かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法

 

髪の生え際や分け目に白髪を発見すると、なんだか気持ちまで落ち込みませんか?
一刻も早くどうにかしたい時、つい市販の白髪染めを使ってしまうもの。
ですが、髪が傷んだり頭皮が荒れたりかぶれたり……白髪染めにはリスクもたくさんです。
その原因と対策をまとめました。

 

 

【白髪染め】かぶれの原因は何?

 

白髪染めの成分や頭皮の状態など、白髪染めでかぶれてしまう原因はさまざまあります。
まずは詳しく探ってみましょう。

 

白髪染めの薬剤による刺激

白髪は、髪が生えてくる時にメラニン色素が上手に生成されないことが原因です。
もともと人間の髪は白く、頭皮から生える時に初めて黒くなるんですね。

 

白髪染めは、メラニン色素と合成できなかった髪の毛を染める薬剤。
黒髪用のヘアカラーとは違い、脱色力は低く染毛力が高いのが特徴です。

  1. アルカリ剤でキューティクルを開く
  2. 酸化染料で髪の毛に色を入れる
  3. 酸化剤で蓋をする

簡単に説明すると以上のような順番で髪が染まっていく訳ですが、約1ヵ月ほどの間髪の色をキープさせる薬剤は、とても刺激が強いのです。
そのため、髪がパサパサになったり頭皮が荒れたりかぶれたりしてしまいます。

 

肌が敏感になる時

例えば生理中や寝不足で疲れている時など、肌が荒れたりしますよね。
「肌は内臓を映す鏡」という言葉があるように、食生活も影響します。

 

頭皮も肌と同じ。体調やホルモンバランスに非常に敏感で、影響を受けやすい場所です。
普段は髪に守られているからか、外部の刺激にも弱いです。
髪を染める時は、自身の健康状態も考慮したいですね。

 

白髪染めの成分にアレルギーがある

一般的な白髪染めに含まれてる成分が「パラフェニレンジアミン」というものです。
頭皮がかゆくなったりかぶれたりする場合、この物質にアレルギーを持っているかもしれません。
どんな白髪染めを使っても頭皮トラブルを起こしてしまうなら、皮膚科でアレルギーテストを受けてみましょう。

 

白髪染めでかぶれた時のおすすめ対処法

 

もし白髪染めで頭皮がかぶれてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?
応急処置から生活の注意点まで挙げてみます。

1.保冷剤などでかぶれた部分を冷やす

まずは患部を冷やしましょう。便利なのは保冷剤です。
ドラッグストアで買えるゼリー状の保冷剤があると一番良いですが、食品用の保冷剤でも構いません。

 

乾いた布にくるみ、かぶれた部分を冷やします。
冷やし過ぎて頭が痛くならないように、ほどほどに行って下さい。


2.入浴する際はぬるま湯に浸かること

1日の最後に体を癒してくれるお風呂タイムですが、熱いお湯に浸かってはいけません。
体を温めると血行が良くなり、患部のかゆみがひどくなってしまいます。

 

かぶれが治るまではできるだけ早く入浴を切り上げること、ぬるめのお湯で済ませることが大事です。


3.極力早めに皮膚科へ足を運ぶ

患部がジュクジュクしてシャンプーもままならない、かゆみが引かない……そんな時は迷わず皮膚科へ行きましょう。

 

自己判断で薬を塗ったり、大したことはないと放置してはいけません。治りかけのかぶれが再発したり、治っても跡が残ってしまうこともあるのです。
専門医を受診して、きちんと治療してもらうことをオススメします。


白髪染めによるかぶれを事前に回避する3つのポイント

 

では、白髪染めによる頭皮かぶれを防ぐためにできることは何でしょうか?
事前にチェックして、トラブルなく染毛しましょう。

 

肌状態の良い時を選ぶ

まず大前提として生理中は避けましょう。
妊娠中や授乳中も望ましくありません。

 

また体が疲れている時やストレスを感じている時、肌が乾燥している時もやめておきたいですね。
風邪などで抵抗力が弱まっている時も、健康な時と比べて荒れやすい状態にあります。
肌や体が万全ではない時には無理に染毛を行わず、部分染め用の商品などでカバーして下さい。

 

パーマをかけてすぐはNG!

