メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?

 

久しぶりに同級生と会ったら、必ず始まるこんな会話。
「お前白髪増えたなー」
「そうなんだよ。最近苦労してっからなー」

 

言われてみれば白髪、急に増えてきてませんか。
50代60代ならともかく、まだまだイケると思ってるのに、それはダメでしょ。

 

男だって身だしなみに気を配るのが当たり前の時代です。
メンズにお勧めの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!

 

 

男性だって白髪染めは必要!?統計からわかる真実!

 

世の中は男性の白髪に対して比較的寛容なように見えます。
吉川晃司はイメージの良い白髪男性のトップですし、政治家なんて白髪があった方が偉そうに見えますもんね。
でもあの人たちは50歳以上ですから。
逆に40代でも、白髪混じりのキムタクや福山雅治はあんまり想像したくありません。

 

あなたはどうですか?白髪でも勝負できますか?よほど見た目に特徴がない限り、白髪は目立ちますし老けて見えます。

 

実際に男性の白髪に対するイメージがどんなものなのか、アンケートの結果があるのでチェックしてみましょう。

 

男性は自分の白髪をどう思ってるの?男性1000人の回答

まずは男性自身が白髪に対してどんな意識を持っているかの調査結果です。

 

あなたは何歳から白髪が気になり始めましたか?

平均38歳

白髪染めを始めた年齢は?

平均40.9歳

 

もちろん20代から白髪が気になるいわゆる若白髪の人も多いでしょうが、多くの男性は30代後半になると白髪を気にし始めるようです。
そして気になり始めてから遅くとも3年以内には白髪を染め始めています。

何歳まで白髪をケアしたいですか?

平均63.2歳
女性の平均が70歳なので、やはり白髪に見切りをつけるのは男性の方が早いようです。
定年を迎えるまでは何とか黒髪かグレーヘアで押し切りたいという気持ちの表れかもしれませんね。

男性の意識はおおよそ把握したところで、では肝心の女性が男性の白髪をどう感じているかも見ておきましょう。

 

女性1000人の回答!男性の白髪はこう見えている

 

男性の白髪に対するイメージは?

 

  1. 老けて見える 53.2%
  2. 落ち着いて見える 29.2%
  3. シンプル、飾らない 26.8%
  4. 疲れて見える 21.7%

おお!良かったですね。
およそ6割の女性が、男性の白髪は「シンプルで飾り気がなく、落ち着いて見える」と回答しています。
ただしこれは複数回答可のアンケートなので、その裏で同時に80%近くの女性が「白髪の男性は老けて疲れて見える」とも感じてるってことです。

 

1000人の女性がどう見ているかはともかくとして、あなた自身とあなたのまわりの女性がどう感じているかが肝心。

 

もし「俺は自然体がカッコイイ!このままいくぜ!」という方はここでページを閉じて我が道を進んでください。
やっぱり疲れて見えてしまう白髪はNG!ケアして若々しくパリッとしたいというあなたのために、男性向け白髪ケアのノウハウをお教えします。

 

※アンケート結果は、「リクルートライフスタイル 白髪に関する意識調査2017」から抜粋しました。
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/pressrelease/beauty/nw25037_20171023

 

メンズとレディスの白髪染めの違いについて

 

 

白髪をなくすといったって、いくら食事や生活態度を改めても一朝一夕で髪が黒く戻るわけではありません。
手っ取り早いのはなんといっても白髪染めでしょう。

 

女性ならほとんどの人が白髪染めに広い知識を持っているものですが、男性用となると種類や選び方から手探りなはず。
メンズ白髪染めにはどんなものがあるのか、女性用とはどう違うのか、基本を押さえておきましょう。

 

白髪染め、男性用と女性用はこう違う

白髪染めが気になってドラッグストアのコーナーを眺めたことがある人ならご存知のとおり、白髪染めにも女性用と男性用があります。
女性用のコーナーがドドーンと何メートルもあるのに対して、男性用って少ないですよね。
なんでこんなに差が出るの?

 

男性用と女性用では成分が違う?

顔用のローションなんかだと、男性用と女性用ではだいぶ使った感じが違いますよね。
男性はべたつきを抑えてさっぱりする物を好み、女性は逆にしっとり潤う成分を望みます。
では白髪染めにも同じような違いがあるのでしょうか?

