低リスクで髪に優しい白髪染めはどう選ぶ?おすすめヘアケア方法も紹介!

 

年齢に関わらず、白髪に悩まされている人にとって定期的な白髪染めはもはや当たり前。
愛用の製品があり、大体どのくらいの間隔で白髪染めをするのか決めている人も多いでしょう。

 

しかし、そんな人にとってさらに悩みのタネが「白髪染めをすると髪が傷む」ということです。

 

毛先がパサパサになったりハリやコシが失われたり、髪の毛1本1本が細くなってきたりと、白髪染めは続けたいけど髪が傷むのも困るというジレンマにさいなまれている人もいるのではないでしょうか?

 

そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる白髪染めを調べてみました!

 

 

白髪染めで髪が傷むのはなぜ?

 

そもそも、白髪染めで髪が傷むのはどうしてなのでしょう?

 

傷むって言っても大したことないんじゃない?なんて考えている人は要注意!
白髪染めが与える髪へのダメージは、白髪を増やすことに繋がるとも言われているのです。

 

ここでは、もっとも需要の高い「ヘアカラータイプ」の白髪染めについて説明していきます。

 

しっかり染まる代償はキューティクルの破壊

 

1剤と2剤を合わせた混合液で髪を染める「ヘアカラータイプ」の白髪染め。
人気の理由は、やはり染まりが良いことと退色が遅いことではないでしょうか?

 

それもそのはず、ヘアカラータイプの白髪染めは髪のキューティクルを壊し、毛髪の内部に染料を浸透させる仕組みになっているのです。

 

白髪染めの度にキューティクルを破壊して染めることが、髪に良い訳がありませんよね。

 

また、伸びた根元を染めるために1ヵ月に1度くらいの頻度で白髪染めをする人が大半だと思いますが、伸びた部分だけを染めるのは意外と難しいもの。
その都度、1度染めた部分を何度も何度も染め直していると考えて良いでしょう。

 

普段からヘアケアに気を遣っていても、定期的に白髪染めをしている限り髪は傷み続けているのです。

 

脱色剤が白髪を増やしている

 

白髪の原因として、生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れなど色々ありますが近年新たに注目されているのが「過酸化水素水」の存在です。

 

過酸化水素とは体内で作られる活性酸素のひとつで、白髪染めの脱色剤に含まれている成分。
漂白や殺菌の作用もあると言われますが、これが白髪を増やす要因の1つとされる説が有力になっています。

 

ヘアカラータイプの白髪染めは白髪と黒髪を同じような色合いで染めるため、黒髪を脱色した上で全体を染めています。
脱色剤に含まれた過酸化水素水が黒髪のメラニン色素を攻撃し、少しずつ白髪を増やしている可能性があるのです!

 

髪に優しい白髪染めを選ぶ3つのポイント

 

髪を傷める白髪染めはそろそろ卒業し、低リスクで髪に優しい白髪染めを選ぶ時です。
とは言え、初めはどのような白髪染めを選べば良いのか分かりませんよね。
そこで、髪に優しい白髪染めを選ぶポイントをお伝えします。

 

髪の表面だけを染める白髪染め

ヘアカラータイプの白髪染めに比べると退色はやや早く感じますが、キューティクルを壊すことなく、髪の表面だけに色をつける仕様になっているので髪はそれほど傷みません。ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントがこれに該当します。

 

20~30分の放置時間が必要なヘアカラータイプと異なり、わりと手軽に染めることが出来ます。
白髪染めの頻度は増えますが、1度の白髪染めで髪に与えるダメージを考えると、髪の表面に着色するタイプの方がおすすめです。

 

脱色剤を使っていない白髪染め

ヘアカラータイプの白髪染めが全体的に綺麗に染め上がるのは、薬剤に含まれた脱色剤のおかげ。
しかしこの脱色剤が髪を傷め、白髪を増やす原因になっているのは看過できませんよね。

 

ヘアマニキュアには脱色剤が含まれていません。
そのため、あまり明るい色を選んでしまうと黒髪が染まらず、結果的に白髪だけが目立ってしまうという欠点があります。

 

黒髪の表面にも色はつきますが、明るい色だと黒に負けてしまうのです。
ヘアマニキュアを使う時は、出来るだけ地毛に近い色で染めるのがおすすめです。

 

酸化染料を使っていない白髪染め

白髪を染める薬剤には、様々な種類があります。
もっとも髪を傷めるのはヘアカラータイプに使われる酸化染料なので、それを使っていない白髪染めを選ぶのが良いでしょう。

 

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントには酸化染料が含まれていません。
ヘアマニキュアには酸性染料、ヘアカラートリートメントには塩基性染料が使われており、それぞれに違いはありますが酸化染料のように刺激が強かったりアレルギーを起こすリスクも低く抑えられています。

