100%天然染料ではない

白髪染めトリートメントの中には「天然由来染料」をウリにしている商品もあります。
もちろん、そのウリの通り、それらの商品には天然由来染料が実際に使われています。

 

ただし「100%天然染料のみ」という商品はありません。

 

ほとんどの場合、「塩基性染料」や「HC染料」と呼ばれる化学染料が使われていて、実際に髪を染めてくれているのは化学染料です。
天然染料にはそれほど「強く」「早い」染毛効果はありませんので、あくまで天然染料は補助的に用いられてる感じでしょう。

 

もしも天然染料のみの商品であれば、「放置時間10~30分程度」などの短時間で染め上げるのは無理です。
白髪染めの有名な天然染料に「ヘナ」がありますが、ヘナも1時間~数時間は放置しないと染まらないですよね。

 

もちろん髪質によっては「天然染料だけですぐに染まる」というタイプの人もいるかも知れません。
しかし、多くの人々に使ってもらう商品として世に売り出す場合、いろんな髪質の方に「そこそこの染毛力」を実感してもらわねばなりませんから、メーカーにとっても化学染料は不可欠なのです。

 

実際に、塩基性染料やHC染料のほとんどが「安全性が高く人に優しい化学染料」ですからね。
しかし、もしも「白髪染めトリートメントは天然染料のみである」と誤解している方がいれば、そこの認識は変えておきましょう。

 

天然染料にもアレルギー反応は起こり得る

また、天然染料を使っているからと言って「天然だから絶対安全」とは言い切れません。
もしも「化学染料だから危険。天然染料だから安全」という認識があるなら、それも捨てるべきです。

 

天然由来だからこそアレルギー反応を起こす場合もあります。

 

たとえば植物アレルギーを持っていれば、当然植物由来の成分にアレルギー反応を起こす可能性はありますよね。
また、アレルギーは「昨日まで大丈夫だった」ことでも、「今日は受け付けられない」こともあるので、自身の身体の変化によっても悪い反応が出てしまう場合があります。花粉症などもその例ですね。

 

もちろん、副作用が多いとわかっている天然成分をあえて使うメーカーはありません。
ほとんどの天然染料が「安全性が高い」という確信のもと使用されていますので、副作用が出ずに済む人の方が多いでしょう。
しかし、「天然由来だから安心」という決めつけはしない方が良いでしょう。

 

髪の手触りが良くなるから良い商品というワケではない

 

実際に白髪染めトリートメントを使用した人からの口コミで「使った後に髪がサラサラになった」などと聞くと、「すごくトリートメント効果があるのかな」なんて思ってしまいますよね。

 

もちろん、その可能性は充分にあります。
商品に含まれているトリートメント成分が髪を補修し、使用後の髪をサラサラにしてくれる効果は充分に期待できます。

 

しかし、そのサラサラは「トリートメント効果」ではなく「界面活性剤効果」な場合もあるのです。

 

界面活性剤は多くのヘアケア製品に使用されていて、髪の手触りをよくするためには必要不可欠とも言える成分です。
(※界面活性剤を使用していない白髪染めトリートメントもあります)

 

ただし界面活性剤の種類によっては大変刺激の強いものもあり、それが原因で痒みやかぶれ等の頭皮の炎症を引き起こす場合があります。
もちろんこれも、「炎症を引き起こす可能性がある」のであって、すべての人がそうなるわけではありませんが、肌の弱い方や敏感肌の方などは特に気をつけたい成分です。

 

単純に「使用後の手触りが良くなるから髪が補修されている証拠」とは限らないことを理解しておきましょう。

 

白髪染めトリートメントで特に気を付けたい成分

 

白髪染めトリートメントには、メーカーや商品により色んな化学成分が配合されています。
もちろん前述しましたように、化学成分は「刺激やかぶれ、アレルギー等を引き起こす可能性がある」のであって、必ずしもそうなるわけではありません。

 

しかし、実際に白髪染めトリートメントを使って副作用が現れた方もいますので、ここでは特に気を付けておきたい成分をいくつかご紹介致します。

 

  • イソプロパノール
皮膚への蓄積性がある防腐剤です。刺激性やアレルギー性を有します。
  • ステアリルトリモニウムブロミド
  • ベヘントリモニウムクロリド
  • ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド
  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
  • ジアルキル(C-12-18)
  • セテス-20
いずれも、髪をしなやかにするための界面活性剤です。刺激性やアレルギー性を有します。
  • ジメチコン
いずれも、髪をしなやかにするための界面活性剤です。刺激性やアレルギー性を有します。
  • 紫401
タール色素で発がん性の疑いやアレルギー性を有します。
  • 黒色401
タール色素で強い発がん性の疑いやアレルギー性があり、米国では使用が禁止されています。
  • 塩基性青99
  • 塩基性茶17
塩基性染料の一種です。日本ではまだ報告がありませんが、欧米ではアレルギー症例があります。
  • HC青2
  • HC赤3
  • HC黄2
  • HC黄4
  • HC黄5
HC染料の一種です。日本ではまだ報告がありませんが、欧米ではアレルギー症例があります。

