白髪染めにはどんな種類があるのか?それぞれのメリット・デメリットを徹底分析!

 

加齢や疲労、ストレスなどで白髪が目立ってきた……。
そんな時、まず考えるのは髪を染めること。
そして、髪を染める上でもっとも一般的に使われているのは市販の白髪染めではないでしょうか?

 

ドラッグストアで手軽に購入でき、いつでも好きな時に使うことができます。
多くの人が問題なく使えるとても便利な白髪染めですが、何も考えずに安売り品を選んだりパッケージに惹かれて買ってはいませんか?
白髪染めには色々な種類があり、それぞれのメリットやデメリット、ダメージのリスクも違うんですよ。

 

そこで数多くの白髪染めを種類別に分け、メリット・デメリット、使い方を徹底解説!自分に一番合う白髪染めを探しましょう!

 

 

白髪染めの種類まとめ

種類 染料 染まりやすさ 退色の早さ 使用頻度 髪へのダメージ
クリーム 酸化染料 染まりやすい 遅い 1~1.5ヶ月に1度 大きい
液体 酸化染料 染まりやすい 遅い 1~1.5ヶ月に1度 大きい
酸化染料
天然成分の製品有り
やや染まりにくい やや遅い 1ヵ月に1度 大きい
マニキュア タール色素 染まりやすい やや早い 1ヵ月に2度 やや軽い
トリートメント 主に天然植物由来成分 すぐには染まらない 早い 毎日か1日置き とても軽い

 

白髪染めの種類は大きく分けて2つある

 

そもそも白髪に限らず髪を染めるために使う薬剤は、2つに分かれます。

  • 髪の内部から染めるもの
  • 髪の表面だけを染めるもの
髪の内部から染めるもの

髪の内部から染める場合、完全に染まり退色もないので、技術にもよりますが完全に染めることができます。
しかし、髪のキューティクルを開いて薬剤を浸透させるため、髪へのダメージは覚悟しなければなりません。
特に市販製品は、どんな髪質でもしっかり染められるように強い薬剤を使っているので、頭皮が痛みやすいという危険もあります。

 

髪の表面だけを染めるもの

髪の表面だけを染める白髪染めはダメージが少ない利点はありますが、退色が早いです。
髪の内部から染めるタイプに比べ、染める頻度は高くなります。

 

では、その2種類の白髪染めからさらに細かく分けて見ていきましょう。

 

クリームタイプの白髪染めの特徴とメリット・デメリット

もっともユーザーが多いと思われるのがクリームタイプの白髪染めです。
市販されている製品も、クリームタイプのものはカラーバリエーションが豊富ですね。
まずは、そんなクリームタイプの白髪染めについて詳しく見ていきましょう。

 

クリームタイプの白髪染めの特長・成分

クリームタイプの白髪染めの大きな特長としては、1剤と2剤を混ぜ合わせて使用することではないでしょうか。
四角の容器に2種類の薬剤を混ぜ、付属の専用のハケで塗布するものが一般的です。

 

価格には幅があり、1000円未満で買えるものから2000円以上の製品など様々。
中には、アフターカラー用のシャンプー・トリートメントがセットになっているものもあるようですね。


使われている薬剤は1剤が酸化染料とアルカリ剤、2剤が酸化剤。
アルカリ剤が髪のキューティクルを開き髪の内部に染料を浸透させるので、髪をしっかり染めることができます。

 

四角い容器で薬剤を混ぜ合わせ専用ブラシで髪に塗布していくクリームタイプは、美容室でもお馴染みですね。
量を調節しながら塗っていかなければならないので、慣れないうちは難しく感じるかもしれません。

 

  • 薬剤をしっかり混ぜ合わせる
  • 髪を細かく分けながら塗布する

自分の髪にちょうど良い量を塗っていくためには、どちらにしても慣れが必要ですね。
上手に使えるようになれば、色ムラも少なく部分染めにも全体染めにも向いているので、クリームタイプの白髪染めが手放せなくなるかもしれません。

 

クリームタイプの白髪染めのメリット・デメリット

クリームタイプの白髪染めは髪1本1本に絡みやすく馴染みやすいのが特長です。
酸化染料で内側から染めるので、白髪を完全に染めたい人には最適なのではないでしょうか。

 

液ダレがないので、周囲を汚す心配もそれ程ではありません。
1剤と2剤が別々のチューブに入っているため、保存も可能です。
男性や髪の短い女性には便利ですね。


 

セミロング以上の女性には不向きかもしれません。
テクスチャが固いので、液状に比べると伸びが良くないからです。

 

全体染めをする場合1回で2箱ほど使う可能性もあるので、特に女性は購入前の目安使用量チェックが必要です。
また、髪や頭皮への刺激が強いことは否めません。
使用前のパッチテストや、普段のヘアケアを忘れずにしましょう。


クリームタイプの白髪染めはこんな人におすすめ!

