気になる生え際の白髪…上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!

 

自宅サロンでヘッドマッサージをしていると、生え際に白髪のある方が多くいます。
髪をかき上げないと分からない部分なので、ヘッドマッサージをすると、意外な白髪の多さにびっくりすることもあります。
そういう方に限って、頭皮が非常に硬くなっている場合が多いです。

 

頭皮の硬さと白髪は関係があるのでしょうか?
白髪になる原因を探りながら、白髪染めに関しても見ていきましょう。

 

 

生え際の白髪は目立つ!部分的に増えてしまうのはなぜ?

 

 

生え際にある白髪は本当に目立ちますよね。
筆者も生え際の白髪で長年悩まされているので、よく分かります。

 

美容院で染めたばかりなのに、すぐに数ミリの白髪が生えてきます。
日本人は特に黒髪の人が多いので、白色の髪の毛が目立ちやすいとも言えます。

 

生え際の白髪で印象が変わる?

鏡を見ると、生え際に白髪があるだけで老けて見えませんか?
それは、周りの人にも同じ印象を与えています。

 

ご高齢の方は、白髪のイメージがありますよね。
そのイメージがあるので、白髪が少しでもあるだけで、実年齢よりは老けて見えてしまいます。
その上、清潔感がない印象までも与えてしまいます。
髪全体の色に白髪が混じっていることで、色ムラを感じてしまい、お手入れが行き届いていない印象を受けるのです。

 

逆に髪全体が白髪になった方が、清潔感を感じるということですね。
白髪が厄介なのは、部分的に増えてしまうからです。

 

なぜ、生え際に白髪が増えるの?

では、なぜ部分的に、特に生え際に白髪は増えるのでしょうか。
どこの生え際に白髪が多いかによって、増える原因が違うのですよ。

 

こめかみ付近に白髪が多い

こめかみ付近の白髪が多い方は、ストレスや眼精疲労が大きく影響している可能性があります。
長時間パソコンやスマホ、テレビを観るなどのように眼を使っていると、こめかみ部分が痛くなることはありますよね。

 

これは、こめかみ部分には神経細胞が集中しているので、眼を使うことで神経細胞の疲労が起こり、眼精疲労になります。
また、頭や神経を使うことがストレスになり、この場合もこめかみ部分の神経がかなり疲労した状態になります。
こめかみ部分の神経細胞が疲れてくると、そこに活性酸素が多く発生し、それが周りの細胞にも影響を与えることで白髪になっていくのです。

 

また、こめかみ付近の特に左側に白髪が多い方は、左脳を使うお仕事、つまり税理士や会計士などのように数字を使う人が多く、右側に白髪が多い方は、右脳を使うお仕事、芸術関係のお仕事の方が多いそうですよ。
白髪で職業まで分かるなんて、ちょっと面白いですよね。

 

頭頂部の分け目に白髪が多い

最も目立つ頭頂部の分け目に白髪が多い方は、紫外線による可能性が大きくあります。

 

頭皮の中でも、頭頂部の分け目の部分が一番紫外線を浴びていますよね。
紫外線を沢山浴びると、活性酸素が発生し白髪の原因となってしまうのです。

 

更には、頭頂部の中心辺りは、胃の不調が出やすいとも言われています。
あまりにも頭頂部の白髪が集中して多い時は、胃が消化不良を起こしているか、胃潰瘍などのような胃の病気のサインかもしれませんよ。

 

生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNG!

 

白髪が目立ってくると、一般的な白髪染めで頻繁に染めたくなりますよね。
でも、それはあまりおススメではありません。
白髪染めが染まる仕組みを見てみるとお分かりいただけると思います。

 

 

白髪染めが染まる仕組み

生え際に生えてきたばかりの白髪は、色は白色ですが、いたって健康でキューティクルがしっかりと閉じている状態です。

 

そこに、1剤のアンモニア(アルカリ剤)で髪のキューティクルを開き、そこに染毛料を染み込ませます。
そして、過酸化水素(ブリーチ剤)で化学反応を起こさせ、残っている黒色のメラニン色素を破壊して染め上げます。

 

これを聞くだけで、一度染めただけでもかなりダメージが大きいことがお分かりですよね。
これを頻繁に繰り返していると、髪の毛は不健康になり、最終的には髪の毛が溶けてしまう!なんてこともあるのですよ。

 

頭皮にも影響ある?

