傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品

 

白髪の原因は加齢だけではありません。
遺伝という説もありますが、生活習慣やストレスにも影響されます。
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。
そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法を教えちゃいます!

 

 

【白髪染め】傷まない染め方のコツ・ポイント

 

 

白髪染めに限らずヘアマニキュアやパーマなどで、100%髪を傷めない方法はありません。
少なからず、髪は傷んでしまいます。
当たり前ですよね。本来髪の毛には必要のない成分を摂り込む訳ですから……。
ですが、少しでも痛まないように工夫するやり方はあるんです!

 

1.部分染めをうまく活用する

日本人の髪の毛は、1ヵ月平均で約1cm伸びます。
白髪として生えてくる髪の根元が1cm白くなっているだけならまだしも、1ヶ月間の洗髪や整髪による摩擦で染めた筈の色が抜けてしまいますよね。
気付けば、この間染めたばっかりなのにもうこんなに戻ってる!とウンザリしてしまうこともあるのではないでしょうか?

 

ですが、髪の内部にまで薬剤を浸透させる白髪染めは、出来れば2ヶ月に1回くらいにしたいですね。
そのためには、部分染め専用の商品を使うなどの工夫が必要です。
気になる生え際や分け目だけに使える部分染めは、必要以上に髪を傷めることもなく、時間もかからないので便利ですよ。

 

2.髪質によって放置時間を微調整する

商品にもよりますが、薬剤を塗り込んでからの放置時間は大体20分くらいですよね。
白髪が多かったり髪の毛が太い人は、それ以上の時間を置くこともあるかもしれません。

 

ですが、放置時間が長ければ長いほど髪には負担がかかっているのです。
既に髪が痛んでいる人や髪の毛が細い人は、放置時間を早めに切り上げましょう。

 

また、ダメージを受けやすい毛先などは最後に薬剤を塗ることで、放置時間を短くすることができます。
何も考えずに染めるのではなく、時間を調整するのがポイントです。

 

3.サランラップや蒸しタオルで頭を温める

美容室で髪を染めたりパーマをかける時、よく髪を温めますよね。
あれは、温めることによって薬剤を均等にムラなく髪に浸透させるためです。

 

温めることで髪が痛まなくなる訳ではありません。
少しでもキレイに染め、また染めた色を持続することで次の染毛までの時間を空けることができます。

 

4.強い水圧のシャワーを当てない

薬剤を落とす時、ついしっかりと落としたくなりますがシャワーの水圧と温度には充分注意して下さい。
理想は、桶に貯めたぬるま湯でゆっくりと薬剤を洗い流すことですが、自宅ではそうもいかないですよね。
せめて、優しい水圧・ぬるめのシャワーで時間をかけて流してあげましょう。

 

指をつかってガシガシとこするのも禁物です。
薬剤によってデリケートになっている髪の毛と頭皮には、刺激が強すぎるのです。
シャンプーをたっぷりと泡立てて、摩擦を起こさないように洗って下さい。

 

白髪染め後の正しいお手入れ方法

 

染めたばかりの髪は、いつも以上に刺激に敏感になっています。
できるだけ髪を傷めないように、しっかりと保護してあげましょう。

 

タオルドライはほどほどに

髪を洗った後、ついついタオルで力強く拭いてしまっていませんか?タオルドライをやり過ぎても、髪に良いことは何もないんですよ。

  • タオルによる摩擦
  • 髪の毛同士が絡み合う
  • 頭皮が傷つく

髪や頭皮を傷めないためには、タオルドライを控えるのがオススメです。
乾いた柔らかいタオルで髪をはさみ、ポンポンと叩くように水気を拭き取ります。
その後、ドライヤーで髪を乾かしましょう。

 

自然乾燥の方が髪に良いという説もありますが、実際はそうではありません。
濡れている時は髪が絡まりやすく、互いに引っ張り合ってしまいます。
ドライヤーを使い、手櫛で整えられる程度には乾かす方が髪が傷みません。

 

洗い流さないトリートメントを使う

髪が大体乾いたら、洗い流さないトリートメントなどを使って髪を保護してあげましょう。
白髪染めをして、それを洗い流した後の髪の毛は栄養に飢えています。
しっかりと保湿し、ダメージを受けた髪を守ってあげることが大切です。

