黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!

 

白髪が増えてきたら白髪染め?
まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?

 

でも、黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?
早速検証していきましょう。

 

 

市販の黒染めってどんなもの?

 

就職活動の時や社会人になってお堅い職種に就いた時などは黒染めのお世話になった人もいるのではないでしょうか。
結構身近な黒染めですが、次に明るくする時に思った通りにならないことを知らない人も多いはず。
まずは、市販の黒染めがどういうものかを説明しましょう。

 

黒染めの仕組み

  • 黒染めは多くの染料を髪の奥深くまで入れ込むカラーのこと。
  • 明るくなった髪を、日本人が美とする黒色にカラーすること。

 

名前の通り、黒色を入れている訳ではなく、色の三原色である赤色・青色・黄色を混ぜることで黒色を作っています。

 

日本人の自然な黒髪に近づくためには、赤色をベースにした染料が多く含まれています。
この赤色の染料は、髪の奥深くで発色するように出来ており、この奥深くまで染料が入っていることが、次に明るくする時に難しい理由のひとつです。

 

通常のカラー剤では黒染めで入れ込まれた染料を落としきることは相当難しいとされています。
それほど、黒染めというのは染料を奥深くまで入れ込んでいると覚えておいて下さいね。

 

黒染めをした後に明るくするには?

では、黒染めをしたら絶対に明るく出来ないのでしょうか。

 

筆者も若い頃は黒染めをしていたのですが、加齢と共に顔元が暗くなって余計に老けて見えるので、黒染めをした後に明るくしたことがあります。

 

その方法は、一度ブリーチをしてその後に明るい色を入れるという方法です。
髪の奥深くに残っている染料を、その他の色素も含めて色を抜くというのがブリーチですよね。

 

全ての髪の色を抜いてから、明るい色を入れていくので、髪へのダメージは相当なもの。
それでも明るくしたい気持ちが強くある人は、その後の髪の毛のケアを充分にすることを約束して下さいね。

 

黒染めで白髪を染めるのは可能?

 

黒染めの仕組みはよく分りましたよね。それでは、黒染めで白髪を染めることは可能なのでしょうか。
まずは、白髪染めと黒染めの違いを見ていきましょう。

 

白髪染めと黒染めはどう違うの?

基本的に、白髪染めと黒染めの髪を染めるメカニズムは一緒です。
どちらも、脱色しながら髪に黒色を入れていくという方法で髪を染めていきます。

 

方法は一緒ですが、白髪染めは白髪と同時に黒髪を同じトーンで染めなければいけないので、髪を染める力が黒染めよりも強いと思って下さい。

 

白髪染めの目的は、白髪を染めることですよね。
なので、染める力が強く白髪に色が入りやすく出来ています。

 

黒染めの場合は、白髪を染めるわけではなく黒髪を染めていくので、染める力よりも脱色する力の方が強いと考えて下さい。

 

これは、黒髪の場合は一度全体の色を脱色しないと色が入りにくいからです。
メカニズムは一緒でも、染毛力と脱色力の違いがあるのですね。

 

黒染めでは綺麗に染まらない

 

白髪染め

白髪染めは、白髪に色が入りやすく出来ている上に、白髪でない部分も上手く染まるようにブラウンの色素を多めに入れてあります。
色のバランスがうまく調整されているので、白髪と黒髪が同じ色に均一に染まるように出来ています。

 

黒染め

一方黒染めは、白髪を染めるのが目的でなく、元々の黒い髪を染めることになるので、ブラウンの色素は入っていないので、漆黒のような黒髪に。
しかも、白髪を黒髪にするような染毛力もないので、白髪が綺麗に染まらない可能性があります。

 

少しだけの白髪の場合なら問題ないかもしれませんが、白髪が目立ってきたらやはり白髪染めをおススメします。

 

市販の黒染め、ここに注意!

