白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ…頭皮に優しい白髪染めはコレ!

 

白髪染めをしている最中に、頭皮がヒリヒリとしたことはありませんか?
それだけならまだしも、使用後にかぶれたり、抜け毛や炎症など様々な症状に悩まされる人も少なくありません。
筆者(自宅でエステティックサロンを経営)もそのうちの一人です。

 

一度頭皮がかぶれてしまうと、シャンプーする際も痛みを伴いますし、その後の白髪染めをするのに躊躇してしまうのがよく分かります。
更には、頭皮のトラブルによって、大事な髪の毛までもダメージを与えることになってしまいます。
ここでは、そんな白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。

 

 

白髪染めが頭皮を傷めてしまう原因とは

白髪染めが髪の毛にダメージを与えてしまうのは分かりますが、頭皮までも傷めてしまうのはなぜでしょうか?
白髪染めのメカニズムやその原因を追求していきましょう。

 

白髪染めのメカニズム

白髪になる理由は、髪の毛の色の元になっているメラニン色素が減ってしまっているからです。
その足りなくなったメラニン色素の代わりになる色を髪の毛に入れるのが白髪染めです。

 

この髪の毛に色を入れる時に、まず髪の外側にあるキューティクルを無理やり開かせます。
そうすることで、髪の毛の内側の部分にまでしっかりと色を入れ込ませることが出来るからです。
そして、そこに染料を投入して色を入れ、最後に開いたキューティクルを閉じれば、白髪染めの完成です。

 

かぶれの原因は?

 

色を入れ込ませる時に、ジアミン系の酸化染料を使います。
このジアミン系の化合物が頭皮の痒みやかぶれを引き起こす代表的な成分です。

 

中でもパラフェニレンジアミンは、白髪を黒く染めるという重要な役割をするにも関わらず、非常に毒性が強いために、頭皮やうなじなどのアレルギーの原因にもなる成分なのです。

 

ジアミン系の酸化染料により発症するアレルギー性皮膚炎は「ジアミンアレルギー」とも呼ばれていて、一度発症すると毎回症状が出てしまうという厄介なアレルギーです。

 

ジアミンによる主な症状

ジアミンアレルギーの症状は人によっても違いはありますが、皮膚の痒みやピリピリとした痛み、赤く腫れる炎症を引き起こします。
酷い時には、アナフィラキシーショックになり、嘔吐や呼吸困難を引き起こし、命に関わることもあるので怖いですよね。

 

白髪染めを使い始めに「おかしいな?」と感じても、それほど気にならなければ使い続けてしまいがちです。
でも、そのまま継続して使用していると重症化するケースが多くあるのです。
その数は、消費者庁と消費者安全調査委員会が注意喚起をしたほどです。

 

ジアミンアレルギーの対処方法

ジアミンアレルギー症状が出てしまったら、早急に皮膚科などを受診することです。

 

症状が出ているのにも関わらず、使い続けた場合、アレルギー症状が頭皮だけでなく全身に広がったりするケースもあります。
更には、類似の性質の化学物質にまで反応を起こしてしまい、様々な日用品の使用が出来なくなることもあるのです。
自分は比較的皮膚が強い方だから大丈夫!と決して侮ってはいけません。

 

【プロ直伝】頭皮に優しい白髪染めはこう選ぶ!

 

そうは言っても、どんどん生えてくる白髪を放置することは出来ませんし、美容院で度々染めるのは労力がいりますし、コストもかかりますよね。

 

家で、安全に白髪を染めるのにはどうしたら良いのでしょうか?

