【白髪染め情報】白髪は部位によって生える原因が違う!部位別の染め方!

 

人によって『白髪の出やすい部位』ってありますよね。
それ以外はあまり気にならないのに、「頭頂部ばかり生えてくる」とか「耳の周りばかり生えてくる」とか。
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。

 

今回は部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!

 

 

白髪が生えてくる直接の原因とは?

 

白髪の生える原因は、実は部位ごとに違うと考えられています。
その仕組をご説明していきますね。

 

白髪の直接の原因はメラノサイトの機能低下

部位ごとに白髪の原因が違うとはいえ、髪が白くなって生えてくる直接の原因はすべて「メラノサイトの機能不全」です。
メラノサイトとは、髪を黒く着色するメラニン色素を作り出す色素細胞のこと。

 

髪に色を付ける工場みたいなものですね。
このメラノサイトが働くことにより、正常な髪は色が付いた状態で生えてくるワケです。
しかし、何かの原因があると、このメラノサイトの数が減少したり機能しなくなったりしてしまいます。

 

白髪の原因「メラノサイトが機能低下」する理由

白髪の原因となる、メラノサイト(色素細胞)の機能低下。
その原因として考えられるものは、以下の通りです。

 

老化 細胞は酸化することで老化していきます。メラノサイトも老化すればだんだんと機能しなくなっていきます。
病気・体の不調 東洋医学で、よく「ツボ」って言いますよね。頭にも「ツボ」があり、身体に異常があるとそれに応じたツボのある部位に不調のサイン(白髪)が現れると言われています。
ストレス ストレスを受けたカラダは自律神経のバランスを崩してしまいます。自律神経がバランスを崩すと頭皮に充分な血流が行かなくなり、メラノサイトの機能が落ちてしまうと考えられます。
喫煙 タバコに含まれる「ニコチン」は血管を収縮させる働きがあります。収縮した血管は充分な血流を促すことができないため、メラノサイトの働きを悪くします。
栄養不足 偏った食生活や、無理な食事制限などで栄養が不足し色素細胞に充分な栄養が行き渡らないと、メラノサイトは機能低下を起こします。
遺伝 髪の分野は生命維持に関わらないため研究が遅れていて、なぜ遺伝するのかはまだ解明されていません。しかし、親に白髪が多いと子も多い、という傾向があります。

 

では、これらの情報に鑑みて「部位ごとに白髪の出る原因」をご紹介していきましょう。

 

白髪は部位によって生える原因が違う!【部位別の原因一覧】

 

頭の左半分 右利きの人や数字を扱う職業の人などは左脳を酷使するため、頭の左側に白髪が出やすいと言われています。
頭の右半分 左利きの人や芸術関係の職業の人などは右脳を酷使するため、頭の右側に白髪が出やすいと言われています。
頭頂部 消化器系の病気や不調(胃潰瘍・消化不良など)のサインが白髪として現れると言われています。また、頭頂部にある「髪の分け目」は日光に当たりやすく、紫外線を浴びやすい場所でもあります。紫外線を浴び続けるとメラノサイトがダメージを受けるため、頭頂部の分け目は白髪になりやすいとも考えられます。
頭頂部左 肝臓の病気や不調のサインが白髪として現れると考えられます。
頭頂部右 腎臓の病気や不調(むくみ等)のサインが白髪として現れると考えられます。
つむじ 肺・心臓の病気や不調のサインが白髪として現れると考えられます。
前頭部 肛門の病気や不調(痔・便秘など)のサインが白髪として現れると考えられます。
額・こめかみ 目の病気や不調(眼精疲労など)のサインが白髪として現れると考えられます。特にこめかみには神経細胞が通っているので、仕事のストレスや長時間のパソコンやスマホの使用等で神経が疲れていると、まとまった白髪が出やすくなります。
耳のまわり 歯・歯茎の病気や不調(虫歯・歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏など)のサインが白髪として現れると考えられます。
後頭部 生殖器系の病気や不調(生理不順・精力減退など)のサインが白髪として現れると考えられます。
眉毛 眼精疲労・表情筋の疲れなどにより、目や眉の周りで血行不良が起こると眉毛に白髪が出やすくなります。
ヒゲ 毛細血管の機能低下が白髪になる原因と考えられます。また、日焼けをよくする人は紫外線による酸化ストレスが多いことも、ヒゲが白髪になる原因と考えられます。
アンダーヘア 冷え・血行不良が白髪になる原因と考えられます。

