少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんてやめて!おすすめアイテムを厳選!

 

日本人の特徴でもある黒髪。
諸外国の方々が羨むぐらい黒髪は艶があり美しいですよね。

 

でも、そこに少しでも白髪があると、その美しさが台無しに。
黒髪の中に白髪がある状態なのでかなり目立ってしまうのです。

 

それは分かっているけど、さほど多くはないから白髪染めはしたくないし、どうしたらいいのかと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

私も白髪が多い家系のため、若い頃から白髪にはかなり悩んできました。
この機会に一緒に考えていきましょう。

 

 

黒い髪にほんの少しの白髪…やっぱり目立つ?

 

 

黒い髪にほんの少し白髪があるだけでも、思っている以上に白髪は目立つものと考えて下さい。

 

特にお顔周りの白髪は、お顔の印象をも変えてしまいます。
加齢と共に自然に増えた白髪はある程度は仕方ありませんが、最近は若い人でも白髪に悩まされている人が多いのですよ。

 

若い人にも急増している白髪

栄養分の偏りや過度のストレスで、自律神経のバランスを崩しホルモンバランスが乱れている状態が続くと髪にも影響が出てきます。
ストレス社会の歪は髪の毛にも出てきています。

 

最初は黒い髪にちらほら混ざっているから大丈夫と思っても、そこから急激に増えてくる場合もあります。
急激に白髪が増えた時は、実は病気が潜んでいたというケースも少なくありません。

 

また、ご自身では鏡に映っている白髪をしかしっかりと見ることが出来ませんよね。
鏡を見て気になり始めたら、後頭部にも白髪があると思った方が良いです。

 

頭皮全体は繋がっているので、ご自身が思っているよりは、髪全体に白髪が広がっている可能性が高いと思って下さい。

 

逆に一部分だけに大量に白髪がある場合は、何らかのストレスにより白髪になった可能性大です。
ストレスによる白髪は、神経細胞の集まっている「こめかみ」に出やすい傾向にあります。

 

この場合、そのストレスの原因を解消することにより、また黒髪に戻ることが出来る場合もあるので、白髪を発見してしまったら、まずは髪全体に広がっていないかを確認するなど、その後の白髪の経過を気にすることが大切ですよ。

 

少ない白髪は抜く?切る?染める?どれがベストなの?

 

このように若い人にも急増している白髪。でも若い頃から白髪染めをするのは嫌ですよね。
では、少ない白髪はどのように対処したら良いのでしょうか。
対処法を見ていきましょう。

 

白髪を抜く

一番簡単なのは白髪を抜くという方法です。
私もよくやりましたし、友達の白髪も頼まれて抜いたこともあります。

 

数本ぐらい抜いても大丈夫という安易な気持ちで抜いてしまうのですが、白髪を抜くという方法は最もしてはいけない行為なのですよ。

 

よく言われているような「白髪を抜くと白髪がもっと増えるから」という理由ではなくて、抜くということが頭皮や毛穴にとてもダメージを与えてしまうからです。

 

自然に抜ける髪は仕方ないのですが、髪の毛をむりやり抜くということは、頭皮や毛根を必要以上に傷めてしまい、それを繰り返すことで毛母細胞がダメージを受け、その部分から髪の毛が生えてこなくなって薄毛の原因に繋がることも。

 

更には、毛穴に負担がかかることで、毛穴周辺が炎症を起こしただれてしまうこともあります。

 

考えるだけでも恐ろしいですよね。
白髪を抜くという行為は今日から止めて下さいね。

 

白髪を切る

では、白髪を根元で切るのはどうでしょうか。
抜くのと違って、髪をむりやり引っ張ることがないので、頭皮や毛根を傷める心配はありません。

 

なので、白髪を抜くよりはマシですがおススメという訳ではありません。
なぜなら、根元ギリギリで切るのが結構難しいことと、伸びてきた時にピンピンと短い白髪が飛び出して見えるので、余計に目立ちます。

 

一度白髪を根元で切ってしまうと定期的にし続ける必要があるので、面倒でもありますよね。
しかもこれが何十本と増えてくると対応しきれなくなりますよ。

 

白髪を染める

白髪を切るのもおススメでないとしたら、白髪を染めるしか方法がないですよね。

 

だからと言って、少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。
なぜなら、白髪染めは、キューティクルを開いて髪の内部に色素を入れるタイプの毛染め剤だからです。

 

もっと分かりやすく言うと、黒髪を一旦ブリーチしてから染料をいれることで、黒髪と白髪が同じトーンで染まるということ。
綺麗な黒髪を一度ブリーチするのですから、白髪でない健康な黒髪に相当ダメージを与えることは分かりますよね。

 

白髪の割合が多い人にとっては、髪の傷みは気になっても、それを上回る見た目や頻繁に染めなくても良いなどのメリットがありますが、白髪が少ない人にはデメリットしかないと言っても良いでしょう。

