【初心者さん必読】白髪染めで失敗しないコツと注意点は?失敗後のフォローも解説!

 

初心者さん必読!
白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?
大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。
万一、失敗した時の対処法などについても解説します。

 

美容院で白髪をしっかりと染めたのにも関わらず、2~3週間ほどするとすぐに白色の髪の毛が生えてきている!なんてことはよくありますよね。
とは言え、またすぐに美容院に行くのは、労力もお金もかかってしまいます。
そんな時、強い味方になってくれるのが、自宅で行う白髪染めです。

 

でも、自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか。
大丈夫ですよ。失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。
万一、失敗した時の対処法なども見ていきましょうね。

 

 

初めての白髪染めって難しい?

 

今や、自宅で白髪染めが簡単に出来る時代です。
「セルフカラー」という言葉があるぐらいなので、一昔前に比べるとかなり身近なものになっています。
でも、初めてのことは何事も勇気が要るものですよね。確かに、自分で白髪染めをするということは、少なからず難しさが伴います。

 

カラー剤の選び方が難しい

初心者の人にとって一番難しいのが、カラー剤の選び方です。
様々なメーカーさんが白髪染めを世に出していますし、ひとつの白髪染めには何種類ものカラーが用意されています。
その中から自分に合った色を選ぶのは至難の業になります。

 

私も経験をしたのでよく分かるのですが、髪の毛を明るい印象にしたいから“明るいブラウン”を選ぶと、白髪の染まりが悪くなります。
それでは、しっかり染めようと“濃いブラウン”を選ぶと、ブラウンではなく真っ黒になります。
これでは、どちらを選べば良いか分かりませんよね。

 

そこで、美容師さんに質問をすると、美容室でのカラーの合間だけにセルフカラーで補うのであれば、白髪の染まりが悪くても、暗すぎるカラー剤を選ばない方が良いよ!というお答えでした。
なぜなら、セルフカラー後施術しやすいのは、「染まり過ぎていない髪」だからだそうです。
美容室でのカラーの合間の白髪染めが目的であれば、あまり濃い色を選ばない方が良さそうですね。

 

塗る範囲と量が難しい

塗る範囲についても、初心者の人にとっては悩みどころです。出来ることなら、新しく白髪が出てきた部分だけをリタッチすることがベストです。

 

2~3週間ほどだと1センチも伸びていないので、そこだけを塗るのはかなり難しいですが、少なくとも中間~毛先にかけては薬剤が付かないようにして下さいね。
毛先まで塗ってしまうと、根元は明るいのに、毛先が暗くなるという不自然なグラデーションになって、余計に根元の白髪が目立ってしまうことにもなりますよ。

 

言うまでもなく、カラー剤は塗布量が多ければ多いほど染まりやすくなっています。
なので、白髪が目立つ根元への塗布量を一番多くして、中間以降は少なく塗ることをおススメします。

 

放置時間が難しい

各々のメーカーさんによって放置時間は違いますので、基本は説明書の通りに時間を計って下さいね。
頭皮や髪の毛を傷めたくないからと放置時間を短くすると、染まりが悪く白髪が浮いた状態になります。
逆に、しっかり染めたいからと放置時間を長くすると、頭皮や髪の毛のダメージが進行して、ガサガサでパサパサな手触りになってしまう可能性がありますよ。

 

その他、準備が大変そうだし、特有の匂いが家中に充満したりしないのか不安に思っている人もいると思いますが、最近はメーカーさんの研究開発がどんどん進んでいて、市販の白髪染めのクオリティーも高くなっています。
簡単で染まりも早く、良い香りがする白髪染めが種類豊富に揃っていますよ。

 

ここがポイント!自宅の白髪染めで失敗しない方法

 

白髪染めのコツを掴むと、髪の毛を傷めずに綺麗に染めることが出来ます。
ここでは、白髪染めの失敗しない塗り方をご紹介しますね。

 

事前準備が大切

白髪染めを始める前の準備が大切です。
まずは、髪の状態をチェックして下さい。

 

ワックスやムースなどのスタイリング剤や、油分やホコリなどが付いていると、うまく染めることが出来ません。
また、洗髪後は髪から水分をしっかりと拭き取り、乾燥させましょう。
水分が残っているとカラー剤がうまく髪に乗らないので、色むらになりやすくなります。

 