 

答えは「NO」です。

 

美容院で白髪染めを頼むと、男性と女性で薬剤を変えたりはしません。
変わるのは色の好みと使う分量くらいなもの。
白髪を染めるメカニズム自体には、男と女の差などありません。

 

一般的に白髪染めと呼ばれる製品は、2液を混ぜて化学反応によって毛髪に着色します。
最初に過酸化水素水で髪の毛を染まりやすいように脱色してからアルカリ剤を使って髪の表面をウロコのように覆うキューティクルを浮かせ、その隙間から酸化染料をしみ込ませて定着させます。

 

あえて違いを上げるとすると、男性用の方が早染めタイプが多いくらいでしょう。
普通染めと早染めの違いは染料の浸透性を上げるために基剤を変えている点で、仕組みそのものの差ではありません。

 

では女性用の白髪染めを使ってもOK?

もちろんOKです。
ただ、男性が女性用の白髪染めを使うなら、細かい違いを知っておいた方が良い点もいくつかあります。
購入する前に、これだけは押さえておいてください。

 

色味が違う

男性用に好まれる髪色は、「黒」「ダークグレー」「ダークブラウン」などのアッシュ系。
平たく言うと、色が抜けてきたときにグレーやブルー系になってくるものです。

 

女性用の白髪染めは同じブラウン系でも赤みが強いものが多く、日光に当たると色が抜けた部分がキラキラと赤や黄色に光ります。
好みの問題ではありますが、結構見た目が変わりますので要注意。

 

その代わりに明るめな色は圧倒的に女性向けの方が多いので、カラーにとことんこだわりたいなら女性用から選ぶのもアリです。
ドラッグストアの売り場面積の差は、このカラーバリエーションの差と言っても過言ではないんです。

 

香りが違う

女性用の白髪染めは、フローラルな香りの物が主流です。
白髪染め特有のにおいをカバーするためなので男性用にも香り付きが多いですが、こちらはシトラス系の爽やかな物が主流です。

 

放置時間が違う

女性は髪が長く細いため、早染めタイプだと最初に塗った部分だけが濃く染まってしまいます。
その点男性の髪はパパっと全体に塗れる短さなので、5分程度で染まる早染めタイプが主流です。
女性用だと商品名に「早染め」とついていても放置時間が15分くらいはかかったりするので、女性用を使う時は注意してください。

 

結局どれを使えばいい?悩み別チェック方法

たかが白髪染めと言っても、こうして並べると結構見るべき点が多くて面倒くさい物ですね。
手っ取り早く自分に合った白髪染めを決めたい人はここをチェックです。

 

とにかく手っ取り早く白髪を隠したい

メンズ用の白髪染め一択。
色はベタっと黒くならないダークグレーかダークブラウンがお勧めです。

 

カラーにもこだわりたい

女性用から選ぶのも手ですが、まずは男性用のカラーバリエーションから探してみて。
よほど明るい色やポップな色でなければ、メンズもかなり色数が増えてきています。

 

フケが気になる、頭皮がやばいor頭皮をケアしたい

カラーシャンプーやカラートリートメントを検討してみては。
一発で真っ黒にはなりませんが、ケアしながら自然に染まって地肌の老化を防いでくれます。
20代30代の若白髪かくしならなおのこと、染める期間が長くなることも考えて負担が少ない物を選ぶのがベター。

 

自分でできる自信がない

素直に美容院に行きましょう。
一度美容院で染めてもらうと大体の感じがつかめますから、ついでに自染めのコツなんかも聞いてみちゃいましょう。

 

男性が白髪染めをする時の注意点!

 

 

さて、白髪を染めるために何を使うか決まったら、次は白髪染めの注意点についてです。
特に初めての人は必見!失敗しないためのコツを抑えましょう。

 

カラーの考え方

男性の白髪染めというと、とにかく黒くすればOKと思い込んでいる人が多いようです。
カラーもはっきりしたブラックを無条件に選びがちですが、でもちょっと待って!ホントにそれでいいの?

黒は実は難しい色?

まずは鏡を見てください。
できれば日光が当たった状態で、毛先のあたりをチェックしてみましょう。
あなたの髪、本当に真っ黒ですか?