もちろん、ダメージを受けるのは髪の毛だけではありません。
頭皮も大きなダメージを受けます。

 

筆者も一般的な白髪染めを使用した際に、頭皮が痒くなり、即使用を中止したことがあります。
先ほど述べました様々な成分、アルカリ剤や染毛料、過酸化水素などが頭皮に強い刺激を与えるからです。

 

頭皮はお肌と同じ弱酸性なので、アルカリ性は強い刺激物になるのです。
しかも、このような成分を髪の毛と頭皮に塗って、15分~30分ほど放置するものが多いので、頻繁に使用していると頭皮トラブルになってしまうのです。

 

生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良い?

 

一般的な白髪染めを頻繁にするのがNGなのでしたら、目立つ白髪はどうしたら良いのでしょうか。
次回染めるまでの間は、白髪隠しでごまかす!という方法があります。

 

以前は、口紅タイプやマスカラタイプだけで、塗りにくく染まりにくいという点がありましたが、最近のはとても使いやすくなっているのですよ。

 

スティックタイプ

筆者はこのタイプを長年愛用しています。
くし型やブラシ型になっていることが多く、髪をとかすように根元から塗れて、地肌を汚すことなく簡単に白髪を隠すことが出来ます。
とにかく、時間を取られないので、出かける前にさっと白髪を隠すことが出来る点がとても気に入っています。
濃淡がつくタイプではなく均一に付くので、仕上がりがとても綺麗ですよ。


ファンデーションタイプ

お顔に使うファンデーションと同様に、スポンジに取って白髪に付けるタイプです。
広範囲の白髪隠しに最適です。また、薄毛で透けて見えてしまう頭皮を隠すためにも有効活用出来ます。
ただ、部分的な白髪隠しには少し不向きかもしれませんね。


クリームタイプ

付属に小さなブラシが付いていることが多く、そのブラシにクリームを付けて白髪を隠します。
クリーム状なので、伸びが良く、速乾性があるのも魅力のひとつです。
乾いた後、手で触っても付かないのが安心ですよね。
ウォータープルーフで汗や水分に強いものの多く、色落ちしにくいので、突然の雨などにも心配は要りませんね。


マスカラタイプ

マスカラタイプの魅力は、何と言ってもピンポイントで細かい所までカバー出来ることです。
こめかみや生え際の白髪など、1本1本細かい白髪隠しにおススメです。
ただ、アイメイクのマスカラと同様に、ダマになりやすいので少量ずつ付けていくのがポイントになりますよ。


このように様々なタイプの白髪隠しがあります。
使い方は、メーカーやタイプによっても違いますが、基本的に濡れた髪や半乾きの髪に塗るのはNG!と覚えておいてくださいね。
色付きが悪くなるので、勿体ないですよ。

 

あと、白髪隠しを付けた後に、スタイリング剤を使用すると色落ちしてしまう場合があります。
白髪隠しは、スタイリングを済ませてからのお出かけ前にするのがベストです。

 

白髪隠しを使った日は、いつもより入念にシャンプーを行って下さいね。
髪の毛や頭皮に良くないのはもちろんのこと、タオルや枕カバーに色が付いてしまうこともありますので、注意して下さいね。

 

生え際の白髪を綺麗に染められる白髪隠しはコレ!

それでは、具体的におススメ商品をご紹介していきましょう。

 

シエロ コーミングカバー

筆者が長年愛用している白髪隠しです。
くし型マーカーで、5本のくし歯と4本のマーカーが交互に並んでいるので、髪をとかすように塗った時に地肌につきません。
これが、私が気に入っている最大のポイントです。

 

液を調節する必要もなく、とにかくサッと髪をとかすように塗るだけで、地肌を汚すことなく綺麗に染まるので、毎日が忙しい私にとっては便利な必須アイテムです。
ただ、時間が経つと少し白髪が浮いてくる感じになるので、持ち歩いて、気づいた時に塗り直しをしています。


グリーンノート ヘアカラーファンデーション

天然由来100%の自然派の白髪隠しです。
髪を潤す植物エキスを配合しているので、白髪隠しによくありがちなベタつき感がなく、自然な仕上がりになります。
とにかく天然に拘っているメーカーなので、石油系成分やシリコンが一切入っていない点で、他の白髪隠しよりも優位だと言えるでしょう。
白髪隠しはしたいけれども、髪を傷めたくない方に是非おススメの商品です。


DHC Q10クイック白髪隠し

クリームタイプの白髪隠しです。
他のタイプの白髪隠しは、時間が経つと白髪が浮いてくる感じがあるものも否めませんが、このクリームタイプの白髪隠しは、髪への馴染みがよく長持ちすると好評です。

 

ただ、付属の小さ目のブラシが少々使いにくいという難点と、クリームを髪に付け過ぎると乾くのに時間がかかるので、髪に付ける量には気を付けなければなりません。初心者には慣れるまで時間がかかりそうですね。


