白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?

 

早ければ出産を終えた30代半ばから白髪は目立ち始めてしまいます。
白髪染めはそれからずっとのお付き合いになってしまう。
なら、できるだけ長く色落ちしてない方法をしっかり知っておくべきですよね。

 

頭皮には決して優しいものではない白髪染めヘアカラーの影響と、それを抑えて上手に付き合う方法を考えたいと思います。
これからの長いずっとを考えると、コストの上でも大きく違ってくるだろうし、髪の健康を考えても知っておくべき、必見です!

 

 

ズバリ!【白髪染め】を長持ちさせる4つのポイント

 

ヘアキャップを着用し、頭皮温度を上げる

頭皮温度が低いと発色が悪くなってしまいます。
また室温が低いことも染まりが悪い原因になります。
バスタイムを利用して、室温の高い浴室であらかじめヘアキャップを着用して、頭皮温度が高い状態で染色するようにしてください。

 

ヘアキャップはビニール製のものであれば100均ショップのもので大丈夫。

 

染める前にまず洗髪

染める前には洗髪して、汚れと一緒に髪についた余計な脂分を取り除いておいてください。
余計な脂分は染料を付きにくくする原因になります。

 

髪は洗髪の後濡れたままの状態で染色します。
これは洗髪の後、まだキューティクルが開いた状態なので染料の浸透効果が高く、ムラなく染まるため。

 

お湯の温度はぬるま湯程度。
温度が高すぎても色落ちの原因になります。

 

洗浄力の強いシャンプーの使用を控える

染めた後のシャンプーは控えて、お湯で洗い流してください。
染料が残ってしまうようで気になる場合は、洗浄力のマイルドなタイプのシャンプーを使用してください。

 

シャンプーは大きくはアミノ酸を原料としたものとアルコールを原料としたものに分かれます。
おすすめはアミノ酸系シャンプー。
アルコール使用のものは髪への負担も大きく、せっかく染めた染料の落ちも早くなってしまいます。

 

白髪用シャンプーと記載されたものなら染料の色落ちも少なく、ヘアカラーが長持ちします。

 

紫外線をできるだけ避ける

髪も細胞のひとつ、メラニン色素が存在します。
そして、染色する際メラニン色素の結合を緩めて染料を髪の内部に浸透させるため、本来あるはずのメラニン色素が染めた髪には少なくなっています。
つまり、紫外線を浴びることの影響を受けやすい状態なのです。

 

髪の傷みや、染料の流出も大きくなってしまいます。
紫外線による影響は変色や退色、髪のパサつきなど様々です。
外出の際には、帽子着用を心がけて、直射日光は避けるように注意してください。

 

白髪染めを長持ちさせる3つのおすすめアフターケア

 

洗い流さないタイプのトリートメントでコーテイング

染料を洗い流したらまずはトリートメント用ヘアクリームを髪が濡れている状態で使用してください。
シャンプーや毛染めの染料でキューティクルは開いたままの状態です。そのまま放置すれば染料も流れ出てしまいます。

 

まずは、キューティクルを閉じるためにヘアクリームでコーテイングです。
傷みを防止する効果も発揮します。

 

染料を洗い流した後には温めて

ドライヤーを低めの温度に設定して、少し遠くから長い目にじんわり温めて。
染料も生え際までしっかり定着させます。
染料を洗い流した後に温めたタオルを髪に巻き、温めておくのも効果的です。

 

しっかり乾燥

髪が濡れたままで放置すればキューティクルが開いたままの状態が続いてしまいます。
早くに色落ちする原因以外にも髪の健康を損なう原因にもなってしまいます。
白髪染めの後以外でも洗髪の後のドライヤーでのしっかり乾燥は必須と心得てくださいね。

 

どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?