 

男性の髪は太くて短いので、女性よりも黒く見えるのは事実です。
でも実は、男性でも漆黒の髪の毛の人は意外と少ないんです。

 

 

白髪染めのブラックは、それこそ墨汁を塗ったように真っ黒く染まります。
自毛が真っ黒でまだ白髪がそれほど多くないならブラックは良い選択ですが、もしすでに白髪が目立血始めていて毛先がグレーやブラウンがかって見えるなら、黒はNGカラーです。

 

考えてみて下さい。ある程度の年齢の男性がある日を境にいきなり髪が真っ黒くなった、それ不自然じゃありませんか?
ヘタをするとカツラ疑惑を持たれてしまうかもしれません。

 

お勧めはダークブラウン系

髪の毛は毛先に行くほど傷みが出てきて茶色くなります。
短い髪の男性はそれほど目立ちませんが、それでもやはり多少は傷んできます。

 

女性のヘアカラーにブラン系が充実しているのは、何もお洒落のためだけではありません。
自然な髪色を維持するには、ブラウンからダークブラウンが都合が良いからです。

 

ブラウンやダークブラウンて明るすぎてチャラい感じにならない?
これは結構気になるところですよね。

 

でも大丈夫。市販の白髪染めの場合、思ったよりも暗めの色に仕上がることがほとんどです。
ダークブラウンだとほぼ黒くらいの色味になります。
男性用の場合は赤みが少ないので、さらに落ち着いた感じに染まると考えて問題ありません。

 

あんまり黒っぽいのもなぁ、と思われるなら、ブラウンもお勧め。
少なくとも想像しているような茶髪になっちゃうことはありませんから、その点は安心してください。

 

そういえば白髪染めの成分て何だ?いきなり塗っても大丈夫?

白くなった髪の毛を染めるための仕組みにはいくつかの種類があります。
代表的なものを2つ、ご紹介しましょう。

 

2剤式の白髪染めは化学反応でしっかり染める

一般的に白髪染めと呼ばれるものは、化学反応を使って毛髪を染色する仕組みを採用しています。
二つの容器に分かれており、1剤は酸化染料(ジアミン)とアルカリ剤、2剤は過酸化水素水が主成分です。

 

最初に1剤のアルカリ剤が毛髪のキューティクルを開き、同時に2剤の過酸化水素水が髪の色素を漂白して染まりやすい状態に準備します。
次に1剤に含まれる酸化染料が2剤の過酸化水素水と反応して発色し、髪の芯まで浸透して定着します。

 

この仕組みの最大のメリットは、ジアミン染料が安価でカラーバリエーションが豊富であることと、髪の毛の中まで染料が入り込むために簡単には落ちないということです。

 

デメリットは刺激が強く、体質によっては過激なアレルギー反応を示す場合があること。
そのため白髪染め製品のパッケージには、必ずパッチテスト(皮膚に薬剤をつけて異常が出ないかを試すテスト)を行うように指示が書かれています。

 

特にジアミン系染料についてはヨーロッパのいくつかの国では使用が禁止されるほどアレルギーへの懸念が大きく、アメリカでの研究では発がん性(リンパ腫)への関与が解明されるなど、健康面での安全性に対して疑問が持たれている物質です。

 

もちろん月に1度程度の使用ですぐに健康被害が出るわけではありませんが、そういった薬剤が使用されていることは覚えておきましょう。

 

皮膚が弱い人、頭皮が荒れていてフケが出やすかったりかゆみがある人の場合、2剤式の白髪染めはお勧めしません。
刺激が強い薬剤であることを理解したうえで使ってくださいね。

 

カラーシャンプー・カラートリートメントは本当に染まるのか?

では安心な白髪染めはあるのか?という問いかけに対して最近人気なのが、洗髪のたびに少しづつ染めるカラーシャンプーやカラートリートメントと呼ばれる製品です。

 

この二つに共通する利点として、まず頭皮や髪の毛にストレスが少ないということが挙げられます。
ジアミン系の染料や過酸化水素水を使用しないため、髪や地肌への負担が最小限に抑えられます。
自然に少しづつ色が濃くなっていくため、「あ、髪染めた?」とばれにくいのも大きなメリットです。

 

そしてオトコにとって一番ありがたいのが、毎日のシャワーでパパっと使えるところでしょう。
白髪染めは準備から洗い流すまでに時間もかかり、結構面倒くさい手間も必要ですが、シャンプーやトリートメントなら普段とそう変わらずに簡単に使うことができてしまいます。
継続するのが苦にならないので、自然な白髪かくしをしたいならかなりお勧めです。

 

デメリットは、一度でバッチリ染まるというわけにはいかないところ。
最初の数回は、白髪にほんのり色がつく程度なので、即効性を求める人だと不満に感じてしまうかも。

 

カラーシャンプーは、5回目くらいから白髪が目立たなくなり、他の髪の毛と紛れて自然な色味に落ち着きます。
カラートリートメントはシャンプーよりも早く最初から色が入りますが、やはり1度で真っ黒にはなりません。
どちらも続けて使うことを前提として作られているので、一度落ち着けばずっとその状態を維持することができます。

 

白髪染めではお勧めしませんでしたが、カラーシャンプーやカラートリートメントの場合は、ブラックを選んでも大丈夫。
しっとり沈んだ色味になるので、キラキラした白髪が目立たずに自然な髪色を維持できますよ。

 

人気のメンズ用白髪染めをおすすめ3選!