ビゲン ヘアマスカラ

昔のマスカラタイプよりは比べものにならない程、使いやすくなっています。
マスカラというよりは、コーム型に近いので、マスカラ特有の髪が絡まることがなく、セットした髪が乱れることがありません。
椿オイルを配合しているので、付けた所がパサつかずしっとりする点も好評のようですよ。


カラーニュ ヘアマスカラ

とても可愛らしいパッケージなので、白髪染めだと分からない点がイマドキ女子にも好評のようです。
ブラシの先端部分にチップがあり、1本1本の白髪をピンポイントでカバー出来るようにもなっています。

 

使う度に徐々に染まっていく美容液ヘアマスカラなので、その日限りではなく手軽な白髪染めと言ったところでしょうか。


資生堂 ブラッシングヘアカラーa2

資生堂がおくるマスカラタイプの白髪隠しです。
マスカラタイプの中では、使いやすさが抜群と好評です。

 

他のメーカーのものより、ブラシが太く、毛の密度も丁度良いため髪に絡まらないようです。
何度か重ね塗りをすると、しっかりと白髪が隠れます。
マスカラタイプなので、広範囲の白髪を隠すのには向いてないでしょう。


スティーブンノル ハイドロシャイニング ヘアマスカラ

白髪を隠しながら、髪にツヤを与える商品として売り出されているハイドロシャイニングのヘアマスカラ。
髪にツヤを与えるという点が、自然な仕上がりにしたい人には不向きになるかもしれません。
髪にツヤは出ますが、少しパリパリになり、整髪料が付いている感じになるからです。

 

マスカラタイプに多いスクリューブラシではなく、くし型になっています。
髪1本1本に色が付きやすく、初心者の人でもうまく白髪隠しができますよ。


サロンドプロ カラーオンリタッチ 白髪かくしEX

マスカラタイプです。継続利用することで徐々に白髪が染まり、だんだん目立たなくなってきます。
速乾性も良く、多少汗をかいても色落ちしません。

 

ただ、顔や手に付くと、石鹸で洗ったぐらいでは落ちないので、付ける時に注意が必要です。
他のメーカーのものより色展開が多いので、自分の好みの色を選べるのも良いですよね。


生え際の白髪を防ぐための5箇条

 

髪に良い栄養素を摂る

私たちの髪は食べ物の栄養から出来ています。
必要な栄養素を色素のメラノサイトまで届けていれば、白髪を防ぐことが出来ます。

 

具体的には、メラニン色素を作り出すヨードを含む海藻類。
低カロリーのタンパク質が摂れる大豆製品や豆類などです。

 

また、髪に栄養素を届ける役割をするのは血液ですよね。
その血液を薄くしてしまうような香辛料などの辛い食品は避けるようにして下さいね。

 

睡眠をしっかりととる

睡眠は長ければ良いというものではなく、質の良い睡眠がポイントになってきます。
髪が成長する時間帯は、22時~2時と言われています。
このゴールデンタイムに質の良い眠りにつくことで、強い髪に育てることができ、白髪の予防にもなるのです。

 

頭皮の血行を良くする

頭皮の血行を良くすることで、髪に必要な栄養素が行き渡ります。
ご自身で頭皮マッサージは難しいと思うので、頭皮マッサージャーなどの力を借りるのをおススメします。
継続的にマッサージをすることで、白髪だけでなく、抜け毛予防や育毛にも効果が期待出来ますよ。

 

ストレスを溜めないようにする

ストレスを溜めすぎると、血管が収縮してしまい髪に血流が届きにくくなります。
栄養素が行き渡らず、メラノサイトの働きが弱くなってしまうので、結果白髪になってしまいます。
マリーアントワネットが、ストレスで一夜のうちに白髪になってしまったのは有名なお話ですよね。
自分自身のリラックス方法を見つけ出し、日常に取り入れるようにしましょう。

 

鉄分を積極的に摂取する

鉄分が不足すると貧血になりますよね。
貧血になると、ヘモグロビンが減少し身体が酸欠状態になります。
酸欠状態になると、髪の毛を生成するメラノサイトに酸素や栄養が行き届かなくなります。
その結果、白髪になってしまいます。

 

女性は特に貧血になりやすいので、鉄分や亜鉛、ビタミンなどが豊富に入っている食材を積極的に摂取することで、貧血どころか白髪の予防にもなるのですよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
白髪は遺伝によるものだと諦めていた方も多いのではないでしょうか。
遺伝によるものもありますが、日常生活で気を付けていれば防げることも多いですよね。
この機会に生活習慣を見直して、栄養や睡眠をしっかりと取り、血流を滞らせないようにすることを心がけてみてはいかがでしょうか。
長年の白髪の悩みが改善するかもしれませんよ。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る