白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!

 

ある程度の年齢になると避けられないのが、白髪。
少し生えているだけで老けて見られ、疲れを感じさせる白髪は、鏡を見るたびに憂鬱になってしまいますよね。

 

白髪で悩む人が真っ先に検討するのが白髪染めだと思いますが、一説によると、白髪染めのせいで白髪が増えてしまうのだとか?!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。

 

「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!

 

 

白髪染めにはメラニン色素を直撃する成分が含まれている!

 

 

そもそも白髪は、メラニン色素が上手く合成されないことで引き起こされるもの。
今回白髪染めが白髪を増やすのかどうかを検証しているうち、白髪染めに含まれる代表的な成分がメラニン色素を破壊してしまう可能性があることが分かりました。
白髪染めが白髪を増やすと言われる要因は、ここにあるのかもしれません。

 

危険な物質「過酸化水素」

過酸化水素は、人間の体内で自然と発生する活性酸素のうちの1つです。
消毒や殺菌、漂白作用のある物質なので、身近なコスメにも含まれていることも少なくありません。

 

この過酸化水素が蓄積するとメラニン色素を破壊し白髪を招くという記事が掲載されたのはアメリカの学会連合誌で、2009年当時おおいに話題になりました。

 

白髪染めに含まれる過酸化水素は、製品にもよりますが全体の約5%ほど。
これが頭部から吸収されて体内に蓄積し、いずれはメラニン色素を破壊して白髪を増やす……。
白髪染めを使っているだけで、こんな悪循環が起こっている可能性があるのです!

 

市販の白髪染めで白髪が増えるって聞いたけどホント?

 

 

過酸化水素水が白髪を増やしているのかもしれないということが分かったところで、その過酸化水素水がどんな白髪染めに含まれているのかを調べてみました。

 

実際に白髪が増えてしまった人からの口コミによると、「市販の白髪染め」に関する噂が多数です。
一体どんな製品に過酸化水素水が含まれているのでしょうか。
また、過酸化水素水以外に白髪を引き起こすような成分はないのでしょうか。

 

白髪染めといっても「市販品」に限るらしい

初めに分かったのは、全ての白髪染めではなく「1剤と2剤を混ぜ合わせるヘアカラータイプ」に限った噂のようだ、ということです。
もっともオーソドックスなタイプの白髪染めなだけに、これが真実だとしたらショックですね。

 

ちなみに白髪染めには、ヘアカラー以外にも様々なものがあります。

  1. 市販のヘアカラー(混合液で内部からしっかり染めるもの)
  2. 市販のヘアマニキュア(髪の表面だけをコーティングするように染めるもの)
  3. ヘアカラートリートメント
  4. ヘナによる白髪染め
  5. 美容室での白髪染め

ちなみに、「1.市販のヘアカラー」と「5.美容室での白髪染め」にはほぼ違いがありません。
薬剤の濃さと技術が違うだけで、基本的な染毛の仕組みは同じなのです。

 

このように種類がある中で、市販のヘアカラータイプの白髪染めに限って白髪が増えてしまうのは何故か。
つまり、ヘアカラーに使う薬剤に過酸化水素水が含まれているということになるのです。

 

科学的根拠はなく発表もされていない

ここで、市販の白髪染めによる染毛のメカニズムをおさらいしてみましょう。

  1. アルカリ剤でキューティクルを開く(1剤)
  2. 酸化染料が髪の内部に浸透する(1剤)
  3. 酸化剤で脱色/発色させる(2剤)

白髪も黒髪も同じ色味で綺麗に染まるよう、2剤の酸化剤には脱色の作用もあります。
黒髪を脱色させて色を入れることで、全体が同じように染まるという仕組みです。

 

漂白や殺菌の作用がある過酸化水素水が含まれているのは、ヘアカラーの2剤。黒髪を脱色させる薬剤です。
「市販の白髪染めで白髪が増える」という噂の根は、どうやらここにありそうです。

 

しかし、この過程で白髪が増えるのだとしたら、黒髪用の「おしゃれ染め」と呼ばれるものでも白髪が増えてしまうはず。
こちらは白髪染めに比べて脱色剤を多く使っているので、白髪染めよりもよほど髪を傷めそうですね。
そして前述したように、基本的な白髪染めの工程は美容室でも変わりません。

 

そこで今度は「科学的根拠」「医学的根拠」といったものを徹底的に探してみましたが、残念ながら見つかりませんでした。
いわゆる健康被害のような訴えもなく、研究発表もされていないのが現状のようです。

 

白髪が増えたように思える原因は他にもある

 

 

白髪が増える原因は、決して過酸化水素水だけとは限りません。
実際、白髪染めとは関係のない要因で白髪が増えているように感じることもあるのです。
どうして白髪が増えたように思えるのか、次はそこを探ってみましょう。
あなたにも心当たりがあるかもしれませんよ。

 

白髪に対して意識が過剰になっている

白髪に限らず、薄毛や顔のシワなど、年齢による変化に対して人は敏感になりやすいものです。
それが自分のこととなるとなおさら、敏感を通り越して過剰になってしまうのが常というもの。
中には、毎日しっかり「白髪チェック」をしている人もいるのでは?