 

部位別!自分で綺麗に白髪染めする方法★

 

自分で白髪染めする時の悩みに「白髪が気になるところほどうまく染まらない!」なんてことがありますよね。
ここでは、均一にキレイな髪色にするための、白髪染めのコツをご紹介いたします。

 

白髪染めを先に塗るべき部位は「こめかみ」

白髪染めは、なんとなく塗るのではなく「塗る順番」を意識して塗りましょう。

 

まず最初に塗るべき部位は「こめかみ」です。
こめかみは、産毛が多くて毛の量も少ないため、白髪染めが塗りにくい場所です。
しかし、白髪が出やすい部位でもあるので、ここに塗り残しがあるとすごく目立ちます。

 

白髪染めは「時間を置くほどよく染まる」ので、まずこめかみに馴染ませて、他の部位よりできるだけ長く時間をかけるようにしましょう。
また、量もたっぷり塗るのがコツです。

 

次に塗るべき部位は「頭頂部」「分け目」「生え際」「えり足」です。

いずれも外から見えやすい部分ですし、色が入りにくい部位です。
また、「白髪がまとまって生えている」部位があれば、特にたっぷり量を重ねて塗りましょう。

 

白髪は、黒髪より太く毛質も頑丈なため、薬剤が染みるのに時間がかかります。
白髪の気になる部位には「長く時間をかける」「量をたっぷり染み込ませる」と意識すると、結果的に仕上がりが均一になりやすいのです。

 

「トリートメントタイプ」で白髪染めの塗りムラ防止!

気になる部位に白髪染めをたっぷり塗ろう!…と思っても、地肌のことを考えると躊躇してしまいますよね。
ヘアカラーの薬剤が直接頭皮に触れると地肌を傷めてしまいますし、地肌のダメージはさらに白髪を促進させる原因にもなります。

 

白髪の根本からしっかり染めたい場合は「トリートメントタイプの白髪染め」が最適です。
地肌を傷めないので頭皮にたっぷり付けても問題ありません。

 

ヘアカラータイプの白髪染めに比べて染毛力は落ちますが、毎日でも使えるので「頭皮に負担なく徐々に理想の髪色に近づける」ことができます。

 

ヘアカラータイプの白髪染めは染毛力が強いので一度で染め上げてくれますが、その分、髪や頭皮へのダメージも大きいので、ムラになってしまった場合の染め直しは負担大です。

 

こめかみや生え際など、目立つ部分をしっかり染めるためには、髪と頭皮に優しいトリートメントタイプの白髪染めを何度も使うほうが効果的なのです。

 

白髪染めのコツ★よく浸透するよう温める

白髪染めは気温が低いと染まりにくいという特徴があります。
そのため白髪染めする際の部屋の室温は20~30℃が最適です。

 

また、髪をより温めてあげると染料が髪に染み込みやすくなります。
方法としては、白髪染めを全体に馴染ませたら、頭にラップを巻いてその上から蒸しタオルでくるみます。薬剤がより染み込みやすくなり効果的です。
また、ドライヤーの熱を当ててあげるという方法もあります。
ただし、高温になりすぎると髪を傷めますので、低音ドライヤーでじんわりと熱を与え続けてあげるのがコツです。

 

まとめ

身体は頭皮と密接な繋がりがあり、それぞれの不調が頭皮に「白髪」となって現れるのですね。
不規則な生活や喫煙、偏った食事などは身体にストレスを与え、白髪の元となるメラノサイトの老化を促進させます。
できるだけ健康的な生活を心掛け、白髪になりにくい元気な頭皮を維持したいですね。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る