実際にどの白髪染めを選ぶのかまだ迷っている人のために、お勧めの商品をピックアップ。
「白髪染め」「カラーシャンプー」「カラートリートメント」からダントツで人気のあるものをご紹介します。

 

2剤式白髪染めなら手間が少ない「ホーユー メンズビゲン ワンプッシュ 7 」

白髪染めでおなじみ、ビゲンのメンズカラーです。
2剤式白髪染めは2つの容器から同量のクリームを絞り出して混ぜて使う物が多い中、ワンプッシュで2剤が同時に出てきて混ぜる必要もないというお手軽さがウリ。
専用のブラシに出してそのままとかすように塗るだけなので、ブキッチョで面倒くさがりな人でも簡単です。

 

5分放置でしっかり染まるので、とにかく手っ取り早く黒髪を取り戻したい人にお勧め。
カラーバリエーションはライトブラウンからナチュラルブラックまで5色です。

 

カラーシャンプーは女性にも人気の「利尻ヘアカラーシャンプー」一択

白髪染めの大先輩、多くの女性が選ぶダントツ人気のカラーシャンプーです。
利尻昆布から抽出したケア成分が配合されており、洗い上がりの髪のハリとツヤが全然違います。
フケが多い人や肌がかぶれやすい敏感肌のメンズには特にオススメ。

 

1回ではほとんどわからないくらいの色づきですが、使い続けるとだんだん白髪が目立たなくなるタイプです。
しっかり染めたい、1発でキメたい人には不向きですが、白髪を染めていることを知られたくない、白髪を目立たなくしたいという人なら充分満足できるはず。
コツは放置時間を少し置くことで、最初に頭にシャンプーをつけてしっかり泡立て、体を洗ったりひげを剃ったりして最後に洗い流すくらいがベスト。
1日置きくらいの使用で、目立つ根元白髪もしっかりカバーできます。
カラーバリエーションはライトブラウンからブラックの4色ですが、メンズならダークブラウンかブラックの濃い目の色が良いですね。

 

トリートメント代わりに使える「スカルプD ヘアカラーコンディショナー」

カラートリートメントは特に女性に人気があり数も多い商品ですが、メンズにお勧めしたいのはやはり男性専用のスカルプD。
染色力も申し分なく地肌にも優しいので、かなり高評価のカラートリートメントです。

 

使い方も簡単で、シャンプー後に付属のクシで塗り付けて5分ほど放置するだけ。
最初にやってしまえば体を洗っている間に染色終了なので、忙しい人にもストレスなく続けられます。
トリートメントだから、白髪染めのように改めてシャンプーする必要はありません。

 

何といっても育毛に力を入れているスカルプDの製品なので、髪や地肌への気配りもバッチリ。
ペタっとせずにボリュームアップしてくれるので、白髪以外の髪のお悩みを抱える男性諸氏にも支持されています。

 

カラーはディープブラウンとナチュラルブラックの2色。
いきなりガッツリと墨汁色にならないので、清潔感重視の社会人にはブラックが◎です。

 

まとめ

 

いかがでしたか?白髪染めのこと、理解していただけたでしょうか。
ぶっちゃけた話、白髪があるからって男性の魅力が激減するかって言うと別にそんなことはありません。

 

最近では50代以上のロマンスグレータレントの活躍が目立つこともあり、ある程度の年齢に達した男性の白髪は「ジェントルマン」「ダンディー」と感じる女性が多いのも事実。
ただし、一歩間違えれば「不潔」「身だしなみに無関心」と捉えられてしまうリスクも当然あります。
特にバリっとスーツを着こなす社会人だと、そんな評価は困っちゃいますね。

 

白髪を放置するか染めるか、それはいつからなのか、すべては貴男次第です。
あなたにピタッと来る白髪ケアを見つけて、生き生きとした毎日を送ってください。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る