髪を染めた後、お風呂に入るついでに洗い流そうとしても、前開きの服でないと脱ぐのが大変ですよね。
染める前から、洗い流す時のことを考えて、汚れても構わない前開きの服に着替えてから染めるのが鉄則です。

 

お肌が敏感な方は、お顔回りにカラー剤が付くことで、痒みが起こったり、ただれたりする場合もあるので、生え際に油分の多いクリームを塗ることをおススメします。
この保護クリームは、皮膚にカラー剤の色素が付かないようにするためのものでもあるのですよ。

 

染める時のコツ

染める時の基本的なことは、各々のメーカーの説明書にある使用量をきちんと守ることです。
使う量をケチってしまうとうまく染まりません。
特に、白髪が目立つ生え際は、クリームと髪の毛の根元を密着させるように、たっぷりと馴染ませることが大切です。

 

クリームを伸ばすというよりは、白髪に置くような感覚で馴染ませて下さい。
髪の毛の量が多い人や、ロングヘアの人は、1箱だと量が足らなくなる場合があります。
心配な人は、2箱購入しておくのも良いですよね。

 

放置時間にワンポイント

放置時間の時も少し工夫することで、染め上がりの綺麗さに差が出ます。
白髪染めは、温度が高い方が染まりやすい性質を持っています。
なので、ラップを大きめにカットして、毛先までしっかりと覆って下さい。
保湿効果がアップして、効率的に早く綺麗に染め上げることが出来ます。

 

逆に言うと、温度が低いと白髪は染まりにくいので、冬場の室温や夏場の冷房のきき過ぎには注意をして下さいね。
髪質によっても、染まりやすさは違います。
硬めの髪や黒色が濃い髪、ダメージがない健康な髪の人は、染まりにくい傾向にあるので、放置時間を少し長めにすると良いかもしれませんよ。

 

洗髪する時はここに注意

カラー剤を洗い流す時にも注意が必要です。
強い水圧で一気に流してしまうと、色むらの原因になります。

 

温かいお湯で、白髪染めのお薬に水分を加えて、地肌に馴染ませるような感覚で、揉みながらゆっくり洗い流して下さい。
綺麗な仕上がりになりますし、カラーを長持ちさせる効果などが期待出来ますよ。

 

洗い流した後のシャンプーも大切です。
この時に、カラーを長持ちさせる効果があるシャンプーやトリートメントを使用すると、美しい発色をキープすることが出来ますよ。

 

白髪染めをした後日は…

白髪染めをしたアフターケアによっても、色もちや髪のダメージに差が出ます。
洗浄力の強いシャンプーで毎日シャンプーすると、髪色が明るく退色してしまいます。
白髪染めをしている時は、洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーを使用することで、美しい髪色を維持することが出来ます。

 

また、白髪染めを使った後は、髪がダメージを受けやすくなっています。
色落ちやパサつきを防ぐために、キューティクルのケアをしっかりとしなければなりません。
パーマはもちろん厳禁ですし、整髪料も出来るだけ使わない方が良いでしょう。

 

ドライヤーを使う際も、髪に近づけ過ぎないように、ドライヤーを揺らすようにして一か所に集中的に当て過ぎないように注意しましょう。
その他にも、紫外線により、髪の色が変色することもあります。
日差しが強い時は、帽子を着用するなどの対策をして下さいね。

 

肌や体の調子を見極めてから

女性にとって生理はストレスのもとになりやすいものですよね。
白髪染めに関しても、生理前や生理中の時期は、避けておいた方が良いのですよ。

 

お肌の状態が乾燥して、外部からの刺激にいつもより敏感になっていますし、生理中はエストロゲンという女性ホルモンの分泌も少なっています。そのために、痒みやかぶれが起きやすくもなります。

 

とにかく、頭皮や髪の毛への不必要なダメージは、身体を守っている免疫系に多少なりとも影響を与える可能性があるので、十分に注意して下さいね。

 

初心者さんも安心♪失敗の少ない白髪染めはコレ!

