白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!

 

年齢を重ねると頭に白いものが…。
仕方ないこととは解っていても、気になってしまいますよね。

 

そんなときに使用するのが白髪染めですが、白髪染めの種類によっては髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。
白髪染めの注意点や種類ごとの適切な頻度についてご紹介します。

 

まず最初に種類ごとの適切な頻度をご覧ください。

 

分類

永久染毛料

半永久染毛料

一時染毛剤

種類 2剤式ヘアカラー(ヘアダイ・白髪染めなど) ヘアカラートリートメント ヘアマニキュア(酸性カラー) 一時染毛剤(スプレー・クレヨンなど)
染料の種類 酸化染料(ジアミン系染料)

植物染料
塩基染料
HC染料

酸性染料(タール染料) 顔料
長所

・1度でしっかり染まる
・髪の内側まで染まる
・色もちが良い

・刺激が少ない
・手軽に扱える
・連続して使える

・刺激が少ない
・しっかり着色できる

・刺激が少ない
・手軽に扱える

短所

・染色時の刺激が強い
・アレルギーや健康被害の懸念
・髪の毛にダメージが残りやすい

・色づきは穏やかで一度では濃く染まらない
・洗うたびに少しづつ色が落ちる

・地肌に着くと落ちない
・少しづつ退色する

・効果は一時的で持続しない
・水で落ちるため汗や雨は禁物

色もち 2ヶ月 2~3週間 1~1ヶ月半
適正頻度 2ヶ月以上 1週間ごと 1ヶ月半

 

 

【みんなの意見】何歳から、どれくらいの頻度で白髪を染めていますか?

 

白髪に対する意識は人それぞれ。
とはいっても他の人がどうしているのか、気になりますよね。

 

最近白いものがちらほら見え始めたけど、これって染めるべきなの?まだ大丈夫?
まずは2016年にリクルートが行った調査から、平均的な日本人女性の白髪への意識をチェックしてみましょう。

 

どれくらいの人が白髪を染めてるの?

20~69歳の女性へのアンケートでは、白髪がある人の75.3%が"何らかの形で白髪染めを行っている”という結果になりました。

 

"白髪があるけれど染めていない”と言い切った人が23.5%なので、4人中3人は染めているという結果に。
~69歳という年齢層の幅を考えると、50代までの女性のほとんどが白髪を染めていると言い切っても良いかもしれませんね。

 

みんな何歳から白髪染めを始めたの?

同じ調査では、白髪が気になり始めた年齢と白髪ケアを始めた年齢の平均値を知ることが出来ます。

 

白髪が気になり始めるのは男性が37.4歳、女性では38.3歳。
意外にも男性の方が早く白髪を気にし始めるという結果になりました。

 

では白髪染めを始めたのは?

こちらは男女ともほぼ同じで、40~41歳の間に始めるのが平均的であるという結果です。

 

ちなみに、女性の場合「何歳まで白髪を染めますか?」という質問に対して平均で76.7歳、31.3%の人は「ずっと染めたい」と回答しています。
仮に40歳から染め始めるとするとなんと35年以上、40年50年と白髪染めを使い続けるという人も珍しくはないのです。
自分で思っているよりもはるかに長い間、白髪染めとの付き合いが続くという結果が見て取れます。

 

どこで、どれくらいの頻度で染めているの?

これについても統計が発表されています。

 

女性の場合、1年間で白髪染めを行う回数はサロンの場合で7回。
市販のヘアカラーで自宅染めをする人は、平均で年間15回も染めているという結果になりました。

 

自染めでは生え際などがしっかりと染まりにくいこともあり、サロンの倍以上の回数をこなさないと白髪が気になってしまうということがはっきりとわかりますね。
価格が安く簡単に買えるために気軽に使えてしまうのも、回数が増える原因でしょう。
平均値でこの数字なので多い人は月に2回というケースもありそうですが、30年以上これを続けるとなると色々な意味で負担が気になります。

 

それではこの統計結果を踏まえて、白髪染めにはどんな影響があるのか、またどのくらいの頻度が適切なのかを詳しく見ていきましょう。

 

白髪染めには危険がいっぱい!?体に対する影響がこんなに!

 

ドラッグストアで手軽に買えて、特に化学薬品という意識も持たずに気軽に使う白髪染めですが、あまり知られていない危険性がたくさん潜んでいます。
まずは白髪染めが頭皮や体に与える影響を知っておきましょう。

 

2剤式の白髪染めは特に頻度に注意!その理由は?

1度でしっかりと染まって色もちが良いことで最も一般的に使われているのが、2剤式の白髪染め。

 

最近ではわざわざ自分で混ぜなくてもワンプッシュで2剤が同時に出てくるものやふわふわのフォームで出てくるものも増え、安価で手軽なため大人気商品になっています。
しかしこの手軽な2剤式白髪染めには、実は大きな危険が潜んでいるのです。


2剤式の白髪染めは頭皮の上の化学工場!?

