男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!

 

30代頃から気になり始める白髪の存在。男だってそれは同じですよね!

 

しかし、ドラッグストア等で売られている白髪染めを見ると、女性用がほとんどで男性用はちょこっとだけ。男性用はなぜ種類が少ないのでしょう?
また、女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?

 

今回は、男性用白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方等についてまとめてみました。

 

 

【男性用白髪染め】女性用との違いは何?

 

市販されている白髪染めの「男性用」「女性用」の違いについてご紹介いたします。

 

成分的な違いは特にありません

一般的に、白髪染めは「男性用」「女性用」分けて販売されていますが、成分的な違いは特にありません。
男性と女性とで白髪のメカニズムに違いがあるわけではありませんので、染めるアプローチの仕方も同じなのです。

 

ですので、男性が女性用白髪染めを使用してもまったく問題ありません。

 

強いて言うなら「量」「カラーバリエーション」「香り」

ではなぜ、市販の白髪染めが男性と女性で分けて販売しているかと言うと、単純に「買いやすいように」です。

 

たとえば、男性は短髪、女性はロングヘアの場合が多いですから女性用白髪染めは中身の量が多めに入って売られていることが多いです。

 

また、男性用白髪染めが「ブラック」「ダークブラウン」「ブラウン」の3色くらいしかないのに対し、女性用白髪染めはもっと明るい色までバリエーション豊富ですよね。髪色を気にする女性が多いため、男性用よりもカラーが細分化して売られています。

 

また、女性は「香り」や「パッケージ」等にもこだわり、できるだけ「気分よく」使いたいと思うものなので、良い香りがする商品や容器や箱もオシャレな白髪染めが多いです。
対して男性は「染まれば良い」という場合が多いので、香りや見た目もシンプルな商品が多いのです。

 

男性用白髪染め★上手に染める方法について

 

 

ではここで、男性用白髪染めを上手に染めるポイントについてご紹介いたします。

 

1.気になる部分から先に染める

どんなタイプの男性用白髪染めであっても「気になる部分から先に染める」のが鉄則です。

 

白髪染めは放置時間を長く置くほどよく染まりますので、「白髪の多い部分」や「目立ちやすい生え際・分け目」等に最初に塗布します。
特に白髪は黒髪に比べて「太く固い」という性質がありますので、白髪染めの染料が浸透するのにも時間がかかります。
気になる部分から先に染めて長く時間を置くことで、全体の仕上がりが自然で均一になるのです。

 

2.量はたっぷり使う

男性用白髪染めを使用する際、量はケチらずたっぷり使うようにしましょう。

 

特に生え際は産毛も多く白髪染めが密着しにくい箇所なので、量が不十分だと「うまく染まらなかった」という結果になることがあります。
また、白髪が集中して生えている部分にも特にたっぷり塗布してあげないと、他の部分との色ムラが出やすくなってしまいます。

 

うまく染まらず、また染め直すことになれば二度手間になるし、かえって量をたくさん使う結果にもなってしまいます。

 

3.放置時間を長めに置く

「あまり白髪染めに余計な時間をかけたくない」という男性が多いでしょうが、せっかく染めるならばきちんと時間をかけて染料が馴染むのを待つ方が賢明です。
もちろん長時間放置すれば良いというわけではなく、放置時間の目安は商品ごとに記載されているマニュアルを守るのが一番です。

 

髪質にもよりますが、男性は固い毛質の方が多いので、たとえば「放置時間10~15分」などと記載されている場合は、マックス15分置いた方が確実によく染まるでしょう。
本を読んだりスマホを見ていたりすれば、あっという間にそれくらいの時間は過ぎてくれますからね。

 

4.できればドライヤーで温める

実は白髪染めには「温度」が大切です。
低い気温の中では白髪染めはうまく染まりません。

 

男性用白髪染めをする際の適度な室温は20~30℃です。
これより寒い部屋ではうまく染まらない可能性があるので注意しましょう。

 