  • 手先が器用な人
  • 白髪の量が多く根元染めが必要な人
  • 男性&比較的髪が短い女性
  • アレルギーを持っていない人
  • 肌が強い人
  • 白髪染めは1ヵ月に1回くらいにしたい人

カラーバリエーションが豊富なので、例えば3ヶ月に1回は美容室で白髪染め、似た色で1ヵ月に1回自宅で部分染めをするなどの使い方も出来ますね。

 

液体タイプの白髪染めの特徴とメリット・デメリット

 

クリームタイプに比べるとカラーバリエーションは劣りますが、こちらもドラッグストアでよく見かけますね。
液体といっても全くの液状ではなく、乳液のようなクリーミーなテクスチャの製品がほとんどです。

 

液体タイプの白髪染めの特長・成分

液体タイプも、1剤と2剤を合わせる混合液=内部から染まる白髪染めです。
クリームタイプと違い、こちらは先端がクシ状のノズルになったボトルで薬剤を混ぜ合わせ、容器を逆さまにして髪に直接塗布するタイプが多いようです。

 

薬剤の伸びが良いので、髪が長い女性や全体的に髪を染めたい人にとっては使い勝手が良いのではないでしょうか。
片手で髪を分け、片手で容器を持って塗っていくので、初めてでも比較的簡単に使えるでしょう。

 

価格帯はクリームタイプの白髪染めと同じく、1000~2000円がほとんどです。

 

液体タイプの白髪染めの使い方・コツ

クリームタイプと同じく、薬剤をしっかり混ぜ合わせましょう。細かく髪を分けながら塗布するのも同じですが、こちらはボトルとノズルが一体化しているので専用のコームはついていません。
きちんと真っ直ぐに分け目をつけたい場合は、自宅にある物を使う必要があります。

 

また伸びが良い反面、とくにテクスチャが緩いものは液ダレの心配もあります。
耳の裏や生え際には油分の含まれたクリーム(もしくはオイルそのもの)をしっかり塗り、周囲に新聞紙を敷くなどの配慮を忘れずに。

 

液体タイプの白髪染めのメリット・デメリット

液体タイプの白髪染めは、初めてさんにも使いやすい!ということが一番に挙げられると思います。
内部から染める白髪染めなので比較的しっかり染まり、なおかつテクニックがそれ程必要とされません。


 

男性や髪が短い女性にはコスパが良くないと言えます。
残った薬剤を保存することが出来ない、1回使い切りタイプだからです。
1箱では多いけど2箱では余ってしまうといった長さの髪の女性にとっても、ちょっともったいなく感じてしまうかもしれませんね。


液体タイプの白髪染めはこんな人におすすめ!

  • 美容室には行かずに自宅でだけ白髪染めをしたい人
  • 手先が不器用な人
  • 髪が長い人
  • アレルギーを持っていない人
  • 肌が強い人

液体タイプの白髪染めも、酸化染料が使われています。
アレルギーがあったり頭皮が弱い人にはおすすめ出来ません。

 

泡タイプの白髪染めの特徴とメリット・デメリット

 

今ではすっかりお馴染みになった、泡タイプの白髪染め。
クシやハケを使わずに染められるのが魅力です。
誰にでも簡単に使えるので人気も高く、ドラッグストアにもたくさんの泡タイプ白髪染めが並んでいますね。

 

泡タイプの白髪染めの特長・成分

泡タイプの白髪染めには、2種類あります。

 

1つは、専用の容器に1剤と2剤を入れるもの。
こちらはプッシュすると出てくる泡を手で受けて、髪に直接揉み込むようになっています。
クリームタイプ・液体タイプと成分はほぼ変わりませんが、泡にするという形状上、薬剤に染色以外の目的の成分や空気が含まれていると考えられます。

 