 

無添加かどうか

白髪染めだけではなく、これは日用品全般に言えることですね。
「経皮吸収」という言葉があるように、皮膚から色んなものが吸収されて体内に入っていきます。
これは、頭皮も同じこと。

 

白髪染めには特に色々な副作用を起こす添加物が多く配合されています。
無添加なら、頭皮から化学成分を吸収する心配がないので安心ですよね。
逆に言うと、市販で手軽な価格で購入できるような白髪染めは、副作用の恐れがある成分が配合されていることも多いので、注意が必要ですよ。

 

天然成分配合かどうか

お肌が敏感な方は、天然成分配合の化粧品を使う人が多いですよね。
白髪染めも同様で、髪や頭皮に優しく、デリケートな肌質の方でも安心して使えるのは、天然成分が配合されたものです。

 

海藻やお茶などのように、自然界に既に存在している成分であれば、髪や頭皮をいたわりながら安全に染めることが出来ますよね。

 

美容成分配合かどうか

トリートメント効果のある美容成分が含まれていると、髪の毛が美しく綺麗に染め上がるのは言うまでもありません。
髪だけでなく、頭皮を保湿してくれるものも出てきていますので、頭皮が乾燥している方や、敏感肌の方でも安心して使うことが出来ますよ。

 

このように頭皮に優しい白髪染めの選ぶ基準を見ていくと、白髪染めのタイプが絞れてきます。
トリートメントタイプかヘナタイプになります。

 

トリートメントタイプの白髪染めは、使えば使うほど染料が染まりやすく、綺麗な仕上がりになります。
また、傷んでしまった髪の毛や頭皮までも元の状態に戻すことの出来るトリートメント効果もあるので、人気が出てきています。
ヘナタイプも同様で、天然素材で無添加のヘアカラー剤としてとても有名ですよね。

 

頭皮に優しい白髪染めはコレ!プロがおすすめ商品を厳選して紹介!

では、頭皮に優しい白髪染めトリートメントタイプとヘナタイプの具体的な商品をご紹介していきますね。

 

利尻ヘアカラートリートメント

最初からでもしっかり染まる!と発売当初から人気の利尻ヘアカラートリートメント。
髪をコーティングするマニキュアタイプなので、他のトリートメントタイプと比較すると色が入りやすいようです。

 

外からコーティングするだけではなく、イオンカラーやナノカラー、植物由来の天然色素の3種類の染毛料が配合されているので、髪の内部にも色がしっかり入り、色持ちも良いです。

 

洗い上がり後は、海藻エキスの保湿の高さを実感することが出来ますよ。
美容成分が28種類も配合されているので、頭皮への栄養補給も出来、保湿状態も良くなるので、指通りの良い、ツヤのある髪に近づくことが出来ますよ。

 

LPLP ヘアカラートリートメント

髪や頭皮にダメージがないような白髪染めは、色が入りにくくなるものが多いですが、LPLP(ルプルプ)は、カゴメ昆布から採れる特殊なフコダインを配合しているので、髪や頭皮を傷めずに白髪染めをしながら、髪の補修も出来るという優秀な商品です。

 

少しずつ色が入っていくタイプなので、1回の使用では赤みが感じられるかもしれませんが、継続していくうちに落ち着いた色になりますよ。頭皮の保湿力を高めるオイルとして、ラベンダーやオレンジ、ローズマリーなども配合されているので、香りも良いのがリピーターの多い理由のひとつにもなっているようですよ。

 

キラリ カラートリートメント

聖マリアンナの皮膚科学研究チームの研究結果から生まれた独自の浸透技術を使っている白髪染め。
発売当初はチューブタイプのみだったのですが、最近はより扱いやすいムースタイプが登場しています。

 

とにかく、皮膚のことを研究し尽くしているメーカーなので、頭皮のケアには抜群に良いです。
色も入り、色もちも良いですが、白髪を染めるだけでなく、頭皮の環境を良くしたい人や、髪の質感を高めたい人向きと言えるでしょう。

 

毛髪補修成分が髪の内部にまで浸透するので、現状の髪が傷んでいる人ほど、効果を感じられると思います。
使い初めは、ピンク色が強く感じられ、次第に柔らかい色合いに染まりますよ。

 

マックヘナ白髪染め

とにかく安全に染められるというのが最大のメリットのヘナタイプ。
ただ、扱いづらく染めるのに長い時間がかかると敬遠される方も多くいます。

 