 

天然色素のみで髪を染めるのはヘナやインディゴなどが挙げられますが、コストの面でも技術の面でも容易ではありませんので、よほどの敏感肌じゃない限りはそこまでこだわらなくても問題ないと思われます。

 

髪に優しい白髪染めの3つのコツ

 

髪に負担はかかるものの染まりが良いヘアカラータイプの白髪染めに比べ、髪に優しい白髪染めは期待通りに染まらないことも時々あります。
そして退色がやや早い傾向にあるため、染め方にも工夫が必要。できるだけ色持ちを良くするコツを詳しく見ていきましょう。

 

ノンシリコンタイプのシャンプーを使う

表面に色をのせるタイプの白髪染めを使う場合、使用前にきちんと洗髪しておくことは当たり前ですが、その際にノンシリコンのシャンプーを使うことをおすすめします。

 

一般的なシャンプーはシリコンが含まれていて、髪にツヤを持たせたり指通りを滑らかにするなどのメリットがあります。
特にストレートのロングヘアの場合は、欠かせない成分かもしれませんね。

 

しかしシリコンが髪をコーティングして艶やかにする仕組みなので、その後に白髪染めをする場合は染料が髪に馴染むのを邪魔してしまう可能性があります。
毎日ではなくても、白髪染め前の洗髪にはノンシリコンシャンプーを使いたいですね。

 

白髪染め当日~翌日はシャンプーを控える

白髪染めをした直後は、まだ色が安定していません。
白髪染めの薬剤を洗い流した後はしっかり髪を乾かし、その日はシャンプーを控えましょう。

 

そして、できれば翌日もシャンプーを控えるのがおすすめ。
連休がある時や、出かける用事のない日を選んで白髪染めをするのが良いですね。

 

髪の表面を染めるタイプの白髪染めは、しっかり洗い落としたつもりでもタオルや枕に色移りすることが多々あります。
それを避けるためにシャンプーを繰り返すと、かえって退色を早めることに繋がりますので注意しましょう。

 

ヘアカラートリートメントは乾いた髪に使う

普段使っているトリートメントの代わりに毎日使うだけで、徐々に髪が染まっていくタイプのヘアカラートリートメント。
髪への優しさは白髪染めの中でも断トツなので、男女問わずに人気があります。

 

トリートメントというだけあってシャンプーの後に使うのが一般的ですが、よりしっかり染めたい場合は入浴前の乾いた髪に使うのがおすすめです。

 

使い方はヘアマニキュアと同じで、気になる部分や全体にしっかり馴染ませた後、食品ラップなどで保温しましょう。
放置時間は特に決まっていません。

 

シャンプー後に使う時も、塗布した後にシャワーキャップなどで頭を覆い、しばらく放置しておくと良いですよ。

 

【豆知識】美容室の白髪染めは髪に優しい?

 

白髪染めは、市販品を使った自宅染めに限りません。美容室で白髪染めをしてもらうことも可能です。
髪へのダメージが気になったり、もしくは美容師に勧められて美容室で定期的に施術してもらっているという人もいるでしょう。

 

美容室での白髪染めは、果たして髪に優しいのでしょうか?

 

答えはYESでもありNOでもあります。

 

美容室で使われる白髪染めの薬剤は、基本的に酸化染料。
つまりヘアカラーが一般的なのです。
では何故、美容室での白髪染めが髪に優しいと言われているかというと、薬剤の調合に差があります。

 

市販の白髪染めは、どんなタイプの髪も平均的に染められるように強い薬剤が配合されていますが、美容室では髪質に合わせた薬剤の調合が可能。

頭皮の状態や髪の傷み具合に合わせて、プロの美容師がきちんと対応してくれるところに魅力があります。

 

また自分では見えない部分もプロの技術でしっかり染めてくれるので、色ムラが少なく全体的に綺麗な染め上がりになります。
そのため、染める頻度を抑えることができ、結果的に髪へのダメージが減ることに繋がるのです。

 

しかし髪に刺激のある薬剤が使われていることには変わりありませんので、気になる人は一度担当の美容師に相談してみましょう。

 

まとめ

 

一般的に需要が多いといわれているヘアカラータイプの白髪染めは、髪へのダメージが大きいということが分かりましたね。
しっかり染まることと髪を大事にすることを比べたら、当然、髪を大事にすることを優先したいところです。

 

髪や頭皮へのダメージは白髪を増やし、また薄毛や抜け毛を引き起こすこともあるので気をつけましょう。
髪に優しい白髪染めを上手に使い、いつまでも美しい髪を保ちたいですね♪

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る