もう1つは、既に容器に薬剤が入っているタイプです。
泡というよりフォームといったテクスチャが多いかもしれません。
こちらは髪の表面だけを染めるもので、髪へのダメージが少ない代わりに退色が早いという難点があります。

 

どちらにしても、泡状の薬剤を手で直接塗布していくので、初心者さんでも安心。見えにくい後頭部や襟足の白髪もしっかり染めることができます。

 

泡タイプの白髪染めの使い方・コツ

使うのが簡単な泡タイプの白髪染めですが、コツはあるんですよ。
ここを注意しないとしっかり染まらないこともあるので、しっかり意識しましょう。

  • 量を惜しまない
  • 前髪や頭頂部からスタートする
  • 徐々にアップにする

薬剤を塗布した箇所からしっかり泡に包んでアップにしていき、少しずつ頭頂部に集めていくのがポイントです。
こうすることで髪のブロッキングも必要ありませんし、薬剤が首や肩に垂れてしまうということもありません。

 

泡タイプの白髪染めのメリット・デメリット

使いやすい半面、泡タイプの白髪染めには「染まりにくい」という声も聞かれます。
理由はやはり、泡状にしているために染色という本来の目的以外の成分が含まれることではないでしょうか。

 

また、泡を髪に揉み込んでまとめていくタイプなので、使うたびに全体を染めることになってしまいます。
1度染めた箇所をさらに染めていくとなると、髪へのダメージは必須。
まだ白髪がまばらで、何ヶ月かに1度の染毛で済む程度の量ならば泡タイプも良いかもしれませんね。

 

泡タイプの白髪染めはこんな人におすすめ!

  • 初めて白髪染めをする人
  • 手先が不器用な人
  • それ程白髪が多くない人
  • 髪が長い人

トリートメント成分が配合された低刺激の泡タイプ白髪染めもあります。
既に髪が傷んでいたり、肌が弱い人はそちらを試してみましょう。

 

マニキュアタイプの白髪染めの特徴とメリット・デメリット

 

さて、ここまで「髪の内部から染めるタイプの白髪染め」についてお話してきましたが、どれも髪や頭皮へのダメージが懸念されるものばかりです。
そこで、今度は「髪の表面だけを染めるタイプの白髪染め」について見ていきましょう。
まず代表として挙げられるのが、ヘアマニキュアタイプです。

 

マニキュアタイプの白髪染めの特長・成分

マニキュアタイプの白髪染めには、酸化染料が含まれていません。
キューティクルを開いて染料を浸透させるものではなく、マニキュアという言葉通り表面だけをコーティングするものなのです。

 

髪の内部から染める白髪染めに比べ、髪や頭皮へのダメージはかなり軽減されるでしょう(製品によってはキューティクルを開いて染毛するものもありますが、劇薬であるジアミンは含まれません)。

 

また、薬剤を内部まで浸透させる必要がないので、染める時間も短く抑えられます。
放置時間5分という製品もあるんですよ。手軽にささっと染めたい男性には有り難いですね。
その代わり前述の3タイプに比べて退色が早いので、染める頻度は多くなりそうです。

 

マニキュアタイプの白髪染めの使い方・コツ

マニキュアタイプの白髪染めは、メーカーによって使い方も様々。
チューブに入った薬剤を専用のコームに出して髪に塗布していくものもあれば、クシの形をしたノズルの先端から薬剤が出てきて、それで髪を梳かすように染めていくものもあります。

 

どちらも比較的固めのテクスチャなので髪にしっかり絡みやすく、液ダレもないので前髪やこめかみの白髪にも使えます。
初心者さんにも使いやすいタイプの白髪染めと言えるでしょう。

 

マニキュアタイプの白髪染めのメリット・デメリット

やはり、髪が傷みにくいというのが一番のメリットと言えるのではないでしょうか。

 

白髪が生えてきたら最後、どういう形であれ白髪染めとのお付き合いは必須ですから、出来るだけ髪や頭皮は大事にしたいですよね。


 

一方で、髪をしっかり染めることは出来ないというデメリットも。
シャンプーによる色落ちも早いので、使用頻度はかなり高くなってしまいます。
1回の染め時間を早く済ませる代わりに、使用回数が多くなるという訳です。

 

また、脱色剤が入っていないのでもともと黒い髪を明るく染めることは難しいと言って良いでしょう。
特に白髪の量が少ない場合、明るいカラーで染めると白髪だけが目立ってしまう可能性があります。
染めるなら、元々の髪色に近い色を選びましょう。

 

マニキュアタイプの白髪染めはこんな人におすすめ!