 

白髪染めとひとことで言っても、今では様々なタイプが販売されています。
ここでは、初心者さんにも簡単なおススメの白髪染めをご紹介しましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメント

様々なタイプの中でも、一番染めるのが簡単と言われているのがトリートメントタイプです。
その中でも、利尻ヘアカラートリートメントは、頭皮と髪にとにかく優しい!と評判です。
安全性の高い成分が配合されているので、初心者さんでお肌のかぶれが気になる方でも安心して使えます。

 

更に、利尻昆布エキスをはじめ、28種類の植物由来潤い成分配合なので、洗う度にハリやツヤのある美髪へ導いてくれますよ。
濡れた手に取って、髪に塗布して10分程度放置して洗い流すだけなので、お風呂に入りながら白髪染めが出来るので、簡単で便利ですよね。初めて白髪染めに挑戦する人におススメの製品です。

 

LPLP ヘアカラートリートメント

カラートリートメントの白髪染めは、他のタイプに比べて色が入りにくい製品が多い中、LPLP ヘアカラートリートメントは、よく染まるし色持ちが断然良い!と評判の白髪染めです。
乾いた髪に塗布して、10~30分ほど放置して洗い流すだけ。

 

初めての方でも使いやすい上に、頭皮の保湿力を高めるオイルとして、ラベンダーやオレンジ、ローズマリーなども配合されているので、白髪染めの独特な香りが苦手な方でも安心して使えますよ。

 

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

数あるヘアカラートリートメントの中で、白髪を染めながら地肌のマッサージも出来るレフィーネヘッドスパトリートメントカラー。
白髪と薄毛、抜け毛の原因は同時期の悩みなので、一度で色んな悩みが解決出来る画期的な製品です。

 

汚れを吸着してくれるドイツ産の泥など、実際にサロンのヘッドスパで使われている成分が沢山配合。
ヘッドスパという概念なので、地肌に付けても大丈夫なところが、初心者さんでも安心して使えますよね。
スパによる血行促進により、元気な髪が生えてくる地肌になることが期待出来る白髪染めですよ。

 

白髪染めを失敗してしまった時の対処法

色々気を付けて白髪染めをしても、失敗してしまう時もありますよね。
ここでは、白髪染めを失敗してしまった時の対処法をお教えしますね。

 

根元が明るくなった

全体的な髪色を明るくしたい!という気持ちから、自分の髪よりもどうしても明るめのカラー剤を選んでしまった時のトラブルです。
根元が明るいと、根元が透けたり薄く見えたりするので、老けて見える原因にもなります。
白髪染めをしたのに、余計に老けて見えるなんて嫌ですよね。

 

こういう場合は、明るくなっている部分だけを修正するのではなく、明るくなっている部分を含めた広範囲を再度適切な薬剤で修正しなければなりません。少し暗めの色を選んで、再度広めに塗るようにして下さいね。

 

髪全体が暗くなった

これもよくあるトラブル。自分が思っていた明るさは全然なく、漆黒のようになってしまった時です。
これは、明るくなってしまった時よりも難しいことです。
何故かというと、白髪染めで暗くなった髪は簡単には明るくならないからです。

 

なので、一度ブリーチなどで脱染、脱色をしなければなりません。その上で、再度適切なカラーに染めていかないといけないので、髪へのダメージは相当なのはお分かりいただけますよね。このリスクを背負ってでも、どうしても明るくしたい方は仕方がないかもしれません。

 

白髪染めは、アルカリでキューティクルを開いた後に色素を入れていくというメカニズムです。

そのキューティクルが閉まり、髪の状態が安定するのは、白髪染めをしてから1週間ほどかかります。
なので、白髪染めに失敗をしてやり直したい時は、最低でも1週間ほどは開けた方がダメージは少なくて済みます。

 

1週間も我慢出来ない!という方は、白髪隠しで一時的にごまかすという方法もあります。
白髪染めのやり直しは、頭皮や髪へのダメージが大きいことも問題ですが、短期間の連続カラーで、かえって色むらの原因になることもあります。やり直す前に、まずは専門の美容師さんに相談するなどして対処した方が賢明と言えるでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。今では、初心者さんでも、気軽に簡単に試していただけるような白髪染めが豊富にあります。
白髪に関して、長期間必要以上に悩むのであれば、やり方のコツや失敗しない方法を理解した上で行えば、大丈夫だということです。

 

ご自身に合った白髪染めを探すことが出来れば、ライフスタイルに正しい白髪ケアを取り入れることが出来ます。
そうすれば、面倒なことではなくなり、いつまでも健康的な頭皮と髪をキープすることが出来ますよね。
この記事を読んで、白髪染めへの第一歩を踏み出していただければ嬉しいです。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る