50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めは?

 

まず最初に問題です。
50代女性で白髪を気にしている人は、全体の何%くらいいるでしょうか?

 

答えはなんと、97%!(花王「みんなの意識調査」より)

 

30代後半には50%を超える女性が白髪を気にし始め、50代に入るとほぼ全員が白髪の悩みを抱えることになります。
さらに70%の人は「髪に艶がなくなった」と感じ、82%が「ハリ・コシがなくなった」と回答しているのです。

 

あなたは白髪をどうしていますか?
髪の毛のケアは充分にできているのでしょうか?
50代の白髪と頭皮のケアについて考えます。

 

 

白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代

 

 

若いころはつやつやで天使の輪ができる黒髪だったのに、ある日ふと気づくとアレ?なんで?
30代40代となんとなく過ごしてきてしまった髪に突然現れる老化のサイン。
50代女性の多くが、こんな髪の悩みを抱えています。

 

50代女性・髪の悩みベスト5

1位:白髪が増えて染めないと外へ出られない
2位:変なうねりが出て髪がまとまらない
3位:抜け毛が増えて根元がスカスカ、地肌が見える
4位:細くてコシがない猫毛になってしまった
5位:ゴワゴワでパサパサ、いつも水気が足りない

 

猫毛の上にくせ毛で、毛が細くなった分余計に地肌が透けて見え、更には染めても染めても根元から白髪が伸びてきます。
髪の毛の立ち上がりも弱いからぺったりとボリュームのないシルエットになり、そのくせ手触りはゴワゴワしてしっとり感ゼロ。

 

こうしてまとめてみるとかなりガッカリな感じですが、程度の差こそあれ50代女性の多くは少なくともこの中に1つや2つは思い当たることがあるのではないでしょうか。
普段から気を付けているはずなのになぜ、いつの間にこんなことになってしまったのでしょう。

 

50代、髪質が大きく変わる原因とは?

髪質が変化したということは、何か原因があるはずです。
もちろん個人的な体質の差というものはありますが、50代女性に共通する問題点も確かに存在します。その問題点とはいったいどんなものなのでしょう。

 

  • 更年期前後でホルモンバランスが劇的に変化する(発毛量の減少)
  • 老化によって皮膚そのものの再生力や活力が落ちてくる(ハリやコシの衰え・白髪)
  • 皮膚のゆるみに伴って毛穴の形が細長く変わる(髪のうねり)
  • シャンプーや白髪染めによるストレスで地肌が痛めつけられる

”更年期”や”老化”
いやな言葉ですが、誰でも経験する自然で当たり前の現象です。
現代の科学では、どんな美女でも富豪でもこれを避けることはできません。

 

それでも人によって髪質の変化に幅が出てくるのは、一番最後に挙げたヘアケアに大きな原因が隠れていると考えることが出来ます。
特に早い人では10代から始めるヘアカラーは、長年の蓄積によって髪質に大きな影響を与えている可能性も。
なぜヘアカラーが髪質の劣化に拍車をかけるのか、こんな理由が挙げられます。

 

白髪染めをすると髪が抜ける?白髪になる?!

 

 

カラースプレーなどの一時染めを別として、ヘアカラーには大きく分けて3つの方法があります。

 

  1. 髪色を明るくするためのブリーチ
  2. 髪の表面だけを着色する:ヘアマニュキュア・カラートリートメント など
  3. 髪の芯まで色を付ける:白髪染め・ヘアカラー(おしゃれ染め) など

 

中でも〈3〉のサロンや家庭で行う白髪染めやヘアカラーは「永久染毛剤」と呼ばれる医薬部外品を使い、しっかりと色がつくことと色もちが良いことで全年齢に利用者が多い方法です。
しかしこの永久染毛剤は髪と頭皮に与える影響が大きいことが話題となり、テレビなどでもたびたび取り上げられるようになりました。

 

特に髪の毛を脱色したり染料を酸化させて発色させるために配合されている「過酸化水素水」は地肌への刺激が非常に強く、毛根で色素を作る細胞にもダメージを与えることが判明しています。
また染色剤として使われている「ジアミン類」は海外ではアレルゲンや発がん性物質とされ、法律で使用を禁止する国も出ています。

 

どちらも使い続けることで皮膚に蓄積し、ある日突然アレルギーやひどい場合はアナフィラキシーショックを起こすことがあり、何年も白髪染めを続けてきた40代以降ほどその影響が出やすくなっていきます。
頭皮が弱れば当然発毛力が衰えて髪の毛の質は低下しますし、色素が作れないため白髪も増えるという悪循環です。

 

髪をいたわりたい50代女性におすすめな白髪染めは?