 

以上ご紹介した成分はごく一部であり、成分表示には別名で表記されている場合もあるので見分け方が困難でもあります。

 

しかし、重ねて申し上げますが、これらの成分を含有しているからといって必ずしも危険というわけではありません。
ジアミンを含むヘアカラー商品を使っても多くの人にはアレルギー反応が出ないのと同じで、何の問題もなく使用できる人も多いのです。

 

白髪染めトリートメント選びで大切なのは「自分に合うかどうか」

 

白髪染めトリートメントを選ぶにあたって安全性は重視したいところですが、一番大切なことは「自分に合うかどうか」です。

 

「副作用の可能性ゼロ」の白髪染めトリートメントはありません

これまでご紹介してきたのはあくまで「副作用の可能性」のお話です。

 

そもそも「万人がまったく副作用を起こす可能性がゼロ」な白髪染めトリートメントなどあり得ません。
可能性をゼロにしたいのであれば白髪を染めなければ良いのですからね。

 

ですから、逆に注意したいのは一部の口コミ等を過信して、不明確な情報のまま白髪染めトリートメントに悪いレッテルを貼ってしまうことです。
今回の記事も然りです(笑)。あくまで情報のひとつとして、あなたの白髪染めトリートメント選びの参考にしてくださいね。

 

パッチテストの重要性

白髪染めトリートメントを使用する際に、安全性を確かめるためのパッチテストは重要です。

 

痒みやかぶれ、アレルギー反応などの副作用は、使う人の体質や使用時の身体のコンディションによっても出方が違います。
「以前使ったことがあるから平気」とは限りません。年をとって自身の体質が変わっていることもあります。

 

アレルギー体質の方、肌の弱い方、敏感肌の方、シャンプー等により頭皮が荒れている可能性のある方などはもちろんのこと、これまで白髪染めで肌が荒れた経験のない人も、使用前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。

 

髪と頭皮に優しい白髪染めトリートメントを厳選紹介!

 

では最後に、副作用が少なく安全性が高いと評判の白髪染めトリートメントを3つご紹介いたします。
ここで紹介する3品は、「安全性」もさることながら「染毛力」「色持ち」すべてで高評価です。

 

利尻ヘアカラートリートメント

4つのイオンカラーとナノ分子カラーで美しい発色を実現した白髪染めトリートメントです。
さらに天然由来の植物色素(ウコン・アナトー・シコン・クチナシ)を使用し、髪と頭皮をいたわりながら染めてくれます。
また、天然利尻昆布を始めとした28種類の植物由来の美髪成分が髪に潤いを与え、使用後の髪をしっとり滑らかにさせます。
刺激の強い界面活性剤や防腐剤、シリコン等は一切使用しておらず、もっとも安心して使える白髪染めトリートメントと言えます。

 

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

乾いた髪になじませてから洗い流すタイプの白髪染めトリートメントです。
「微アルカリ性」のため、白髪染めトリートメントにありがちな「なかなか染まらない」を解消してくれます。

 

そのうえ美容成分94%配合なので、使用後の髪は潤いに満ちてツヤツヤになります。
口コミでは「染毛力」や「色持ち」がもっとも優秀で、洗髪を重ねてもキレイな色味が残りやすいと好評です。
頭皮に危険な成分も配合されておらず、エッセンシャルオイル配合で心地良い気分で使えるのも人気の秘密です。

 

ポーラ グローイングショットカラートリートメント

シャンプー後に塗布して、たった5分放置で染まってくれる白髪染めトリートメントです。

 

天然染料は使用されていませんが、スキンケア製品大手ならではの美髪成分がたっぷり配合されているので、使用後のハリ・コシが格段違います。
洗髪後に色抜けしても、大人の女性らしいシックな色合いになると評判です。
シトラスを効かせたスパイスフローラルの香りでリラックスしながらケアできます。

 

まとめ

 

今回は白髪染めトリートメントの副作用に関する警告をいたしましたが、白髪染めトリートメントは白髪染めの中でも極めて安全性の高い商品であることには間違いありません。

 

白髪染めトリートメントを選ぶ際には「成分表示をチェックする」「必ずパッチテストを行う」など、安全性に対する意識を高く持ち、自分の体質に合った信頼できる商品を選びたいですね。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る