これって若白髪?ひそかに悩む20代女性におすすめの白髪染めは?

 

白髪といえば、加齢のイメージ。自分にはまだまだ関係ない!なんて思っていた20代の女性が、ある日ふと白髪を発見してしまったら……。

 

1本や2本なら、見なかったふりをしてピンッと抜いてしまうかもしれません。

 

ですが、それをきっかけに白髪が増えてきたら?

 

白髪が1本生えるということは、部分的に、あるいは全体的に今後どんどん増えていく可能性があります。
まだ20代なのに、そんなのイヤですよね。

 

そこで今回は、白髪を上手に隠すコツやキレイに仕上がる白髪染め、白髪を増やさない対策まで、白髪に悩む20代女性必見の若白髪特集をお送りします。

 

白髪に悩む若い女性が増えている理由

 

ひと昔前に比べると、若い女性の間でも白髪悩みが増えているようです。

 

原因は、食事を含む生活習慣の乱れや髪と頭皮のダメージが大きいでしょう。

 

パーマやカラーリングデビューする年齢は確実に低くなっていますし、小学生のうちからジャンクフードに馴染んでいるケースも少なくありません。

 

また、身体に関するさまざまな悩みの中で「白髪」は家族や親しい友人にも打ち明けにくいもの。

 

「最近太っちゃって……」「肌荒れに効くサプリない?」なんて話題はよくありますが、白髪に関する相談はなかなかできないですよね。

 

誰にも言えずに白髪に悩んでいる20代女性は、意外と多いんですよ。

 

白髪染めのタイプは白髪の量で選ぼう!

 

白髪が目立ってきたら、まず思いつくのが「髪を染めること」。今は、ドラッグストアでもさまざまな種類の白髪染めが並んでいます。

 

とは言え、パッケージや価格で選ぶのはNG!
自分の白髪に合ったタイプのものを選びましょう。

 

分け目からピンと飛び出している白髪

ドライヤーの後に髪を整えている時や、外出前にヘアアレンジを楽しんでいる時に、他の髪とは決して馴染まずに1本だけ飛び出ている白髪ってありますよね。

 

とても気になりますが、それは抜かないでおきましょう。
特に太くて硬い白髪だった場合、強引に抜くと毛根や頭皮が傷ついてしまいます。

 

ヘアマスカラタイプの白髪染めで1本1本カバーするのがベストですよ。

 

生え際や前髪だけが気になる人

マスカラでコーティングするにはちょっと量が多い、前髪や生え際など部分的に白髪が目立ってしまう人には、ブラシタイプやファンデーションタイプの白髪染めがおすすめです。

 

一定の範囲を一度でカバーできるので、外出前や出先の化粧室でサッと使えるところが魅力ですね。

 

全体的にチラホラ生えている・白髪の量が多い人

鏡で見えるだけではなく、後頭部も含めて全体的に白髪が混ざってしまっているなら、髪全部を染めてしまいましょう。

 

ただし、まだまだ黒髪の量が多い20代の白髪には、市販の白髪染めはおすすめできません。髪全体を染めたい人は、白髪染めシャンプーやトリートメント系が良いでしょう。

 

普段使っているシャンプー・トリートメントを白髪染めタイプに変えるだけなので、手間がかかりません。

 

20代女性におすすめの白髪染めを厳選紹介!

では早速、白髪に悩む20代女性におすすめの白髪染め&白髪隠しをタイプ別に紹介します。
(価格は販売店によって異なります)

 

ヘアマスカラタイプ

数本だけ目立ってしまう白髪におすすめの、マスカラタイプの白髪隠しは、周りの髪とサッと馴染んでくれるものを使いましょう。
さらに、使い続けるうちに徐々に髪が染まってくれるマニキュアタイプならば言うことなしです。

 

サロンドプロ カラーオンリタッチEX

白髪や薄毛などの髪トラブルに悩む女性の味方、サロンドプロの白髪隠しです。

 

メイクに使うマスカラと同じようにブラシの部分がアーチ状になっているので、1本1本隠したい人にも生え際などまとまった部分に使いたい人にもおすすめ。

 

比較的リーズナブルなお値段で、市販・楽天・Amazon、どこででも買えるところが魅力です。

 

  • 価格:800円
  • 内容量:15ml
  • カラー展開:5色

 

ブラシ・ファンデーションタイプ

前髪を上げた時に気になる白髪や、分け目に沿って目立つ白髪を染めたいなら、ブラシorファンデーションタイプが使いやすくておすすめです。
サッと塗れて携帯にも便利なものが良いですよ。

 

利尻 白髪隠し

髪に優しい無添加処方の白髪隠しです。
容器の底をプッシュして、ブラシで気になる部分に塗るだけ!