 

では、最終的にどうすれば良いの?と思いますよね。

 

頭皮や毛根を傷めることなく、髪へのダメージを極力小さく、しかも白髪をカバーするには、ヘアカラートリートメントや部分染めで自然と馴染ませる方法がおススメなのですよ。

 

少ない白髪を染めるのにオススメの白髪染め3選!~トリートメント編~

 

では、まずヘアカラートリートメントから見ていきましょう。

 

いわゆる白髪染めと違う点は、黒髪をブリーチすることはしないということ。
髪の表面を染料でコーティングして白髪を染め上げるタイプになります。

 

なので、髪にダメージを与えることなく白髪を染めることが出来ます。
しかも、高いトリートメント効果があるので、艶のある美しい仕上がりが期待出来ます。

 

では、おススメのヘアカラートリートメントをいくつかご紹介しますね。

 

LPLP 白髪用ヘアカラートリートメント

  • 200g 3,240円(税込)※初回お試しキャンペーン 1,980円(税込)

 

数多くの白髪用ヘアカラートリートメントの中でも、綺麗に染められることで高い評判のLPLP(ルプルプ)。

 

ガゴメ昆布から採れる特殊なフコダインを配合しているので、髪や頭皮を傷めずに白髪染めをしながら、髪の補修も出来るという優秀な製品です。

 

少しずつ色が入っていくタイプなので、1回の使用では赤みが感じられるかもしれませんが、継続して使用すると色落ちを防げると40代以降の女性を中心に人気を博しています。

 

トリートメント力も非常に高いので、白髪染めによる頭皮のかぶれや髪質を気にされている人には特におススメですよ。

 

利尻ヘアカラートリートメント

  • 200g 3,240円(税込)※初回お試しキャンペーン 2,160円(税込)

 

1,800万本以上の販売実績があり、多くの愛用者がいる利尻ヘアカラートリートメント。

 

その理由は、濡れた手に取って髪に塗布して10分程度放置して洗い流すだけの簡単で便利な点が、忙しい現代女性に適しているからと言えます。

 

また、テクスチャがとても柔らかく、伸びが良いので髪にとても馴染みやすく使い勝手が良い点も高評価のよう。
その名前の通り利尻昆布エキスなどの植物由来の潤い成分配合なので、敏感肌の人でも安心して使えます。

 

利尻シリーズはシャンプーもあるので、シャンプーとヘアカラートリートメントの両方を併用するのが効果的ではありますが、ヘアカラートリートメントだけでも効果はありますよ。

 

資生堂プリオールカラーコンディショナー

  • 230g 1,280円(税込)※限定お得セット(40mLシャンプー&特製ブラシ付き) 1,382円(税込)

 

白髪染めという概念だけでなく、女性の髪を整えることに重点を置いているプリオール。

 

髪にハリとコシを与えるマイクロクリスタンワックス配合により、一日中ふんわり感をキープ出来ます。
これにより、根元の白髪も目立たなくするという考え方。

 

価格が安く、放置時間も5分程度なので気軽に試しやすいという点はありますが、染まりがやや緩やかで徐々に白髪が目立たなくなっていくタイプ。

 

内容量も多く続けやすい価格帯なので、連続使用が必須です。
ふんわりとした仕上がりなので、薄毛も気になっている人におススメですよ。

 

白髪染めヘアカラートリートメントのメリット・デメリット

 

このように少ない白髪にはヘアカラートリートメントがおススメなのですが、使う前にはメリットとデメリットきちんと把握しておくことも大切なことですよ。

 

白髪染めヘアカラートリートメントのメリット

 

先ほどから述べているように、ヘアカラートリートメントの一番のメリットは、髪や頭皮、毛根を傷めることがないという点です。
その上で、その名の通りトリートメント効果もあるので、髪のコシやツヤも期待出来ます。

 

殆どの製品が、頭皮や肌に優しい天然植物由来の成分で出来ているので、敏感肌の人でも使える点もメリットと言えるでしょう。

 

しかも、お風呂でシャンプー後に馴染ませるだけの簡単なものが多いので、面倒な準備が必要ないのも、大きなメリットになりますね。

 

白髪染めヘアカラートリートメントのデメリット

 

メリットばかりが目立つヘアカラートリートメントですが、デメリットももちろんあります。
それは、一度使っただけでは全ての白髪を染めきれないという点です。

 

ヘアカラートリートメントの基本コンセプトが、使う度に少しずつ白髪を染めていくことなので、綺麗に染まるまでに繰り返し使う必要があります。

 

これも毎日のお風呂で出来てしまうことなので、面倒なことではありませんが、急いで白髪を染めたい人にはデメリットになりますよね。

 

あと、カラートリートメントにはブリーチ成分が含まれていないので、髪の部分をそれ以上明るくすることは出来ません。

 