美容室でパーマをかけたすぐ後に白髪染めを使うのもオススメできません。
白髪染めほどではないにせよ、パーマ液も髪や頭皮に刺激を与えています。
ダメージを受けたばかりの頭皮は、しばらくの間優しく保護してあげましょう。
パーマと白髪染め両方が必要なら、せめて2週間のインターバルが欲しいですね。

 

パッチテストをする

時間はかかりますが、もっとも安全な方法がパッチテストです。
染毛の2日前に、ほんの少量の薬剤を手首や肘の内側に塗っておきます。
これで問題なければ、薬剤が肌に合わないということはありません。

 

もっとも、パッチテストで問題なかったからといって必ずしも頭皮トラブルがないとは限りません。
実際に白髪染めをしている時に刺激を感じたら、すぐに中止して下さい。

 

かぶれにくいおすすめの白髪染めを厳選紹介!

 

ここで、敏感肌さんにもオススメの白髪染めをランキングで紹介します。
低刺激でかぶれにくいものを集めましたが、パッチテストは必ず行って下さいね。

 

利尻ヘアカラートリートメント

 

利尻昆布エキスをはじめとした植物由来のうるおい成分がたっぷり詰まった、白髪用のトリートメントです。
代表的なアレルゲンである「ジアミン」はもちろん、肌に刺激を与えるパラベンや酸化剤も含まれていません。
トリートメントで髪を労わりながら白髪染めができる、大人気の商品です。

 

利尻ヘアカラートリートメントは公式サイトがオススメ
公式サイトなら初回限定キャンペーンでお得に買えちゃいますよ。

  • 1本3,000円⇒2,000円
  • 2本6,000円⇒4,000円/送料無料/オリジナルコームつき
  • 3本9,000円⇒6,000円/送料無料/オリジナルコームつき

トリートメントなので毎日使ってもOK!この機会にまとめ買いをしたいですね。

 

ルプルプ

 

植物由来の天然色素「ベニバナ」「クチナシ」「藍」を使って白髪を染め上げてくれる、髪にも頭皮にも優しい白髪用トリートメントです。
ツンとした匂いもなく、敏感肌さんでも安心して使えます。

 

髪につけてから時間を置くと、トリートメントが顔や肩に流れてきてしまうことがありますが、ルプルプは専用シャワーキャップがついてくるので安心!
使用者の満足感をしっかり考えてくれる商品です。

 

ラサーナ

 

海藻エキスと真珠貝由来成分が魅力の白髪染めです。
頭皮を傷める脱色剤は入っておらず、天然色素で髪を染めてくれます。

 

使う度に徐々に染まっていく自然な仕上がりのトリートメントと、手軽に使えて部分染めもできるムースタイプがあります。
使いやすい方を選べるのが嬉しいですね。

 

グリーンノート ヘナ

 

古くから存在するインドのハーブ「ヘナ」を使った、天然成分100%の白髪染めです。
妊娠中は勿論、肌が弱っている時でも安心して使えます。
化学物質も合成成分も一切入っていない、農薬さえも使われていない健康重視の商品です。

 

こちらはトリートメントなどではなく、ヘナの粉末をお湯で溶いて使用するタイプ。
慣れるまでは、使うのが大変かもしれません。
また放置時間の目安が1時間なので、時間に余裕のある日に使いましょう。

 

まとめ

白髪を放置しておく訳にもいかず、忙しくて定期的に美容室に通えない時は、市販の白髪染めに頼ってしまうのは誰もが同じです。
ですが一般的な白髪染めは刺激が強く、髪にも肌にも優しくありません。かぶれてしまったら、すぐに使用を中止してケアしてあげましょう。勿論、そうならないように事前のパッチテストを忘れずに。
1回で染めたい時は白髪染めも仕方ありませんが、普段は低刺激のトリートメントを使いたいですね。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る