その中でも、マックヘナ白髪染めは、染色する際の放置時間が短くて済むので、話題になっています。
更に、ヘナなのに色のバリエーションがとても多いので、自分の髪色に合った色を選べることが高評価に繋がっているようです。
100%植物成分で出来ているので、白髪を染めるだけでなく、頭皮の環境も良くしてくれますよ。

 

テンスターヘナカラートリートメント

サロン専売のヘアケア剤を多く作っているテンスター。
髪の補修力がとても良く、染めた時はしっかりと色が入ります。

 

ただ、髪の表面に色を付けているタイプなので、色持ちに関しては良いとは言えません。
染めた翌日のシャンプーではだいぶ色が落ちてしまいます。

 

頭皮への保湿力もあり、髪の傷んだところの補修力も高いので、潤いが足りずパサついている髪の人には最適の商品だと思います。

 

傷んでしまった頭皮をケアする方法

安心して使える頭皮に優しい白髪染めがあることがお分かり頂けたと思いますが、既に傷んでしまった頭皮はどうすれば良いのでしょうか。ここでは、家でも出来る簡単な頭皮をケアする方法をご紹介しましょう。

 

頭皮クレンジング

頭皮の皮脂分泌量はお顔の3倍とも言われているほど、皮脂量が多いのはご存知ですか?
頭皮の余分な皮脂を十分に取っておかないと、傷んでしまった頭皮に雑菌が入り、余計に悪化してしまいます。
頭皮環境を良くするには、まずは清潔な頭皮を心がけることが大切です。

 

そこでおススメなのが、メイク用のクレンジングオイルなどを使って頭皮をクレンジングすることです。
いつものシャンプー前にクレンジングオイルを適量取り、頭頂部を中心に1分程度揉み込みます。
そのままお湯で洗い流して、シャンプーをしていきます。

 

毎日する必要はありません。
皮脂は取り過ぎると、頭皮が乾燥して更に皮脂が出てしまうので、週に1回の実施をすることが目安になります。

 

頭皮マッサージ

傷んでしまった頭皮というのを修復するというよりは、頭皮の血行を良くし新陳代謝を高め、出来るだけ早く健康な頭皮に生まれ変わらせるというのが大切です。

 

そのために有効なのは頭皮マッサージです。
わざわざマッサージをするのは面倒なので、シャンプーの際にすることをおススメします。

 

シャンプーをよく泡立ててから、首の後ろやこめかみから頭頂部へと「下から上」の動きでマッサージをすると良いですよ。
ヘッドマッサージャーなどがあるとより簡単に頭皮のマッサージが出来ますよ。

 

ドライヤーで必ず乾かす

自然乾燥などで頭皮が湿ったままだと、頭皮が雑菌の温床になるので良くありません。
髪の毛と同時に頭皮もドライヤーでよく乾かすようにして下さいね。

 

ビタミンBを摂取する

頭皮の炎症が酷くならないようにするために、頭皮の細胞を整えて修復することも必要です。
ビタミンBは、お肌の細胞修復に効果を発揮するので、食事の時に意識してビタミンBを摂るようにしましょう。

 

枕を常に清潔に!

毎日使っている枕や枕カバーは、雑菌が繁殖しやすい場所です。
アクネ菌やブドウ球菌、マラセチア菌などの細菌は目に見えない汚れの代表的な「皮膚常駐菌」です。
頭皮を清潔に保つためには、これらの菌が繁殖しないように、常に清潔に保つようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。どの白髪染めを選ぶかによって、頭皮環境が左右され、それが髪の美しさへも繋がっていくことがお分かり頂けたと思います。
髪や頭皮に優しい白髪染めを使い、白髪染めをする際の注意点や、万一頭皮を傷めてしまった時の対処法などを理解しておけば、白髪の目立たない美しい髪を実現することが出来ます。

 

そうすることで、自分のお洒落や若々しさに益々磨きがかかり、より生き生きとした人生を歩むことが出来るのではないでしょうか。
たかが白髪染め、されど白髪染めですね。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る