 

洗い流さないトリートメントはその商品によってテクスチャーもさまざまですが、匂いやコスパも含めて継続しやすいものを選びましょう。

 

整髪料を控える

白髪染めをした後の数日間は、できれば整髪料をつけずに過ごしたいですね。
もっとも、仕事に行く時は髪をセットしなければ……という事情もあります。
そんな時は休日の前の日に染毛するなど、スケジュールを考えてから行いましょう。
白髪が気になりだすとすぐにでも染めたくなってしまいますが、髪を傷めないためにはきちんと計画を立てて行うのが望ましいです。

 

髪が傷まない白髪染めの選び方について

そもそも、白髪染めの何がそんなに髪を傷めるのでしょうか?
まず、薬剤で髪を染めるメカニズムから見ていきましょう。

 

白髪染めの成分とは

一般的な白髪染めは、1剤と2剤に分かれているものが多いですよね。
含まれている成分は色々ありますが、共通しているのは1剤にアルカリ剤と酸化染料、2剤に酸化剤ということです。

 

これには、薬剤によって髪が染まる過程に理由があります。

  1. アルカリ剤でキューティクルを開く
  2. 酸化染料で髪の内部から染める
  3. 酸化剤で塞ぐ

こういった順番で染毛が行われているのです。

 

キューティクルを無理やり開いて染料を入れる訳ですから、髪が痛むのは当然とも言えます。

化学物質を含まない白髪染め

できるだけ髪を傷めないためには、ではどうすれば良いのでしょう?
それは、上記で挙げた化学物質を含んでいない白髪染めを使うことに尽きます。

 

何度か使ううちに徐々に髪が染まるといったタイプの、即効性には欠けますが髪に良い成分で作られた白髪染めがオススメです。

 

即効性を選ぶなら保ちが良いものを

予定外のデートやお出かけで、今日中に髪を染めないとマズい!ということもあると思います。
1回で完璧に染めたい時は、市販の白髪染めを使うしかないですよね。
その場合は、せめて保ちの良いものを選びましょう。
黒髪を維持する期間が長ければ長いほど、染毛によるダメージを防ぐことができます。

 

傷まないおすすめの白髪染めを厳選紹介★

 

ではここで、髪や頭皮が痛まない白髪染めを紹介しちゃいます。
化学物質は勿論、無添加で低刺激のものばかりを厳選しました!

 

【トリートメント】スカルプD ボーテ

メラニン色素との合成ができずに生えてしまう白髪ですが、スカルプDボーテはそのメカニズムに着目して作られた新しいヘアカラートリートメントです。
髪の芯から染め上げてくれるので、持続力には定評があります。
また、コラーゲンとアルガンオイルの作用で染める度に髪を補修し、いつでもツヤのある髪に導いてくれます。

  • 価格:2,800円⇒定期購入で2,380円
  • 内容量:200g
  • カラー展開:4色

【トリートメント】利尻ヘアカラートリートメント

北海道利尻昆布のエキスがたっぷり詰まった、植物由来の天然成分で作られた白髪用トリートメントです。
28種のうるおい成分が髪を優しく保護。
酸化剤、シリコン、鉱物油などが含まれていないので、敏感肌さんにもオススメの白髪染めです。

  • 価格:3,000円⇒初回限定2,000円
  • 内容量:200g
  • カラー展開:4色

【ヘナ】ナイアード ヘナ

インドや北アフリカ原産のヘナは、古くから天然の薬・染料として親しまれてきたハーブです。
ヘナが含まれたヘアカラーは多く作られていますが、ナイアードのヘアは植物成分100%。安心して使えますね。
粉末をお湯に溶かして使うため、慣れるまでは大変かもしれませんが髪を傷めることなく染毛できます。

  • 価格:4,500円
  • 内容量:400g
  • 種類:ヘナ+木藍/ヘナ+10種のハーブ/ヘナ100%

 

まとめ

白髪染めは髪を傷めるものだと思われがちですが、中には髪にも頭皮にも優しい低刺激の白髪染めもあるんですね。
一度生えてきた白髪をなくすことは難しいので、せめて髪を傷めない染毛をしてあげましょう。ちょっとの工夫と、髪に優しい白髪染めを選ぶことがポイントです。是非この記事を参考にして下さいね。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る