 

白髪を気にしていると、それが1本2本増えても過敏に反応してしまいます。
そのため、本当はそれほど白髪が増えていないのに、退色して白髪が目立ってきた/根元が伸びて白髪が見えてきた状態で、前に染めた時よりも増えているのでは?と感じてしまうのでしょう。
上手に染められれば染められるほど、そう感じてしまうかもしれませんね。

 

髪が傷み過ぎている

傷んでパサついた髪が、光の加減によって白く見えてしまうこともあります。
これは白髪に限らず、例えば脱色やヘアカラーを繰り返した髪も同じことですよね。

 

市販の白髪染めはどんな髪質でも染められるように、かなり強い薬剤が使われています。
染めている最中に頭皮が熱くなったりヒリヒリしたりといった副作用は、そのためです。

 

もちろん頭皮だけではなく、市販の白髪染めによる髪へのダメージも相当なもの。美容室では「リタッチ」といって伸びた部分だけを染めることが可能ですが、自分で染める場合はそう上手くはできませんよね。
染めを繰り返した場所を更に染め続けるのですから、髪が傷んでしまうのは当然なのです。

 

白髪だと思った1本の髪が、実は傷んだ髪の毛だったというのは少なからず有り得るでしょう。

 

白髪は自然と増える

白髪染めのせいではなく、残念なことに白髪はどんどん増えていくのが普通です。
一旦生えると、体質にもよりますが自然と増えていくケースが多いでしょう。

 

平均して、髪は1ヵ月に1cm伸びると言われています。大体1~1.5ヶ月に1度染めるとして、その度に白髪が増えたように感じるのは、もしかすると自然なペースで白髪が増えてしまっている可能性があります。

 

白髪を増やさない白髪染めはないの?

 

もしかすると定期的に使っている白髪染めが白髪を増やしているのかもしれない!そう考えると、愛用の白髪染めの成分も気になってしまいますよね。
しかし、白髪を放っておく訳にはいきません。
白髪を増やすことのない、安全な白髪染めで髪を守りましょう!

 

過酸化水素水が配合されていない白髪染め

まず、定期的にヘアカラーで染毛している人は、白髪染めを変える必要があります。
内部から染めるタイプの白髪染めには、ほぼ確実に脱色剤が含まれています。
1剤と2剤に分かれているタイプの白髪染めは避けましょう。

 

ちなみに美容室での白髪染めですが、髪質によって薬剤を調合してもらえるところがほとんどです。
脱色剤については担当の美容師に相談してみると良いですね。

 

過酸化水素水が含まれていない白髪染めは、以下の通り。

  • ヘアマニキュアタイプの白髪染め
  • トリートメントタイプの白髪染め
  • ヘナカラーによる白髪染め

毛髪の表面を染めるタイプの白髪染めは、使用頻度は高くなりますが髪にも頭皮にも優しく安全です。
特に髪が傷んでいる人は、ヘアカラートリートメントがおすすめですよ。

 

白髪を増やさないためにできること

 

白髪の増加は加齢に伴う現象、と言っても、白髪は出来れば増やしたくないですよね。
黒髪に戻すことはかなり難しいので、これ以上増やさない!を目標に頑張りましょう。
安全な白髪染めを使うだけではなく、日常生活のちょっとした努力が白髪を防いでくれるかもしれません。

 

白髪を増やさない食べ物を摂取する

 

毎日の食事は、身体の健康にも美容にも直接関わってくる大事なもの。
特に白髪が気になる年齢になってきたら、普段の食事をしっかり見直したいですね。

 

白髪の原因の1つに過酸化水素の蓄積があるとお話ししました。
その過酸化水素を含む活性酸素は、体内で自然発生するものです。
白髪染めを変えて過酸化水素の蓄積を抑えても、発生を防ぐことは出来ません。

 

活性酸素の働きを防ぐ栄養素は、ビタミンA、C、Eです。
抗酸化作用があり、老化を防いだり肌のターンオーバーを促進させる他、メラニンの代謝を良くする作用もあります。白髪を増やさないために、積極的に摂りいれましょう。

  • ビタミンA…レバー・うなぎ・あなご
  • ビタミンC…カラーピーマン・パセリ・レモン
  • ビタミンE…魚卵(すじこ、たらこなど)

逆に過酸化水素を多く含む食品もあります。
何気なく飲んでいる人が多いでしょうが、コーヒー、紅茶、烏龍茶などです。
習慣になっている人は、少し控えめにして下さいね。

 

白髪を増やさない生活習慣

運動は身体に良いと思われがちですが、あまりに激しい運動は過酸化水素の生成を促進させてしまうそうです。
これまで運動不足だった人が、健康的な生活を送るために突然ジムに通って数時間運動する……これは全くの逆効果になりかねません。
運動をするなら適度に、そして継続が大切です。

 

マンションのエレベーターを使わずに階段を上り下りする習慣をつけたり、車をやめて公共交通機関を使う生活を送ってみるのも良いのではないでしょうか?
過酸化水素の過度の生成を抑え、なおかつ基礎代謝が上がり血行が良くなることで白髪の改善につながります。

 

また、ストレスも過酸化水素を大量に発生させてしまいます。仕事で疲れている時は早めに帰ってゆっくり休んだり、休日は何もせずにごろごろしたり……週に1日はそういう日が欲しいですね。忙し過ぎてとても時間を確保出来ないという人は、違う方法でストレスを発散させましょう。

 

  • 布団の中で大声を出す
  • とにかく口に出して愚痴を言う(独り言も可)
  • 泣いたり笑ったりできる動画を観る

ストレスは白髪だけではなく、健康にも美容にも良くありません。あまり溜め込まず、適度に吐き出すことがポイントです。

 

まとめ

白髪染めが白髪を増やすのは、決して噂の域を出ないにしろ、まるで根拠のないことでもなさそうです。
まずは市販のヘアカラーをやめ、髪と頭皮に優しいヘアカラートリートメントを検討してみましょう。

 

そして、これ以上白髪を増やさないために出来ることを、1つずつ試してみて下さいね。
かと言って、生活習慣の改善自体がストレスになってしまっては元も子もありません。
簡単に取り組めることから、無理のない範囲で始めてみましょう。
安全に髪を染め、健康的な生活を送ることで、見た目も気持ちも若返ること間違いなしです!

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る