とはいえ、まだまだ若く見られたい50代。
白髪交じりのまま過ごすわけにもいきませんよね。

 

頭皮をできる限り健康なままに維持しながら髪色を美しく染めるためにお勧めしたいのが、髪の表面だけに色を付けてくれる「ヘアマニキュア」と「カラートリートメント」です。

 

この二つは共に化粧品である「半永久染毛料」に分類されてよく似ているように見えますが、実はかなりの違いがあります。
どこが違うのか、どんな人に向いているのか、お勧めの商品と共にご案内しましょう。

 

白髪用ヘアマニキュアとはどんな染色剤?お勧めは?

ヘアマニキュアは読んで字のごとく、髪の表面だけに着色する染色方法です。
キューティクルを開かないので髪の傷みが少なく、一度でしっかりと色を付けることが出来ます。
ヘアマニキュアにはこんな特徴があります。

 

ヘアマニキュアの利点と弱点

 

利点

  • キューティクルをはがさないので髪へのダメージが少ない。
  • 脱色剤不使用でツンとする刺激臭がない。
  • 1度の使用でしっかり色がつき、2~3週間程度色もちする。

弱点

  • 地肌に色がつくと落ちないので注意が必要。根元近くは染めにくい。
  • シャンプーのたびに少しづつ色が落ちる。
  • 黒髪には色が入りにくいので、明るすぎる色を選ぶと白髪だけが浮いてしまうことも。

 

白髪がそれほど多くない人や染める回数を減らしたい人には、タール系の染料を使って1度でしっかり色づくヘアマニキュアがお勧めです。
逆に白髪が多目の場合はどうしても根元から伸びてくる白髪が目立つため、頻繁に使用する必要が出てきます。
コストもかかり、重ね付けをすると黒っぽく重い色になりがちなので、白髪が多い人はヘアマニキュアを繰り返すよりもカラートリートメントの方が相性が良いかもしれません。

 

50代のお勧めヘアマニキュア1:ミルボン ファルグラン 酸性ヘアカラー

多くの美容院で使われているプロフェッショナル用のヘアマニキュア。
白髪もしっかりと色づき、美しい発色とツヤで高い評価を得ている製品です。
一般の白髪染めと比べてもそん色ない染まり具合ながら、敏感肌やアレルギーでも使えるのがうれしいですね。

 

ミルボン(MILBON )はヘアケアとヘアカラーの専門メーカーです。
市販品よりもサロン用が多いのであまり目にする機会はありませんが、通販で取り寄せることが出来るようになってファンが増えています。
白髪をしっかり染めつつ髪全体のトーンを統一したい方にお勧めです。


50代のお勧めヘアマニキュア2: イリヤ コスメティクス カラーコート デコレ

こちらも現役の美容師が勧めるヘアマニキュアです。
ジェルタイプで吸着力が良いため髪の毛1本1本にしっかりと染まり、垂れ落ちにくいので頭皮に付いてしまう心配もありません。

 

27色という圧倒的な色数も人気の理由で、黒髪も白髪も1度で美しく染まります。
染め上がりはしっとりとしてツヤがあり、白髪染めでダメージを受けた髪を生き生きと美しく見せてくれます。


白髪用ヘアカラートリートメント

同じように髪の表面にだけ色を付けるカラートリートメントですが、ヘアマニキュアとは染料の種類が違います。
植物性で化粧品にも使われるHC染料を使っている製品が多く、髪や地肌へのストレスはとても低くおされられています。
カラートリートメントの特徴をまとめるとこうなります。

 

カラートリートメントの利点と弱点

 

利点

  • 植物由来の原料を使用していて刺激が少ない
  • 皮膚についても染まりにくく、根元や生え際も染めやすい
  • トリートメント効果が高くいつもつやつやの状態が保てる
  • 髪や地肌の栄養成分を配合しており髪質の向上が期待できる

弱点

  • 1度ではしっかりと黒く染まらず、最初の数回は連続で使う必要がある
  • 色もちが1~2週間と短めなので周期的に使う必要がある

 