サロンでのヘアダイも家庭用の2剤式白髪染めも、原理はまったく同じです。
直径0.08mmという細い髪の毛の上で、アルカリと酸による強い化学反応を起こして素早く髪の色を変えていきます。

 

その仕組みを簡単にまとめるとこうなります。
最初に1剤に含まれるアルカリ剤がキューティクルを開き、その隙間から2剤の過酸化水素水(オキシドール)が入り込んで髪の毛の色素であるメラニンを分解します。
と同時に1剤に含まれる酸化染料が2剤の過酸化水素水と化学反応によって発色し、毛髪の内側からしっかりと色を付けます。

 

一度髪の毛本来の色を抜いてから染めるのでどんな色でも染まりが良く、キューティクルの奥まで染料が入るので一度染まった部分は色落ちもしません。

 

ただ、この仕組みには髪の毛や頭皮に大きな負担をかける危険性があります。

 

キューティクルへの影響

まず気になるのが、アルカリ剤によるキューティクルへの影響。
キューティクルは本来ぴったりとうろこ状に閉じているのが健康な状態ですが、一度開いてしまうと元のようなピッタリ閉じた状態には戻りにくくなります。
キューティクルが開いたままになった髪の毛は乾燥してもろく、切れ毛や枝毛が起こりやすくなります。

 

過酸化水素+アンモニアによる脱色作用

2剤式の白髪染めは元の髪色よりも明るいトーンのカラーを選ぶことが出来ますが、濃い色を明るい色に染め直すということは、髪の色を抜いているからこそ実現できるのです。
髪の毛を黒くしているメラニン色素を分解して白くしてしまうので、元々黒かった髪も色が抜けた状態になります。

 

頭皮にも影響があり、過酸化水素水の影響で毛母細胞がメラニン色素を作れなくなって、結果的に白髪を増やしてしまう可能性が指摘されています。

 

もっと怖い!アレルギーや発がん性の危険も!

2剤式の白髪染めに使われている色素は、酸素と反応して初めて発色する「酸化染料 」と呼ばれるものです。
2剤式で自染めをした方はご存知でしょうが、2剤は混ぜる前はそれぞれ白色や薄黄色ですよね。
混ぜてから時間がたつとどんどん黒くなっていきますが、あれが酸化の化学反応を目の当たりにしている瞬間です。

 

酸化染料として最も広く普及しているのが、「パラフェニレンジアミン 」などの「ジアミン系染料」と呼ばれるものです。
少量で様々な色を調整することが可能なため、サロンや家庭で使われるほとんどの白髪染めにはこのジアミン系染料が使用されています。
ところがこのジアミン系染料には、重大な健康への懸念が指摘されているのです。

 

2011年、EUでは「発がん性が立証された」としてパラフェニレンジアミン(PPD)の使用が全面的に禁止されました。
それ以前から直接接触によるかぶれや結膜炎などの他に、喘息や腎障害、再生不良性貧血など体の機能自体に重大な悪影響を与える可能性が示唆されてきましたが、現時点では国内でヘアカラー製品へのジアミン類の使用制限はありません。

 

ジアミンの恐ろしいところは、日ごろ白髪染めを使っていて特に問題ないと感じていても、ある日突然アレルギー症状が現れることです。
頭がかゆい、フケが増えたかも、などとのん気に構えていると、急激なアレルギー症状によるアナフィラキシーショックを引き起こしてしまう可能性もゼロではありません。

 

白髪染めやヘアカラー製品には「必ずパッチテストをしてください」と書かれていますが、これは裏を返せば低くない確率でアレルギーを発症する人がいるということなのです。
年に15回、30年以上も使い続ける製品として、これは安心できると言えるのでしょうか?

 

なぜサロンならダメージを抑えられるの?

 

サロンで白髪染め(ヘアダイ)をする時にも、使われている薬剤は同じような成分の物です。
ただし施術によっては健康被害を低めに抑えることが出来ると言われています。

 

自分で染めるとき、どうしても生え際や根元の気になる部分を染めたいあまりに地肌にもべったりと薬剤をつけてしまいがちですね。
美容師さんの施術では、毛束を小分けにして持ち上げながら塗ることで、皮膚への直接の接触を最小限まで抑えることができます。

 

また薬剤自体も髪質や髪色に合わせてその場で配合を変えており、どんな髪でも短時間でくっきりと染めることを目的とした市販品よりも刺激を弱くすることが出来ます。

 

大型のドライヤーで温めながら長めに放置することでしっかりと染まり、細かい生え際もきれいに色が入るため、年間で平均7回という少ない回数を実現することが可能なのです。

 

同じ薬液を使用してもサロンでの白髪染めの方がダメージが少ないのは、こうしたプロの技術によってカバーされている部分が少なくないからなんですね。

 

白髪染めの適正な頻度はどれくらい?