 

白髪は少しだけだし、白髪染めよりも黒染めで乗り切りたい!という人は必読です。
市販の黒染めには以下のような注意点があります。

 

髪の毛がかなり傷む

市販の黒染めは、元の髪の毛の色がどんな色の人でも確実に黒くなるように作られています。
なので、配合されている薬剤の量も多めに設定されていることが多いのです。

 

漆黒に染まるので、元気な髪のように見えがちですが、実はかなりのダメージが出る場合が多いのです。

 

カラーの期間を置くこと

黒染めの後に、色を変えたいと思ってカラーをする時は注意が必要です。
期間を置かずにカラーしてしまうと、黒の染料が髪に残っているので、うまく色が入らなかったり、ムラになったりしてしまいます。

 

市販の黒染めを使って染める時は、綺麗に染まっているように見えても、実は均一に染まっていないことが殆ど。
そこにカラーをすると、そのムラは更に目立つようになります。

 

ムラになったからと言って、何度も染めてしまうと髪へのダメージは計り知れません。

 

髪へのダメージが少なく色を変えたい時は、黒染めをした時の染料が抜けるのを待つというのが基本です。
だから、カラーの期間を置くことが大前提になるのですよ。

 

突然のアレルギーに注意すること

先ほども述べましたように、黒染めに配合されている薬剤の量は多めになっています。
しっかりと染まるようにしているのですが、これがアレルギーを誘発することも。

 

今まで何度もヘアカラーを使用したことがあり、痒みやアレルギーを感じたことのない人も、加齢や体調、ジアミン系酸化染料などで突然にアレルギーを発症する場合があります。

 

少し痒みが出ただけだからと使い続けていると、重度のアレルギー症状が現れることもあるので、充分に注意して下さいね。

 

髪色を戻したい時も白髪を染めたい時もおススメなのはカラートリートメント!

 

今までに何度もカラーをして髪が傷んでしまっているけれど、髪色を戻したいし白髪も染めたい!そんな時おススメしたいのがカラートリートメントです。

 

なぜおススメなの?

ではなぜおススメなのかと言うと、カラートリートメントは、ヘアマニキュアと同じ部類で、半永久染毛料に分類されます。
使っていくうちに染料が髪の表面に付着して浸透していくことで、色をつけていくというもの。

 

先ほどの白髪染めや黒染めのように、髪の色素を脱色させるということはせず、カラートリートメントを何度も使用することで、染料が次第に内部へ入っていくというメカニズムです。

 

なので、髪にとってダメージが少ない上に、天然成分でつくられているものが多いので敏感肌の人も安心して使えます。
しかも、簡単に使える点もおススメ出来る理由です。

 

カラー剤で染める時は、事前にパッチテストをしたり、汚れてもいいタオルを準備したりと、面倒なことが多いですよね。
カラートリートメントは、シャンプーの後に普段のトリートメント代わりに使うことが出来るので、とても簡単。
カラートリートメントという存在が世に出てからは、カラー剤よりもカラートリートメントを選択する人が圧倒的に多いのですよ。

 

おススメのカラートリートメント3選

では、ここでおススメのカラートリートメントをご紹介しましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメント 

初回お試し価格 200g 2,160円(税込)

 

カラートリートメントが初めての人に、まずおススメしたいのが利尻ヘアカラートリートメント。
とにかくしっかりと白髪を染めてくれて美髪になるので、自宅で気軽に美容室に行ったかのような満足感が得られます。

 

しかも、外からコーティングするだけでなく、イオンカラーやナノカラー、植物由来の天然色素の3種類の染毛料が入っているので、髪の内部にも色がしっかり入るので色持ちが良いのです。

 

毎日使っていると、美容成分が豊富な利尻昆布エキスのパワーを実感すること間違いないですよ。
4色の中から、自分の髪色に合ったものが選べるのも嬉しいですよね。

 

LPLP ヘアカラートリートメント

初回お試し価格 200g 1980円(税込)