  • 髪が傷んでいる人
  • 肌が弱い人
  • 短時間で染めたい人
  • 男性や比較的髪が短い女性

ヘアマニキュアは保管可能なので、残った薬剤を次回の染毛に使うことが出来ます。
使用頻度は高くなりますが、その都度新しいものを購入する必要はないので、髪の長さや量によってはコスパが良いとも言えるでしょう。

 

トリートメントタイプの白髪染めの特徴とメリット・デメリット

 

髪にダメージがなく、毎日の入浴時に手軽に使えるのがトリートメントタイプの白髪染めです。
性別年齢、どんな量の白髪にも合うので、白髪染めのタイプに悩んでいる人はまずトリートメントタイプから試してみましょう。

 

トリートメントタイプの白髪染めの特長・成分

トリートメントタイプの白髪染めは、とにかく髪と頭皮に優しいのが特長です。
天然由来成分配合・無添加の製品が多く、従来の白髪染めで髪や頭皮が傷んでしまった人や、もともと肌が弱い人を中心に人気があるようです。

 

また、トリートメントというだけあって傷んだ髪の補修力に優れているのも魅力ですね。
製品によっては血行促進効果・抗炎症効果など、加齢によって弱った頭皮環境を改善させる成分が含まれているものもあります。


トリートメントタイプの白髪染めの使い方・コツ

毎日のシャンプー後のトリートメントを、白髪染めトリートメントに変えるだけ!
これほど簡単な白髪染めは、他にはないのではないでしょうか。
トリートメント後の放置時間は製品によって違いますが、10~20分というのは多いようです。

 

髪全体にしっかりと塗り込み、蒸しタオルを巻くなどして保湿してあげましょう。
もしくはシャワーキャップをかぶっておくと、身体や床を汚さずに済みますよ。

 

ポイントは、毎日継続して使うことです。
初めのうちにしっかり時間を置いて馴染ませておくと、徐々に放置時間を短くしても髪色を保つことが出来るようです。

 

トリートメントタイプの白髪染めのメリット・デメリット

一番のメリットは髪と頭皮が傷まないことです。
それ以上に、傷んだ髪と頭皮の改善に繋がるというのは嬉しいですよね。

 

また、普段のトリートメントを白髪染め用に変えるだけで良いという手軽さもあります。
わざわざ白髪染めに時間を割くこともなく、バスタイムだけで済んでしまうので、面倒でついつい白髪染めを後回しにしてしまう……という人にもおすすめです。


 

残念な点として、カラーバリエーションが少ないということがあります。
これは髪の補修成分や美容成分が含まれたトリートメントという性質上、どうしようもないことではありますが、現在でもほとんどの製品が2~3カラーに留まっています。


トリートメントタイプの白髪染めはこんな人におすすめ!

  • 髪や頭皮が傷んでいる人
  • もともと敏感肌の人
  • ゆっくりお風呂に入るのが好きな人
  • 白髪染めのためだけに時間を割く余裕がない人
  • 白髪を染めたいが髪が傷むのはイヤだと思っている人

髪が長くても短くても、白髪の量が多くても少なくても、どんな人にでもトリートメントタイプはおすすめです。
一般的なトリートメントに比べると商品価格自体は高額にはなりますが、定期的に白髪染めを買う必要がなくなるので、コスパが悪くなる訳ではありません。

 

まとめ

白髪は体質や髪質にもよりますが、ある程度の年齢になれば避けられないもの。
徐々に増えてくると老いを感じて、気分が下降してしまう人もいるでしょう。
ですが自分に合った白髪染めを使うことで、白髪自体はなくならなくても気持ちは若返ることが出来ます。

 

美容室で白髪を染めてもらうのも良いですし、自宅で定期的に染めるのも良いでしょう。
もしくは、髪と頭皮の健康のためにトリートメントを続けていくのも良いですよね。

 

大切なのは、自分に合ったやり方を選ぶことです。
白髪を染めなければならないという気持ちがストレスになってしまっては、白髪は増えていくばかりですよ。
健康な生活と髪と頭皮に優しい白髪染めで、気持ちも見た目も若返りましょう!

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る