ヘナの白髪染めが髪に良い!でも…デメリットもあるって本当?

 

ツヤのある健康的な髪の女性は、見た目より若々しく見えますよね。
逆に髪が傷んでパサついていては、疲れ切った印象を与えてしまうので老けて見えてしまいます。

 

でも、髪が傷むからと言って、白髪染めをしないわけにはいきません。
そこで、ヘナの白髪染めの登場です。市販の白髪染めの刺激が強くて髪も傷みやすいという悩みを一気に解消してくれますよ。

 

ここでは、メリットだけでなく、デメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。

 

 

ヘナの白髪染めは髪を傷めない?しかも白髪染めだけではない効果が?

 

 

ヘナの最大のメリットは何といっても髪の毛を傷めないことです。
でも、ヘナの働きは、ただ白髪を染めるだけではないのですよ。

 

ヘナのこと、もっと知りたくなりますよね。
ヘナの歴史から振り返って、ご説明していきましょう。

 

えっ?5000年も前から?

ヘナの歴史はとても古く、染色や薬草として約5000年も前からインドやエジプトで使われていたのですよ。

 

古代エジプトでは、神聖な薬草としてミイラを包む布をヘナで染色していましたし、美しい黒髪が印象的なクレオパトラも、ヘナを使って一日がかりで髪の毛を染めていたそうです。

 

その他、インド古来の伝承医学「アーユル・ヴェーダ」では、自然がもたらす万能薬としても重宝されていました。
また、怪我した時の止血や打撲、皮膚病などの改善などにも使われていたのです。

 

ヘナの歴史を勉強するだけで、いかにヘナが自然の摂理にかなった白髪染めかということが理解出来ると思います。

 

日本に普及し始めたのは、たった30数年前から。
「安全なヘアカラー剤」として健康意識の高い富裕層を中心に最初は広まりましたが、カラー剤の安全性が懸念されている昨今では、幅広い層の女性の愛用者が増え続けているのですよ。

 

ヘナの特徴

先ほども述べましたように、ヘナは自然の摂理にかなった天然植物の染料です。
一般的な白髪染めとは違って、天然成分の力で染めることの出来る髪の毛に優しい白髪染めです。

 

なので、一番の特徴は、髪にダメージを与えないということです。
今まで白髪染めで髪の毛が傷んだり、頭皮がただれたりした方でも、安心しておススメ出来る白髪染めなのです。

 

また、最近特に増えている女性の薄毛の悩みにも、白髪染めをヘナに変えるだけで髪にハリとコシが実感出来る!と話題になっているのですよ。

 

白髪染めだけではない?

では、なぜヘナに変えるだけで髪にハリとコシが実感出来るのでしょうか?
それはヘナの働きは、ただ白髪を染めるだけではないからです。
ヘナには様々な効果があるのですよ。

 

デトックス効果

髪には有害な重金属が蓄積されています。
なぜなら、髪は体内の有害な金属などの排出器官でもあるからです。

 

髪の毛が痩せ細くなることで、排出する力も弱まり、有害金属を体内に溜め込んでしまう原因にもなります。

 

ヘナの葉に含まれているローソンという成分は髪の毛を修復する作用があるので、ヘナを頭皮や髪に付けることで、髪が元気になっていきます。
そうすると、有害な重金属の排出ができ、頭皮のデトックスになるのですよ。

 

美肌効果

頭皮とお顔は一枚の皮膚で繋がっていますので、髪や頭皮が健康になることで、美肌の効果も期待出来ます。
頭皮の血流がうまく流れ出すと、お顔にもそれが影響していきます。

 

ヘナを長年愛用されている方は実感していると思いますが、ヘナを使った後に、お顔のむくみが取れて小顔になったり、目が大きくなったりと、お顔の雰囲気までも変わる方も多くいるのですよ。

 

女性特有の悩みを改善

ヘナは女性エネルギーを持つ植物としても有名です。
昔から、女性のお守りとしてヘナタトゥーを入れている国もあるほどです。

 

これは、ヘナの成分が子宮に驚くほど影響をし、女性ホルモンに働きかけるので、女性特有の悩みである生理不順や更年期障害などを改善してくれるのですよ。

 