 

ガゴメ昆布から採れる特殊なフコイダンを配合しているので、髪や頭皮を傷めずに白髪染めをしながら、髪の補修も出来るという優秀な商品。

 

高分子のフコイダンが地肌に潤いの膜を張って、低分子のフコイダンが角質層まで浸透して髪だけでなく地肌までもしっかりと保湿してくれるので、使っていくうちに美髪に近づきます。
1回目は少々赤みが感じられるかもしれませんが、継続していくうちに落ち着いた色になっていきますのでご安心下さいね。

 

シエロ カラートリートメント

180g オープン価格(アマゾンでは1273円)

 

ドラッグストアなんかに行くと、一番目立つ白髪染めメーカーのホーユー。
ホーユーの人気白髪染めシリーズのシエロから発売されたカラートリートです。

 

白髪染め商品を沢山世に出しているだけあって、真っ黒に染まるのではなく自然な髪色に染められるので人気が出ているようです。
海泥ミネラル配合なので、髪の補修力を上げてくれて、傷んだ髪の手触りが改善すると好評。
今まで白髪染めのカラートリートメントを使ったことがない人でも、シエロブランドの安心感で買う人が多いようですよ。

 

カラートリートメントで上手に染毛するコツは?

 

最後に、カラートリートメントを使う際のちょっとしたコツをお教えしましょう。
カラートリートメントを使ってみたものの、上手く染まらなかったという声も沢山挙がっていますので、しっかりと読んで下さいね。

 

髪に何も付着していない状態で使う

カラートリートメントは、使っていくうちに染料が髪の表面に付着して浸透していくことで、色をつけていくというものです。
なので、髪の毛に色々付着をしていると、染料の付きや浸透を妨げてしまいます。

 

必ずシャンプーで完全に落としてからカラートリートメントをして下さい。
この時に、シャンプーにシリコンが入っていると意味がありません。シリコン入りのシャンプーは、シャンプー後の手触りを良くするために、シリコンで髪をコーティングするように出来ています。

 

せっかくシャンプーをしたのに、シリコンが髪に付いている状態では、上手く染料が入りません。
今まで、上手く染毛することが出来なかった人は、シャンプーを見直してみて下さいね。

 

少し多めに使う

説明書通りの適量をおススメしたいところですが、最初は少し多めに使うのが上級者のコツです。

 

特に白髪が目立つ部分には、白髪に塗り込むというよりは、たっぷりと白髪に乗せるという感じが良いですよ。
最初から髪全体に塗っていくよりも、まずは白髪が目立つ部分に乗せて、それから髪全体に馴染ませて下さいね。

 

髪を保温する

染料を髪にしっかりと染み込ませるためには、髪を温めるのが効果的です。

 

シャワーキャップやラップ、汚れてもよいタオルなどで髪全体を被って下さい。
更に、その上からドライヤーの温風をかけるのもおススメ。
染料が髪にしっかりと染み込んで、上手く染まりますよ。

 

放置時間を少し長くする

今まで上手く染毛出来なかった人は、もしかしたら放置時間が短いのかもしれません。
天然成分配合のものが多いカラートリートメントは、放置時間を少し長くしても、髪や頭皮を傷めることはありません。

 

特に髪の毛が多くしっかりしている人は、染料が浸透しにくい可能性があるので、30分~1時間を目安に長く置いてみて下さいね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。白髪染めを使うのには抵抗がある人が、黒染めをして失敗している人を多く見かけます。
そして一度黒染めをしてしまうと、それから色を変えるには相当困難なこともお分かりいただけましたよね。

 

そんな時は、髪や頭皮を傷めずに白髪を目立たなくしてくれるカラートリートメントがおススメなのです。
徐々に白髪を目立たなくしてくれるので、シャンプー後のカラートリートメントを習慣にしてしまえば、簡単に美髪が手に入りますよ。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る