 

乾くのが早いので、急いでいる時でも使えます。
使い続けることで少しずつ髪が染まっていくのも魅力ですね。

 

  • 価格:2,839円(初回限定1,839円)
  • 内容量:20g
  • カラー展開:4色

 

綺和美(KIWABI) 白髪隠しカラーリングブラシ

白髪染め専門ショップの綺和美が販売するブラシタイプの白髪隠しは、22種の植物由来成分を配合し、さらに無添加処方で低刺激。

 

白髪染めらしいツンとした匂いもないので、10代後半から20代前半の女性も気兼ねなく使えます。

 

  • 価格:3,980円
  • 内容量:20g
  • カラー展開:3色

 

Jumon 彩髪メーク

クリームファンデーションのようなテクスチャの白髪隠しです。見た目は完全なファンデーションなので、化粧ポーチに入れて持ち歩いても違和感なし!

 

気になる部分にポンポンとカラーを乗せて、5分ほど放置するだけで色落ちの心配もなく快適に過ごせますよ。

 

  • 価格:3,024円
  • 内容量:13.5g
  • カラー展開:3色

 

シャンプー・トリートメントタイプ

全体を染めたいなら、毎日の入浴時に使える手軽なシャンプーやトリートメントがおすすめです。

 

徐々に染まっていくので、白髪染めをしたと周りに気付かれることもなく、常に自然な色をキープできるところが嬉しいですね。

 

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント

髪と頭皮に優しい天然色素、ベニバナ・クチナシ・藍などを使ったカラートリートメントです。保湿成分も豊富に配合されているので、パーマやカラーリングなどで傷んだ髪にもおすすめ。

 

普段のシャンプー後に髪全体に塗布し、付属のシャワーキャップを被って放置すると、色馴染みがグッと良くなりますよ。

 

  • 価格:3,000円(初回割引あり)
  • 内容量:200g
  • カラー展開:5色

 

白髪用 利尻カラーシャンプー/トリートメント

白髪の量が多い、どんどん増えている気がする、そんな人はシャンプー&トリートメントのケアがおすすめです。

 

利尻カラーシリーズは髪と頭皮に優しい無添加処方に加え、毛髪もしっかり補修してくれるスグレモノ。

 

幅広い年代に人気のカラーシャンプー&トリートメントです。

 

  • 価格:シャンプー3,500円/トリートメント3,000円(初回割引あり)
  • 内容量:シャンプー200ml/トリートメント200g
  • カラー展開:4色

 

20代の白髪は若白髪?

 

そもそも、実際に20代で白髪というのは早すぎる、いわゆる「若白髪」なのでしょうか?
白髪が生え始める平均年齢などをまとめました。

 

白髪が気になり始めるのは30代後半
髪全体に白髪が混ざり始める平均年齢は、男性で30代半ば、女性で30代後半頃なのだそうです。
それにともない、白髪が気になり始める年齢は同じように30代後半がもっとも多いのだとか。

 

この年代の女性は、他にも肌トラブルやボディラインの崩れなど悩みが多いもの。
女性ホルモンの分泌が減少し、加齢に向かって徐々に進んでいく頃だといえますね。

 

10代・20代の白髪は「若白髪」

何歳から何歳までに生えた白髪を若白髪と言うか、特別な定義はありません。
1本2本の白髪は、ストレスが原因ということも考えられます。

 

ただ、平均的に30代半ばを過ぎた頃が白髪の始まりだとすると、それ以前に生える白髪を若白髪と呼ぶケースが多いように思われます。
つまり、10代20代ですね。

 

30歳になる前から髪全体に白髪が目立つようになったら、それは「若白髪」として本格的な対策をとった方が良いでしょう。

 

まだ間に合う!白髪を予防する方法

20代で白髪が目立ち始めたからといって、落ち込むのはまだ早いです。

 

今から対策と予防をしっかりとれば、これ以上白髪を増やさずに元の髪を取り戻すことができるかもしれません。


食生活を改善する

まず、一番簡単にトライできるのは、毎日の食事ではないでしょうか。栄養バランスの良い食事は、白髪対策だけではなく肌やスタイルなどの美容面や健康面にも良いものです。今からでも、できるだけ自炊して3食しっかり食べることをおすすめします。

 

とは言え、インスタントや冷凍物を一切排除してストイックな食生活を送る必要はありません。外食ももちろんOKです。
大切なのは、バランスのとれた食事を続けること。

 

髪に良いからといって海藻類や大豆製品を一点食いするのではなく、品数の多い献立を整えてみましょう。週に〇回は外食にする、週末1日だけは羽目を外すなど、自分にとって無理のない範囲でチャレンジして下さいね。

 

基礎代謝を上げる

基礎代謝が低い人は、血行不良で冷え性になりがち。手足と違って頭部は冷えを感じないことが多いですが、冷え性を自覚している人は、かなりの確率で頭部も血行不良に陥っていると言って良いでしょう。

 

血行が悪いと老廃物の排泄ができず、髪や頭皮に必要な栄養が届かなくなってしまいます。代謝を良くし、血流量UPを目指しましょう。

 

例えば、普段シャワーだけで済ませている人は週の半分でもお湯に浸かったり、まったく運動をしていない人はできるだけ歩いてみるなど、日常生活のちょっとした意識改革だけで、基礎代謝は上がります。

 

髪と頭皮をいたわる

簡単なようで忘れがちなのが、日頃のヘアケアです。すでに髪と頭皮にダメージが蓄積している人はもちろん、そうではない人も意識して取り組んでほしいですね。

 

まず、絶対忘れてはいけないのが紫外線対策。外に出る時は、必ず帽子か日傘を使って紫外線をカットしましょう。天気が良い日の窓辺も要注意です。

 

また、常にパーマやカラーリングを繰り返している人は、一度髪をナチュラルな状態に戻してみるのも良いですよ。髪と頭皮の傷みは、白髪はもちろん将来の抜け毛・薄毛につながります。

 

特に市販のブリーチやヘアカラーを多用している場合、そのダメージはかなり大きくなっていると言えるでしょう。イメチェンのつもりで、思い切って自然な髪に戻してみてはどうでしょうか?

