短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!

 

髪の短い女性や男性の皆さんは、白髪をどのように染めていますか?
髪が短いと染めるのも手軽で、洗い流すのにも時間がかかりません。

 

長い髪よりも早く染められると思われがちです。
また、白髪の量が少しだからと言ってまだ白髪染めをしていないという人も…。

 

ですが、それは大きな落とし穴。
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!
今回は、短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。

 

 

短髪さん必見!あなたの白髪はこんなに目立っている!

 

白髪の量が多くても少なくても、目立ってしまうのは髪の長い女性よりも短い女性や男性の方です。
白髪や薄毛が気になっている人は日頃からチェックを欠かさないことと思いますが、普段は特に髪を気にしていない人も、一度、鏡で頭部全体を確認してみましょう。

 

短い髪では白髪を隠せない

長い髪やパーマをかけていれば、髪の流れによってうまい具合に白髪を隠すことも出来ます。
しかし、短髪でしかもストレートの場合はそうもいきません。
髪全体が短いため、白髪を隠すことができないのです。

 

長い髪ならば分け目を変えることによって隠せる白髪も、短髪では不可能。
特にこめかみや襟足の白髪は隠しようがありません。
新しく生えてきた白髪も、髪が長ければそれに紛れて気付かないことがありますが、短髪だとすぐに分かってしまいますよね。
短い髪だからこそ、少量の白髪でもきちんと染めておく必要があるのです。

 

伸びた根元部分がすぐに見えてしまう

定期的に白髪を染めていても、髪が短いと根元の部分が丸見え。
人の髪は平均して1ヵ月に1cm程伸びると言われていますが、そのほんの1cmですら隠すことが出来ません。

 

髪が長ければアレンジによって隠すことが出来ますし、根元をふわっとさせておけばそれほど目立たないものです。
きちんと白髪染めをしている短髪さんも、伸びてきた髪には注意が必要です。


短髪の白髪染めって不便って知っていましたか?

 

 

髪の長い人から見ると、短髪だと白髪染めもラクなんだろうなぁ~などと思ってしまいがちですが、実際のところそうでもありませんよね。
それどころか、白髪染めをするにあたっては短髪の方が不便だったりもするのです。

 

薬剤が余ってしまう!

ドラッグストアに売っている市販の白髪染めは、1箱で大体セミロング1回分の量とされていますね。
ショートとロングの間で、多くもなく少なくもないちょうど良い量ではあるのですが、当然ながら短髪の白髪染めとしては薬剤が余ってしまいます。

 

1剤と2剤を混ぜるタイプの白髪染めや、ヘアマニキュアタイプの白髪染めは残った薬剤を保存しておくことも出来ますが(製品によります)、そうではない白髪染めもあります。これでは、短髪さんにとってはコスパが悪いとしか言いようがありません。

 

中には、ガスが発生するため完全に使い切ってから破棄しなければならない白髪染めもあり、余った薬剤の処理に困ってしまうというのが現状です。

 

使用頻度が高くなる

長い髪に比べて白髪を隠しにくい短髪は、白髪染めの回数も多くなりますよね。
白髪で悩んでいる人は特に、ちょっと色落ちしてきただけでも気になってしまいます。
隠しようのない長さの髪だからこそ、つい頻繁に染めを繰り返してしまうのです。

 

しかし、白髪染めに使う染料は髪にも頭皮にも大変負担がかかります。
1剤と2剤を混ぜて使うヘアカラータイプの白髪染めはしっかり染まり、また薬剤を保存しておけるので短髪さんにもおすすめなのですが、髪へのダメージは断トツ。

 

使えば使うほど髪を傷め、それどころか薬剤に含まれている脱色剤が白髪を増やす可能性があるとも言われているのです。

 

これで安心♪短髪さんにおすすめの白髪染めを厳選紹介!