 

 

白髪染めと一言で言っても、使う薬剤によって使っても良い回数や期間は大きく変わります。
ここではよく使われる白髪染め製品ごとに、お勧めできる使用頻度を解説します。

 

製品によって使用可能な頻度は大きく違う

白髪染めに使われる物には、大きく分けて4つの種類があります。

  • 2剤式白髪染め(ヘアカラー・ヘアダイ・アルカリカラーなど)
  • カラートリートメント
  • ヘアマニキュア
  • 一時染毛料(スプレー・クレヨン・カラースティックなど)

 

それぞれに特徴があり、適正な使用頻度にも違いがあります。
それぞれのカテゴリーごとに適性頻度をチェックしておきましょう。

 

市販の白髪染めやサロンでのヘアダイは2ヶ月に1回が限度

上に書いた通り、2剤式の白髪染めには健康被害をもたらす成分が大量に含まれています。
今まで大丈夫だったからと言って頻繁に使い続ければ、アレルギーなどの重大な影響が出てしまう可能性はどんどん高くなります。

 

医師や美容師の意見として最も多いのが、「2剤式白髪染めは2ヶ月に1回が適正頻度」という意見です。

 

日本人の髪の毛の延びる速さは平均で1日に0.3~0.4mm なので、1ヶ月ではおよそ1cmくらいになります。
生え際が2cmも伸びるまで我慢するのはちょっと辛いかも?

 

そんな場合は、気になる生え際や根元だけを部分染めでカバーするのがお勧めです。
部分染めとはいっても同じ薬剤を使うのであれば、間隔は1ヶ月以上空けてください。

 

ヘアカラートリートメントは週に1回で色もちが持続

白髪染めで最近特に注目を集めているのが、シャンプーの時に使えるトリートメントタイプのヘアカラーです。
ジアミン類や過酸化水素水を使用していないため危険性が低く、シャンプーのたびに使っても髪や地肌を傷める心配はありません。
最初の2、3回は続けて使用し、その後は週に1回の使用でしっかりと白髪を隠すことが出来ます。

 

弱点は2剤式よりも染色力が弱く、1度でしっかりとは染まりにくいことでしょう。
毛髪の中まで染み込まずに表面をコーティングするだけなので、そのままの状態だと色もちも2週間程度と、2剤式と比べると弱くなります。

 

その代わり短い間隔で連続して使えるため生え際の白浮きなどはほとんど気になりませんし、常に重ねて色が入るため安定したカラーリングが実現できます。
トリートメント効果もあるので、髪がパサつきがちな40代以上の女性や化学薬品のアレルギーなどが気になる人には、一番お勧めな白髪染め製品です。

 

ヘアマニキュアは比較的安全だけど面倒?

ヘアマニキュアもカラートリートメント同様、過酸化水素水やアルカリ剤を使わない半永久染毛剤と呼ばれるカラーリング方法です。
カラートリートメントとの大きな違いは染料の種類で、石油由来のタール染料を使って髪の毛の表面をガッチリとコーティングすることで着色します。
天然染料や化粧品用の顔料を使用しているカラートリートメントと比べると1ヶ月半程度と色もちが良く、一度でしっかり染まる点でも優れています。

 

ただし大きな欠点として、毛の生え際まで染められないということが挙げられます。
ヘアマニキュアのタール染料は地肌につくと落ちなくなってしまうため、サロンでも根元から2mm程度は染めずに残します。

 

そのため白髪染めの場合は根元の白さが目立つのが早くなってしまい、結果的に回数が増える傾向があるのです。
タール染料自体も発がん性が指摘される成分なので、自宅で染めるときも絶対に地肌につかない工夫とテクニックが必要になります。
ダメージが少ないので2剤式よりも頻繁に染めても問題はありませんが、自分で染めることが難しいのでサロンに頼らざるを得ないのがコスト的には厳しいですね。

 

白髪染めを減らして 一時染毛料でしのぐのも一つの手?

カラートリートメント以外の白髪染めは、ダメージやコストなどの理由である程度の期間が開いてしまうのは仕方のないことです。
でも染めてから2週間も経つと、根元にチラホラと白いものが見えてきてブルーな気分になってしまいますよね。
だからといって刺激が強い2剤式白髪染めを頻繁に使うことは絶対に避けなければなりません。

 

どうしても2剤式の白髪染めやヘアマニキュアを使いたい場合は、染められない期間をカラースプレーやヘアクレヨンでしのぐという方法もあります。
お出かけの前のひと手間が面倒でなければ、コストもそれほどかかりません。

 

1度シャンプーすれば落ちてしまいますし、汗をかけば流れてしまうのでスポーツなどには向きませんが、肌や髪の毛のダメージを避けるには有効な選択肢の一つと言えるでしょう。

 

まとめ

 

髪の毛の悩みは一生続きます。
安いから、楽だからというだけの理由で危険性の高い物を安易に使い続ければ、20年後30年後の自分自身にツケが回ってくるかもしれないのです。
どんな方法を選ぶにしてもそのリスクと利点をしっかり把握して、適切な頻度を守ることを忘れないでください。

 

※白髪に関する調査結果については「(株)リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー調べ」 から引用しました。
http://hba.beauty.hotpepper.jp/search/trade/hair/1672/

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る