リラックス効果

ヘナを使用すると眠くなることがあります。
これは、ヘナの成分が、自立神経のひとつである交感神経を強制的にリセットさせるからです。

 

特にいつも緊張して神経が高ぶっている方がヘナを使うと、緊張が取れ、心が緩む反動がとても大きくなります。
これが眠りを誘うのです。

 

また、ヘナには、日本人に馴染みの深い茶葉に似た優しい香りがするので、香りからもリラックス効果があるのですよ。

 

いかがですか?白髪染めだけでないヘナの効果に驚かれた方も多いのではないでしょうか。
5000年も前から今までずっと使われている理由には、様々な効果があることが大きな魅力になっていると思います。

 

ヘナの白髪染めが抱えるデメリット

 

 

ヘナの白髪染めにすぐに飛びつくのはまだ早いですよ。
もちろんデメリットもあります。ここでは、デメリットについて細かく見ていきましょう。

 

慣れるまでは使いこなすのが難しい

通常の白髪染めからヘナの白髪染めに変えた人の中には、「うまく白髪が染まらない!」という方も多くいます。

 

事実、ヘナの白髪染めは天然染料なので、白髪が黒色には染まらず、最初は白髪がオレンジ色に染まってしまいます。
これは、ヘナにオレンジ系の色素が含まれているからなのですが、白髪の部分が見事にオレンジ色に染まります。

 

これでは、余計に白髪が目立つ!とここで断念してしまう方も多くいるのですが、ヘナの白髪染めは、染める回数を重ねていくと、徐々に色がしっかりと染まるようになります。

 

また、通常の白髪染めと同じように染めると、髪全体にムラが出てしまうことがあるので、塗り終えた後に頭全体をラップで覆い、その上に蒸しタオルをすると綺麗に染まります。このように、ヘナの白髪染めを使いこなすのが難しい点がデメリットになります。

 

放置時間が長い…

染める回数を重ねていくと、色がしっかり染まるということは、放置時間が長いほど染まるということにもなります。
通常の白髪染めは15分~30分ぐらいのところが、ヘナになると1~2時間は見ておいた方が良いでしょう。

 

長ければ長い程良いので、中には寝てしまう人もいるぐらいです。
この放置時間に時間を取られるのが、イマドキの忙しい女性には最大のデメリットと言えるかもしれませんね。

 

独特な匂いが苦手という人も

ヘナの白髪染めは、強い草の匂いがします。
草の匂いは自然の香りだと思ったら大丈夫なのですが、現代人は化学物質の香料に慣れてしまっているので、この天然のヘナの香りが苦手という方も少なくありません。

 

ヘナ100%かどうか分からない?

ヘナの白髪染めは、安全!というイメージから、今では様々なメーカーがヘナの白髪染めを販売しています。

 

ですが、ヘナには等級もあり、国内で市販されているヘナの中には、偽装ヘナと言われるものも流通しているので注意が必要なのですよ。

 

現に、ヘナは入っているけれども、同時にジアミン系の薬品が配合されているヘナの白髪染めも多く存在します。

 

これでは、ヘナ100%とは言い難いですよね。
必ず成分表を見て確認するということが大切ですよ。

 

このようなデメリットがあるにもかかわらず、ヘナの白髪染め愛用者が増えているのは、やはり髪には断然良い!からです。
髪とは一生付き合っていくので、当然のことですよね。

 

ヘナの白髪染めはどうやって使うのか?

 

 

では、実際にヘナの白髪染めはどうやって使うのでしょうか?
ここでは、粉末タイプの使用方法や使い方のコツなどをご説明していきましょう。

 

ペーストを作る

粉末のままでは塗れないので、まずはペースト状にすることから始めます。

 

初めての方や髪の量が多い方は、粉末を目安量よりも少し増やすことをおススメします。
たっぷりとペーストを作ることで、塗り残しを防ぐことが出来、綺麗に染め上がるからです。

 

コツは、お風呂のお湯より少し熱めのお湯(45℃ぐらい)を少しずつ粉末に混ぜ、マヨネーズほどの固さのペーストを作ります。
この時、多少のダマがあっても大丈夫です。

 

生え際から塗る

白髪が気になる生え際から塗り始めます。
ロングヘアの方は、頭頂部から塗り、お団子状に巻き付けていくと塗りやすいですよ。

 

