初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!

 

一説によると、白髪が生えてくる平均年齢は日本人は30代前半と言われています。
体質や生活環境によって違いは出てくるでしょうが、大体その頃に「白髪染めデビュー」をする人が多いようです。
そこで、初めての白髪染めの色選びポイントについてお話します。

 

 

【白髪染め】色選びのポイント

 

 

白髪染めというと真っ黒か、ちょっと暗めの茶色といったイメージがあるかもしれませんが、現代の白髪染めというと若い子向けのヘアカラーに負けないくらいの種類があります。これでは選ぶのにも悩んでしまいますね。
初めての白髪染めで後悔しないように、注意点を押さえておきましょう。

 

黒髪と白髪の割合に合わせる

まず白髪の量というのは人それぞれですが、白髪染めを初めて使うということはそんなに白髪は多くないと思います。
黒髪の中に白髪が混ざっていて、生え際やこめかみ、分け目から出てくる白髪が気になるといった程度ではないでしょうか?
もしくは分け目を変えるなどしてカバーしつつ、そろそろ染めなければ隠せなくなってきた……という人もいるでしょう。

 

比較的真っ黒の地毛が多く、白髪がちらほら目立つ程度の量であればやや明るめの色を選びましょう。
全体的に明るく染めてしまった方が、白髪が目立ちません。

 

ですが白髪の量が多い場合はワントーン暗めの色を選ぶのがおすすめです。
黒髪に色を入れるのと違い、もともと色素が入っていない髪を染めると明るい仕上がりになってしまうためです。

 

髪質(太さ・柔らかさ)によって色を変える

太くて真っ直ぐな髪の毛と細くて柔らかい髪では、キレイに染め上がる色が違うと言われています。

 

太く真っ直ぐで健康的な髪

もともと日本人は太く真っ直ぐで健康的な髪の毛の人が多いそうですが、そういう髪質の人は赤みの強いカラーを選びましょう。
そして、商品パッケージに書いてある放置時間よりも若干長めに置いて下さい。そうすることでキレイに染められます。

 

細くて柔らかい髪

細くて柔らかい髪質の人は、やや黄味がかった色がおすすめです。
こちらは目安放置時間よりも少し早めに切り上げましょう。

 

ファッションやメイクも視野に入れて

日頃のファッションやメイク、職場環境なども考えたいですね。
普段から落ち着いた服装やスーツが多い場合、いきなり明るい茶髪になるとちぐはぐな印象になってしまいます。
逆に服装やメイクが若々しく派手めの人は、あまり暗い色を選ぶと違和感がありますよね。

 

また普段からパーマをかけている人は、真っ黒の髪色だと老けてみられる場合があります。
ストレートで明るい茶髪だと、年齢にもよりますがギャルっぽくなってしまうことも……。
イメチェンも良いですが、髪色だけが浮いてしまわないように配慮しましょう。

 

【初めての白髪染め】おすすめの色は何?

 

ではここで、白髪染めデビューの人でも安心なおすすめの色を紹介しましょう。
ぜひ参考にして下さい。

 

絶対失敗したくない場合

可もなく不可もない、でも失敗しない色というのがあります。
どんな服装にもそれなりに合い、どんな年齢の人にも馴染む色ですね。
イメチェンをする気がなく、出来るだけ目立たせたくないという人におすすめです。

 

白髪染めのテッパン!オレンジブラウン系の白髪染め

恐らくほとんどのメーカーが出していると思われる定番の色は「オレンジブラウン系」です。
やや赤みがかった色で、日本人の髪質によく合っていると言われています。

 

白髪が多い髪は少し明るめに染まりますが、ブラウンも入っているのでそれほど目立つことはありません。
黒い地毛が多い人は、そんなに明るくならずに自然な感じで染まります。
白髪染めデビューは「オレンジブラウン系」がおすすめです!

 

明るくしたい場合

全体的に、今までよりも明るく染めたいという人もいるでしょう。
せっかく染めるのだから、遊び心もおしゃれ心も大切ですよね。

 

ですが、単純に明るい色を選ぶのはNG。
髪質にもよりますが、ただ明るいだけの色では軽い感じの染め上がりになってしまうので注意しましょう。
一昔前の「コギャル」のようになってしまいますよ。

 

おしゃれなアッシュカラーに染まるグリーン系の白髪染め

髪を明るく染めたいときは、アッシュカラーを選びましょう。
茶髪とは違う明るさで、大人っぽい印象になります。
グリーン系に近いですが、染め上がりが緑色になる訳ではないので安心して下さい!

 

明暗のレベルを変えることで知的な感じになったり、モデルっぽい髪色になったりと色々変えられるアッシュカラーは明るさを出したいおしゃれさんにおすすめです。

 

暗くしたい場合

明るい髪色は苦手、お堅い職場だから明るく染めるのは無理、そういう人もいますよね。
また、キレイなさらさらストレートを生かす髪色といえば黒です。
明るい染め上がりの白髪染めは種類も豊富ですが、逆に暗い色に染めたい場合は何色が良いのでしょうか?

 

綺麗な黒髪に染まりやすいブルー系の白髪染め

暗いトーンの色に染めたくても、ブラウン系を使ってしまうとやはり茶色い染め上がりになってしまいます。
濃い茶色は、服装などにもよりますが老けて見られてしまうことが多いので避けましょう。

 

キレイな黒髪を目指すなら、ブルー系がおすすめです。
染め上がりは勿論青ではなく、自然な黒髪に染まります。
白髪染めで明るくしたくない人は、ツヤツヤの黒髪に染まるブルー系を選びましょう。

 

【白髪染め】色以外に注意すべき3つのポイント

 

色に関してはバッチリ!でも、初めての白髪染めには注意しなければならないポイントがいっぱいです。
トラブルなく白髪染めをするために、事前にチェックしておきましょう。

 

休みの前の日に染めよう

白髪染めをした髪や頭皮は、かなりのダメージを受けています。
できれば翌日は、整髪料を使わずに過ごしたいですね。
普段から整髪料で髪をセットしている人は、白髪染めをするのは休みの前の日、そして出かける予定を立てないでおきましょう。
白髪染めの後は、できるだけ髪を休ませてあげてください。

 

パーマをかける前の染毛はNG

せっかくキレイに染めた髪も、パーマをかけると大半が落ちてしまいます。
また、パーマをかけた直後の白髪染めもおすすめできません。
白髪染めとパーマの間は、せめて2週間は空けて髪を労わってあげましょう。

 

上手に染められなくても染め直しはしない

初めての白髪染めでは、上手くいかないこともあるでしょう。
ですが、同じ物を買ってきてもう一度染め直すのは良くありません。

 

市販の薬剤は、大多数の人が手軽に染められるようにできているため、非常に強い成分の薬剤が配合されています。
短い期間に何度も染め直しをすると、髪ばかりではなく頭皮も痛みます。

 

白髪染めに失敗してしまっても、次回の染毛まで1ヵ月は空けたいですね。
染め上がりに納得がいかない場合は、染め直さずに部分染めのアイテムを使いましょう。

 

まとめ

 

白髪を染めなければならないという状況は、急に歳をとったみたいで嬉しくはありませんよね。
ですが今では白髪染めのカラーバリエーションも増えて、さまざまな選択肢があります。
せっかくなので自分に合う色やなりたい色を見つけ、思い切り楽しんでしまいましょう。
染めるのが楽しみになってきたら、もう白髪も憂鬱ではありませんよ。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る