また、よりよく染めたければ「白髪染めをしている間に髪を温めてあげる」のが有効です。
放置時間中に、低音でドライヤーの熱を髪に当ててあげると染まりやすいでしょう。
ただし、あまり高温のドライヤーを当てると髪を傷める可能性がありますので、あくまで「低音でじわじわ温める」を意識するのがコツです。

 

【男性用白髪染め】選び方のポイント

 

 

ここでは具体的に、市販の男性用白髪染めを購入する際の選び方のポイントをご紹介いたします。

 

1.頭皮へのダメージが少ないこと

これは重要なポイントです。
男性用白髪染めを選ぶ際は「頭皮に優しいこと」を重要視しましょう。

 

髪の毛自体は、最悪傷めてもまた健康な毛が生えてきてくれますよね。
ですが頭皮を傷めてしまうと「もっと白髪が増える」「薄毛になる」「毛が細くなる」などのトラブルを引き起こしてしまいます。

 

一般的な「ヘアカラータイプの白髪染め」は、一度でしっかり着色してくれますが、その分強い薬剤を使用していますので、頭皮に直接触れると地肌にダメージを与えてしまいます。
特に「スピードタイプ」など短時間で染め上げてくれる商品は、効果が強い分刺激も強くなります。

 

先々のことまで長い目で髪のことを考えるならば、頭皮へのダメージが少ない「ヘアマニキュアタイプ」や「ヘアカラートリートメントタイプ」を選ぶ方が良いでしょう。

 

2.無理なく継続的に購入できる価格帯

加齢により白髪になった髪は、もう黒髪に戻ることはありません。
(※ただし病気等で一時的に白髪が発生した場合を除きます)

 

今後ずっと付き合っていかなければならない白髪染めだからこそ、無理なく継続的に購入できる価格帯のものを選びたいですよね。
いくら良い商品でも、あまり高額で「たまにしか買えなくていつも白髪が出てる…」とか「白髪染め代で小遣いがなくなる…」なんて切ないですからね!

 

高額でなくても良い品はたくさんあります!
男性用白髪染めを選ぶ際は有名なブランド名等に誤魔化されないようにしましょう。

 

3.なるべく「黒に近い色」

男性であっても好みで「明るい茶色」等を選ぶのは自由ですが、失敗ないことを基準にするならば、男性用白髪染めはできるだけ「黒」に近い色を選ぶ方が無難です。
なぜなら白髪染めは、濃い色ほどよく染まりやすいからです。

 

これは白髪染めの原理によるもので、白髪染めは「脱色力が弱く、染毛力が強い」造りになっています。
つまり、白い髪に色を付けるのは得意ですが、黒い髪から色を抜くのは不得意なのです。
そのため「明るいカラー」を選んでしまうと黒髪の脱色が不十分で、全体的にまばらな髪色になってしまうことがあります。

 

頭の色に統一感がないと、かえって年寄り臭く見える原因になってしまいます。
失敗なく染め上げるなら、できるだけ黒に近い色を選んで統一感を出す方が良いでしょう。

 

4.色持ちが良い物を選ぶ

安い商品でも色持ちが悪ければ何度も染め直すことになり出費がかさみますし、刺激の強いタイプだと頻繁に使用することで頭皮へのダメージにもなります。
また、単純に「何度も染めるのは面倒くさい」という男性も多いですよね。
男性用白髪染めを選ぶ際は「色持ちの良さ」も基準にしたいところです。

 

最も色持ちが良いのは「ヘアカラータイプの白髪染め」です。
ヘアカラータイプは髪のキューティクルを剥がして内部に染料を浸透させる白髪染めなので、色抜けが少なく1ヶ月以上長持ちします。
ただし、薬剤の刺激が強いため髪や頭皮の負担が大きいのは言うまでもありません。

 

「ヘアマニキュアタイプの白髪染め」は、髪の表面を覆って着色する方法なので髪への負担が少なく済みます。
しかし1~2週間で色抜けしてしまうというデメリットがあります。

 