生え際やこめかみ付近など特に白髪が気になる部分には、沢山塗り、その上をティッシュなどで押さえておきます。
塗るときに重要なのは、髪や頭皮にしっかり塗る!ということです。
髪や頭皮にしっかりとヘナを入れ込むようにして下さいね。

 

髪をもみこみ、ラップをして放置

軽く頭皮マッサージをして、よく髪をもみこんで下さい。
その後、髪を丸めてまとめ、髪全体をラップで巻きます。ラップを髪全体に巻くことで、ヘナが髪全体にむらなく行き渡り、髪の乾燥も防ぐことが出来ます。

 

ここで、ラップの上からドライヤーで2~3分ほど温めるか、蒸しタオルをするとより効果的です。
更に、保湿力の高いヘアキャップなどもあれば良いですね。
メーカーによっても放置時間は違いますが、1~2時間以上は放置して下さいね。

 

よく洗い流す

時間が経ったら、シャンプーをしてよく洗い流します。
出来れば、2度洗いをおススメします。
頭皮にしっかりと塗っているので、1度のシャンプーでは洗い残しがあるからです。

 

ヘナの白髪染めの使い方は、いたって簡単で、粉末をお湯に溶かし髪や頭皮に塗っていくだけです。
ただ、塗り方にポイントやコツがあります。

 

また、お顔に色が付いてしまったら中々取れないので、塗る前にお顔周りに植物オイルやワセリンを塗っておくことをおススメします。

 

ヘナにはアレルギーや副作用はない?

 

ヘナの白髪染めは化学染料であるジアミンが入っていないので、アレルギーの心配が少ないと言われています。
なので、市販の白髪染めで頭皮がかぶれたり、元々敏感肌の人でも安心して使用出来るのです。

 

ただ、これはヘナ100%の場合です。
先ほども述べましたように、微量のジアミンが入っている商品も市場には多く存在するので、あまり安価なものには注意した方が良さそうですよ。

 

また、ヘナとはミソハギ科の植物です。
このミソハギ科やヘナ自体にアレルギーが無ければ使用するのに問題はありませんが、ごくまれに症状に出る方もいますので、ここは絶対に大丈夫です!と言い切ることは出来ません。

 

また、染めている最中に気分が悪くなる人もたまにいます。
これは、アレルギー反応ではなく、匂いに反応しています。ヘナには独特の匂いがあるので、その日の気分や体調で匂いにやられてしまう場合があるのですね。

 

おすすめヘナの白髪染めはコレ!

 

様々なメーカーがヘナの白髪染めを販売しています。
ここでは、数多くあるヘナの白髪染めの中からおススメの製品をご紹介しますね。

 

マックヘナ白髪染め

100%植物成分で出来ており、口コミサイトでも人気の高いマックヘナ。
染色する際の放置時間が短くて済み、色持ちが良いことが高評価の理由です。

 

更に、様々な色を楽しめないヘナの白髪染めの中で、色のバリエーションがとても多いので、白髪染めはもちろん、カラーリングとしても楽しめそうですね。


ナイアードヘナ白髪染め

オレンジ色に染まるのが特徴のヘナの中で、黒茶系の色に染めることが出来る日本人に合ったナイアードヘナ白髪染め。
藍色の染料として長い歴史を持つ木藍(もくらん)を混合しているので、仕上がりが黒茶系の自然な色に染まります。

 

白髪染めを落ち着いた色に染めたい方や、仕事上髪の色を明るく出来ない方、男性の方にもおススメの製品です。


 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。市販の白髪染めで髪の毛が傷んでいたり、刺激が強すぎると思っっている方は、この機会に是非、天然成分100%のヘナの白髪染めをお試しすることをおススメします。

 

ヘナの白髪染めは、白髪を染めるのはもちろんのこと、傷んだ髪を元気にし、頭皮のデトックスやリラックス効果、女性特有の悩みまでも解決してくれます。

 

染めるのに時間がかかってしまうという難点も、月に一度身体をリセット出来る!と考えれば、面倒ではなくなるのではないでしょうか。

 

髪の毛にツヤやコシが生まれて若々しさを取り戻すことが出来ますよ。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る