なので、へカラーと比較すると色展開が少なめで、黒系かダークブラウン系といったやや暗めの色になるのはデメリットと言えますね。

 

少ない白髪を染めるのにオススメの白髪染め3選!~部分染め編~

 

少ない白髪を染めるのには部分染めもおススメ。白髪が伸びてくる部分に特に重宝します。
少量の白髪や特定の範囲だけに目立つ白髪をカバーするには、部分染めがおススメですよ。いくつかご紹介しますね。

 

利尻白髪隠し

  • 1本20g 3,066円(税込)※初回お試しキャンペーン 1,986円(税込)

 

生え際や分け目の白髪にサッと塗って使える筆タイプの利尻白髪隠し。
塗った後の乾きが早く、ベタベタせずにサラサラになるので、見た目も塗っている感じがなく自然な仕上がりになると好評です。

 

その上、ただ白髪を隠すだけではないのも利尻白髪隠しの特徴。
ヘアマニキュアは白髪染めに近い成分で作られているので、シャンプーしても色が全て落ちることはなく、ほんの少しずつですが徐々に染まっていきます。
これは一石二鳥ですよね。

 

とにかく無添加に拘り、お肌に優しいことを最優先に作られている点も、発売と共に爆発的な人気となった理由でしょうね。

 

黒耀ポイントケアマスカラ

  • 1本12g 4,104円(税込)※初回お試しキャンペーン 1,986円(税込)

 

人気の黒耀シリーズからマスカラタイプの部分染めが登場したと話題になっています。
マスカラタイプは、液だれや手を汚すことがなく、どこでもブラシでサッと塗るだけなので、忙しい現代女性にはぴったりの製品。

 

10日ほど使い続けることで徐々に色が入り、自然な黒髪に染めることが出来ます。

 

ログウッドやシコンエキス、タンニン酸といった天然の染毛剤のみを使用しているので、髪や頭皮を傷めることなく、白髪が目立たない自然な仕上がりに。

 

その名前の通り黒く耀く髪に近づけます。ただ、明るいカラーには染められないので、暗めの髪色の人におススメですよ。

 

ラサーナヘアカラースティック

  • 1本40g 1,944円(税込)※初回限定2本セット 3,700円(税込)

 

お出かけ前にサッと使えるタイプの白髪隠しのラサーナヘアカラースティック。
チューブ式で筆タイプなので、無駄なく使えて広範囲や細い部分にも使いやすくて便利と人気のようです。

 

乾くと少しパリパリ感が残るようですが、髪の毛が光る感じは消えるので不自然な仕上がりにはなりません。
天然のオイルが多く配合されているので、髪がしっとりしてサラサラに。

 

スティックから出る液が髪に絡みやすく、その色が濃いので白髪部分がしっかりと隠れてくれますよ。

 

部分染めのメリット・デメリット

 

ヘアカラートリートメントと同様に、部分染めのメリットとデメリットも確認しておきましょう。

 

部分染めのメリット

 

部分染めの最大のメリットは、何といっても出かける前に鏡を見ながらサッと白髪を隠すことが出来ることでしょう。

 

ヘアカラートリートメントよりも手軽で一時的に白髪を隠したいという時にとても便利なアイテムです。
例えば、外出する時だけとか、家に急にお客様が来られる時とかにもとても重宝します。

 

更に、ヘアカラーなどで白髪染めを行った後、しばらくすると出てくる生え際の白髪にも、生え際にサッと塗るだけで殆ど目立たなくなります。

 

ヘアカラーと併用して活用されている人も多くいるようですよ。コンパクトサイズで軽いものが多いので、化粧ポーチなどに入れて持ち歩くことが出来るのも手軽で良いですよね。

 

部分染めのデメリット

 

部分染めは場合によっては、塗っても色落ちしてしまうことがあります。
汗をかいたり、雨に濡れてしまったりすると色落ちしてしまう製品もあります。

 

また、塗った後にしっかりと乾かしておかないと、他のものに染料が付着してしまうことも。
私も乾いていないうちに、服を着てしまい、服に染料が付いて難儀をしたことがあります。

 

それに、製品によっては、塗った後、髪の毛がべとべとしたような感覚になる人もいます。
変に黒光りするので、白髪に染料を塗っていることが分かってしまうのです。

 

これでは白髪だったことが逆に目立ってしまうので、隠している意味がありませんよね。
注意事項をしっかり守って使用することで、デメリットを少なくすることが出来ますよ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。少しの白髪だからと抜いたりしていては、頭皮や毛穴にダメージを与えるだけでなく、その後の白髪の増加や頭皮トラブルにも繋がるのです。

 

なので、少ない白髪にはヘアカラートリートメントか部分染めがおススメ。

 

ただ、各々のメーカーやタイプによって使い方や注意点は異なります。ご自身に合った目的やカラーのものをいかに選ぶかどうかがポイントになってきますよ。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。

このページの先頭へ戻る