 

白髪を目立たせたくない、だけど髪へのダメージが心配……。
そんな短髪さんにおすすめの白髪染めは、ずばり「ヘアカラートリートメント」!
わざわざ白髪染めのために時間を割く必要もないので、普段から忙しい人も負担なく使うことが出来ます。

 

ヘアカラートリートメントとは、天然由来の植物色素を配合し、一般的なトリートメントと同じように髪の補修成分や美容成分がぎっしり詰まったスグレモノ。

 

しかし、成分を考えれば仕方のないことですが、一般のトリートメントに比べるとお値段が高額だという難点もあります。毎日使うものなので、髪が長い人ほどコスパが重くなってくるといえます。

 

この点、短髪ならば1回に使う量が少ないのでとても経済的。セミロング相当の量の白髪染めを1回毎に使うことを考えれば、量が調節出来て普段のトリートメントと同じように使用するだけのヘアカラートリートメントは短髪さんにこそおすすめの白髪染めと言えます。

 

利尻ヘアカラートリートメント

  • 価格:3000円(初回限定2000円)
  • 送料:540円(初回限定2本セットで送料無料/通常7000円以上の購入で送料無料)
  • 内容量:200g

 

短い髪の場合、1回の使用量は多くても大体5~10g(毛髪量にもよります)。
人によっては、1本で約1ヵ月保つ計算になります。長い髪だと、こうはいきませんよね。

 

伸びた根元も新しい白髪も気にならない

ヘアカラートリートメントは、毎日軽い染めを繰り返しているのと一緒です。
1回でしっかり染まる訳ではありませんが、使い続けることで白髪が目立たなくなっていきます。

 

短い髪は白髪染めをするとすぐに周囲にも分かってしまうものですが、毎日使うトリートメントは自然な仕上がりなので、バレる心配がありません。

 

また、髪が伸びる先から常に染めていくので根元も気になりません。
コスパが良いことに加え、白髪が目立ちやすい短髪さんにはとても向いていると言えるでしょう。

 

LPLPヘアカラートリートメント

  • 価格:3000円(2本定期便5400円)
  • 送料:500円(定期便で送料無料)
  • 内容量:200g

 

髪へのダメージや、すぐに白髪が目立ってしまうリスクに比べ、ヘアカラートリートメントによる白髪染めは髪に優しく、白髪を隠し続けられるというメリットがありますね。

 

短髪だからこそ気をつけなくてはならない白髪染めのポイント

 

 

さて、白髪染めにしてもヘアカラートリートメントにしても、短髪だからこそ気をつけなくてはならない染めのポイントとは何でしょうか?

 

色落ちを防ぎ、出来るだけ白髪を目立たせない効果的な染め方を詳しく見ていきましょう。

 

白髪染めの場合

ヘアカラーやヘアマニキュアで白髪染めをする際には、シャンプーや染めの手順に注意しましょう。

 

まず、白髪染めをする数日前からはノンシリコンシャンプーを使うことをおすすめします。
シリコンは髪の表面をコーティングしてツヤを出してくれますが、白髪染めの染料が浸透するのを邪魔してしまう可能性があるからです。
加えて、白髪染めをする時は整髪料を必ず落としておきましょう。

 

染める順番は、まず白髪の多い部分からが鉄則です。
気になる部分から染料を塗布していき、全体に塗り終わったら食品ラップで髪を包みます。

 

しっかり染めたくて放置時間を長くおく人もいますが、それは髪を傷めるだけで、効果が上がる訳ではありません。
製品説明書に書いてある放置時間を守って下さいね。

 

白髪染めの薬剤を流すシャンプーは、ダメージ補修効果のあるヘアカラー専用シャンプーがおすすめです。
白髪染めは髪を傷め、傷んだ髪は退色を早めてしまうからです。染めた後は髪を労わり、出来れば翌日までシャンプーはしないようにしましょう。

 

白髪染め用ヘアカラートリートメントの場合

ヘアカラートリートメントは、基本的に普通のトリートメントと変わりません。
白髪染めの場合、放置時間をやや長くおくのがおすすめです。

 

より早くしっかり染めたい時は、水気をしっかり切った髪にトリートメントをつけ、シャワーキャップで頭部全体を包みましょう。
また、入浴前の乾いた髪に使用するのもOKです。

 

一般的な白髪染めと同じように髪全体に塗布し、シャワーキャップや食品ラップで髪を包んで下さい。
放置していても、それで髪が傷む訳ではありません。
シャンプー後の使用ではトリートメントの液ダレが気になる!という人は、入浴前に使いましょう。

 

まとめ

 

短髪さんの白髪染めのポイントをまとめてみました。いかがでしたか?
男性は勿論、短い髪形が好きな女性も、白髪を目立たせないためだけに髪を伸ばすことは出来ませんよね。

 

ヘアカラートリートメントならば、長い髪に比べてコスパも良く白髪を綺麗に隠してくれるので、短髪さんにもっともおすすめのアイテムです!
自分に一番合った方法を取り入れ、上手に白髪を染めましょう!

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る