 

白髪染めは、大きくはヘアカラーとヘアーマニキュアに分かれます。

 

ヘアカラー

泡タイプのものとクリームタイプのもの。
クリームタイプは2剤式に分かれています。
他の種類に比べるとしっかりと染まり、色持ちも2~3か月効果が続きます。

 

毛髪に含まれるメラニン色素を分解して染料を髪の内部にまで浸透させます。
ただし、効果の高い染料を使用するので髪に与える刺激も強く、頭皮や髪が傷んだり、アレルギー症状を引き起こす場合もあるので頻繁な使用はおすすめできません

 

ヘアーマニキュア(カラートリートメント)

ヘアカラーが髪の内部にまで染料を浸透させるのに対して、カラートリートメントは髪の表面をコーテイングするというもの。
髪へ与えるダメージは少ないですが、表面をコーテイングするだけなので染めを長くもたせることはできません。
ただし、シャンプーのあとに5分置いておくだけというようなものが主流で、使いやすさが利点です。

 

長持ちさせる使い分けのコツ

白髪染めも形態はいろいろ、スティックタイプのものやマスカラタイプ、カラーシャンプーなどその時の必要に応じて使い分けが可能です。
長持ちするとはいうもののヘアカラーだけでは生え際の白髪には他の対応が必要。

 

髪は1日に約0.3mm~0.6mm伸びます。10日で5mmです。5mmでも黒い中に真っ白な白髪は目立ちます。
その目立った生え際の処理にはカラートリートメントやカラーシャンプーなどの併用がおすすめです。
毎日の洗髪に使用すれば生え際の白髪も目立たなくなり、髪へのダメージも軽減されます。

 

白髪染めを長持ちさせる、頭皮の健康を考えた使い分けのすすめ

ヘアカラーには発色や色持ちを良くするための多くの化学物質が使用されています。
それらが影響して頭皮や毛髪の健康を損ねていることもいろいろにあります。
抜け毛や切れ毛、かゆみや湿疹など。

 

白髪が多くなれば、色持ちの良いヘアカラーの使用は必要かもしれません。
ただし、他のヘアーマニキュアなどとの併用でできるだけ長く持たせることを考えたいところです。

 

ジアミン

 

永久染毛剤という染料に含まれる成分。
発色が良く、長く、綺麗に染め上げることから現在もヘアカラーの多くに使用されています。
けれど、最近の研究でこのジアミンがアレルギー症状を引き起こす原因にもなると分っています。

 

妊娠中に使用を控えるのも、これが原因のひとつ。
長く体内に蓄積されて、胎児に与える影響が全くないとは言い切れないのも事実なのです。

 

長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介★

ヘアカラータイプ

シエロ CIELO

ビゲンと共にヘアケア商品の大手老舗ホーユーの製品です。ブランドイメージはプチプラ商品としてお馴染みですが、医薬品も扱うブランドの信頼度という意味で総合的なおすすめです。

 

ヘアカラー、カラートリートメント、ヘアーマニキュア、ステックタイプなどライン使いもできるので安心。


サロン・ド・プロ

サロン仕上げの美しさへのこだわりとコスパ、そしてライン使いのできる安心感でおすすめです。
サロン仕様にこだわって、選べる色も18色。@コスメのベストアワードも受賞の実力です。


カラートリートメントタイプ

ルプルプ LpLp

美容成分94%配合。使うたびに潤いとツヤ髪を実感。
素手でも扱える安心の天然由来の植物染料使用。
色持ちも良く、選べる4色だからお好みの仕上がりが実現します。


レフィーネ

髪に優しい白髪染めに加えてスカルプケアもできるという嬉しい効果があります。
アロマの効いた爽快ヘッドスパを自宅で体験。全5色のカラートリートメントとしては豊富なバリエーションも嬉しい。
10分の短時間でより深い濃い染まりを実現した、植物由来の天然染料使用です。


まとめ

ヘアカラー、思えばカラフルです。年齢の高いシニアな女性でもおしゃれにパープルの髪。若い女性のピンクも珍しくはありません。
白髪染めと言えどエチケットマナーのひとつ。
社会的にも就業規則のひとつにしている会社も少なくありません。
現役の社会人でいるための心得のひとつということになります。
なら、おしゃれに楽しみたいですよね。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る