髪の根元や生え際が気になる人や、白髪が全体の半分を超えるくらいになるとお勧めなのがカラートリートメントです。
ガッツリ染まる感じはありませんが、繰り返し使うことで徐々に白髪が目立たなくなり、週に1度程度の使用でずっと黒髪を維持することが出来ます。
ヘアマニキュアを繰り返すと髪が固くなる感じがする人でも、カラートリートメントならいつもサラサラの状態が維持できるのでお勧めです。

 

50代のお勧めカラートリートメント1:LPLP(ルプルプ)

カラートリートメントのランキングでは常に上位を争う実力派です。
その理由は海藻由来の成分フコイダンをW処方して、髪と地肌の健康を高める効果が期待できること。
保湿力も非常に高く、乾燥を防いでしなやかな髪を保つことが出来ます。

 

染料をはじめほとんどの成分が植物性で、香料もラベンダーやローズマリーのエッセンシャルオイルのみ。
カラートリートメントの中では比較的しっかりと染まるので、白髪が増える40代以上の女性に人気です。


50代のお勧めカラートリートメント2:利尻ヘアカラートリートメント

完全無添加・無香料で、アレルギーのために白髪染めを諦めてしまった人にも使えると人気のカラートリートメントです。
LPLPと同じく海藻由来の粘り成分による保湿効果が高く、28種類も配合されている植物由来の美容成分が美髪を作ってくれます。
色の入りはそれほど強くありませんが、毎日使ってもまったくダメージがないのでヘアケアと白髪染めを両立したい人にはうれしいカラートリートメントです。


50代のお勧めカラートリートメント3:レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー

髪を染めながら地肌の健康まで手に入れられると評判の製品です。
このレフィーネの特徴は、スパという名の通り頭皮マッサージにも使えるということ。

 

一般の白髪染めは極力地肌につかないように気をつけなければならないのに対し、髪に塗った後で揉み込むようにマッサージすることで頭皮の血行を良くして髪の健康をアップしてくれるというから驚きですね。
色の染まりも良く、薄毛や細毛に悩むようになった世代の支持が高いカラートリートメントです。


ここに注意!白髪染めをする時に気をつけたいこと

 

自宅でも簡単にできるヘアマニキュアやカラートリートメントですが、いくつか気を付けておきたいことがあります。
自宅染めで注意すべき5カ条は以下の通りです。

 

「素手で塗れる」製品であっても手袋を使いましょう

ヘアマニキュアは髪よりも地肌に染まりやすいという弱点があることはご紹介の通りです。
一方のカラートリートメントは多くの製品で素手での使用をアピールしていますが、それでもやはり手袋は使った方が無難。
手肌に付いた色は洗い流せますが、爪の間に入った染料は簡単には落とせないからです。

 

さらにヘアマニキュアやカラートリートメントの専用ブラシを使えば、塗り残しや周囲にうっかり触って汚してしまうことも防げますから、できれば1本用意したいものです。

 

まわりに飛び散らないように注意!

床や壁に飛び散った染料は、一度しみついてしまうとなかなか落とすことが出来ません。
気付くと洗面所やバスルームに点々と黒っぽいシミがついてしまってブルーな気分に。

 

あらかじめ新聞紙を敷くなどの準備が出来れば最高ですが、シャンプーの時に使う場合でもまわりへの飛び散りは充分に注意しましょう。
洗い流すときにかたまりで落ちた染料がそのままこびりつくのを防ぐため、初めはできるだけ低い姿勢であまり広い範囲に色のついた水が広がらないように気を付けます。

 

万一染料がこびりついてしまって落ちなくなった時は、塩素系の漂白剤をティッシュなどに染み込ませて汚れた部分にパックしてみて下さい。
ほとんどの場合は目立たない程度まで黒ずみを落とすことが出来ます。

 

生え際や耳にはクリームを塗っておくのが安心

ヘアマニキュアは皮膚につくと色が落ちなくなります。
そのため髪の毛に塗るときも地肌から少し浮かせて塗るくらいの注意が必要になりますが、万一耳や生え際についてしまったときも、色がつかないように準備をしておくと安心です。

 

薬局で売られている白色ワセリンやコールドクリームを、指を使って生え際に塗っておきましょう。
耳全体と襟足も忘れないようにしてくださいね。
カラートリートメントは皮膚への染色はほとんどありませんが、規定時間より長めに放置する場合は念のためにクリームを塗っておくことをお勧めします。

 

すすぎは充分過ぎるくらいしっかりと!