「トリートメントタイプの白髪染め」は最も色持ちが悪く5日~10日程度で色抜けしてしまいます。
ただし、毎日でも使えるほど髪と頭皮に優しいので普段のシャワータイムで使用するのを手間に感じなければ継続的に染め続けられます。

 

これらを総合的に考えると、頭皮の丈夫さに自信がある方は「ヘアカラータイプの白髪染め」を。
先々の頭皮ダメージが心配な方は「ヘアマニキュアタイプ」か「トリートメントタイプ」の白髪染めの中から、なるべく色持ちが良い商品をネットの口コミ等を参考に選ぶ。というのが、色持ちを考えた際の良い選び方でしょう。

 

5.自然に染まるもの

いくら男性でも「いかにも染めてきました!」というのが周囲にバレバレでは恥ずかしいですよね。
男性用白髪染めを選ぶ際は、「自然に染めてくれるもの」がベストでしょう。

 

髪は平均1ヶ月に1cmほど伸びますので、「染めても染めてもまた生えてくる」感は否めませんよね。
かと言ってしばらく放置していれば白い部分が多くなってしまい、染めた時との印象の差がクッキリ現れてしまったり。

 

「気付かれずに徐々に染める」を意識するならば、日々のシャンプー時に使える「トリートメントタイプの白髪染め」が最適と言えるでしょう。

 

男性にもおすすめの白髪染めを厳選紹介!

 

ではここで、男性にもオススメな白髪染め商品をご紹介していきますね!

 

利尻カラーシャンプー

洗髪するたびに白髪を染めてくれる、画期的な白髪染めシャンプーです。
使い方は、いつものシャンプーの代わりに使って洗い流すだけ。

 

個人差はありますが、使って3日目くらいから理想の髪色に近付きます。
日々の使用で徐々に染め上げてくれるから、自然でムラなくキレイな仕上がりに。

 

植物由来の天然色素が髪と頭皮をいたわり、キメ細かな泡が髪の一本一本に密着するから根本からキレイに染まります。
ミネラル豊富な北海道利尻産の天然利尻昆布をはじめとする27種類の潤い成分配合で、白髪を染めながらしっとりツヤ髪に導いてくれます。
無添加・ノンシリコンで、髪と頭皮のことを考えた抜いた優しい白髪染めです。


メンズビゲンカラーリンス

通常のシャンプーのあと、リンス変わりに使うだけで自然に染め上げてくれる白髪染めです。
使うたび徐々に白髪が目立たなくなっていくのを感じるから、仕上がりの様子を見ながら好みの色合いに染められます。

 

アロエエキスや海藻エキスを配合したハイトリートメントタイプの白髪染めで、直接手で塗ることができます。
シャンプー後に塗布して約5分放置してから流すだけ。
爽やかなシトラスマリンの香りで、わざわざ白髪染めをしているというストレスもありません。


スカルプDヘアカラーコンディショナー

シャンプー後のタオルドライした髪に塗布して5~10分置いて流すだけの男性用白髪染めコンディショナーです。
浸透型コラーゲンと浸透型ケラチンのWの働きで、トリートメントタイプの白髪染めにありがちな「染まりの悪さ」を改善し、さらに色持ちもアップ。
独自成分「黒豆豆乳発酵液」配合で、染めるだけでハリ・コシのある髪に導きます。

 

保湿成分・頭皮健やか成分配合の、地肌に優しい白髪染めです。
爽快感のあるミントの香りで、白髪染め独特の嫌な匂いもありません。
最初は3日続けて使用し、その後は週1~2回の使用でOKです。


まとめ

白髪とは今後ずっと付き合っていくものと考え、男性用白髪染めはできるだけ髪や頭皮に負担をかけない商品を選びたいものです。
自分に合わない方法や、頭皮に負担をかける商品で、「ますます白髪が増える…」「髪が抜ける…」などの事態になるのは避けたいですね。
男性用白髪染めは「成分」「色持ち」「コストパフォマンス」などを総合的に鑑みて賢く選びましょう!

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る