自宅染めでよく聞くコメントに、「枕に色が移る」「汗をかくと茶色い水が垂れてくる」などというものがあります。
この原因はほとんどの場合、ヘアマニキュアやカラートリートメントのすすぎ不足です。

 

どの製品にも必ず書かれていますが、すすぎは水に色がつかなくなるまで充分に行いましょう。
特に髪の毛の根元は染料が残りやすいので要注意。
シャワーヘッドを頭皮に当てるイメージで、たっぷりのお湯で地肌まで充分に洗い流します。
サロンでのシャンプーの、タプタプと手のひらにためたお湯で根元をすすぐ感覚が理想です。

 

濡れた髪を放置するとニオイや色落ちの原因に

髪を染めた後は、すぐにドライヤーを使って根元までよく乾かすことを推奨します。
濡れた状態で髪の毛がこすれあうと、表面をコーティングした染料が落ちやすくなります。
それでなくても湿った頭皮は雑菌の温床になりやすく、いやなにおいの発生源になってしまうことも。

 

自然乾燥が好きだからと放置するよりも、素早く乾かしてあげる方が髪にも地肌にも優しいのです。
髪の毛を持ち上げるようにして、特に頭頂部はしっかりと風を当てましょう。

 

50代、傷んだ髪を保護する簡単ケア方法

 

 

せっかくきれいにカラーを入れていても、元々の髪の毛がうねうねゴワゴワでは台無しですね。
最初にお話しした通り、50代の髪の毛は様々な問題を抱えています。
美しくハリのある髪の毛を維持するために、家庭でできる簡単なケア方法を抑えておきましょう。

 

50代になったらシャンプーも真剣に選ぼう

20代30代ならツヤや香りでシャンプーを選ぶのも良いですが、頭皮が衰え始める年齢になったらそれではダメ。
まず考えるべきは”いかに頭皮にストレスを与えずに汚れだけを落とせるか”ということです。
”良い香りだから””安いから”なんて理由でシャンプーを選び続けていると、頭皮はどんどん劣化してしまいます。

 

そこで登場するのが、「ノンシリコン」「アミノ酸系」の2つのキーワードです。

シリコンが含まれているシャンプーを使えば、コーティングされた髪の毛はサラサラの手触りになります。

 

でもシリコンが地肌に残ってしまうと毛穴が詰まり、それでなくても分泌量が減りつつある皮脂だけでは頭皮の潤いを保つことが出来なくなってしまいます。
洗浄力が強すぎるシャンプーも、地肌の乾燥を進めてしまうためNG。
マイルドで汚れだけを落とせるアミノ酸系のシャンプーであれば、必要以上に皮脂を落とし過ぎるのを防いでくれます。

 

過度なさっぱり感も強すぎる香料も、もはや頭皮にとってはただのストレスでしかありません。
50代のシャンプーは、「落としすぎず」「与えすぎない」ことに重点を置いて選びましょう。

 

それでもパサつく髪には「洗い流さないトリートメント」

うねりが出始めた髪は、ともすると広がってまとまりがつかなくなってしまいますね。
特に長年白髪染めをしてきた人には多い悩みなのではないでしょうか。

 

ヘアマニキュアやカラートリートメントを続けることで徐々に改善される可能性は高くなりますが、それでも一度傷んでしまった髪が復活するにはかなりの時間がかかります。
そんな時にお助けなのが、洗い流さないタイプのヘアートリートメントです。

 

忙しい朝でも毛先に軽くもみ込むだけで潤いを保ってくれるので、お昼過ぎに鏡を見てガッカリということもなくなります。
うねってばさばさな毛先は、あなたを年齢よりも老けた印象に見せてしまいます。
目立つ部分だからこそ、常にツヤのあるきれいな髪でいられるように努力したいものですね。

 

まとめ

 

お顔の手入れ、保湿や美白を何もしていないという人はほとんどいません。
でも女性の年齢を”実際以上に老けている”と感じさせるポイントの上位には、髪の毛の色や質感が挙げられます。
特に普段自分では見ることのできない後ろ姿に、年齢以上のやつれが現れてしまってはいないでしょうか。

 

50代女性にとって、白髪のケアが結構な負担になってしまうのも事実です。
毎日のシャンプーやトリートメントを上手に活用して健康なツヤ髪を保つことが出来れば、日々の生活はもっと楽しくて生き生きとした物になるはず。
いつまでも若々しい自分であるために、髪のこと、しっかり考えてみませんか。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る