 

【豆知識】20代女性が市販の白髪染めを使ってはいけない理由

 

白髪が目立ち始めると、つい市販の白髪染めを使いたくなりますが、20代の女性にはおすすめできません。

 

なぜなら、市販の白髪染めはしっかり染まる反面刺激が強く、まだ若い髪と頭皮には負担が大きいからです。

 

そもそも白髪染めは1剤と2剤の混合液で髪を染めるものですが、キューティクルを壊して髪を開き、内部に染料を浸透させるというもの。数多くの白髪染めに使用されているジアミンという酸化染料は、湿疹やかぶれなどの副作用を引き起こす危険もあります。

 

これだけでも、髪に相当な負担がかかることは想像できますよね。
髪と頭皮にダメージが蓄積されることで色落ちが早くなり、白髪染めの頻度が上がるということも考えられます。

 

また、一般的な白髪染めに含まれる「過酸化水素」が白髪を増やしてしまうという説もあります。
白髪を隠したくて白髪染めを繰り返していると、さらに白髪が増えてしまう……こんな悪循環も有り得るのです。

 

まとめ

20代で白髪を発見してしまうと、それは大変なショックですよね。
1本2本ではなく、髪全体にまばらに混じっていると、それだけで何歳も老けてしまったような気分に陥ります。

 

髪が気になって美容室から足が遠のいたり、視線が気になって会話も楽しめなくなったりと、人知れず若白髪に悩んでいる人は少なくありません。
しかし、今からでも白髪改善には充分間に合います!

 

髪と頭皮をいたわり、美容と健康に良い食事をとり、睡眠や入浴、運動で基礎代謝を上げる努力を続けてみましょう。
白髪=染めれば良いと考えていると、何年後かにもっと深刻な髪トラブルが訪れるかもしれません。

 

気になる白髪は、髪にも頭皮にも優しい白髪隠しやヘアマニキュアで上手にカバーし、生活習慣を整えて白髪を減らしていくのが一番!
ぜひ、自分の白髪にぴったりのアイテムを使って、白髪対策に役立てて下さいね。

部門別白髪染めランキング

女性用 男性用 トリートメント
女性用シャンプー 男性用シャンプー 部分染め

関連ページ

ヘナでの白髪染めはここに注意すれば完璧!染め方・時間・効果
髪をいたわりながら白髪染め(カラーリング)できるヘナについて、染め方・時間・頻度・効果・選び方などの情報と合わせて、おすすめのヘナ白髪染めを厳選してご紹介します。
白髪染めは黒髪でも染まるの?おしゃれ染めとの違いを徹底解説!
白髪染めは黒髪でも染まるのか?また、おしゃれ染めとの違いは?どちらを使うべきか?使う時の注意点は?など、白髪染めとおしゃれ染めについてまとめてみました!
警告!白髪染めトリートメントの副作用を知らないでは済まされない!
どうして「髪と頭皮に優しい」はずの白髪染めトリートメントで、副作用が?今回は、誤解されがちな白髪染めトリートメントの副作用と安全性について、少し詳しくご紹介していきます。
白髪染めトリートメントは効果なし!?【口コミから徹底検証】
白髪染めトリートメントは染まらない、長持ちしないので効果なし!という気になる口コミが・・・本当のところはどうなのかを徹底検証します。また効果的な使い方も伝授します。
ヘナの白髪染めにも副作用があるの?正しい選び方についてご紹介!
一見よいところだらけに見えるヘナの白髪染めですが、万人に合うと言えるのでしょうか?気になる副作用について調べてみました。
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらない?選び方のコツ&おすすめ商品
泡タイプの白髪染めは綺麗に染まらないという噂ががありますが、それは本当なのでしょうか?泡タイプ(ムース)の白髪染めの選び方のコツ、おすすめ商品などもご紹介します。
40代女性必見!白髪の原因は何?おすすめの白髪染めを厳選紹介!
40代女性の白髪が増える原因と、オススメの白髪染めアイテムをご紹介いたします!
真っ黒はイヤ!白髪でも明るく染めたい時のポイントと注意点&おすすめ商品!
白髪染めはしたいけど、暗い色でおばさんっぽくなりたくない!そんな女性のために、白髪染めでも明るく染めるコツや注意点をまとめてみました。おすすめの白髪染めも紹介しますよ♪
自分で上手に白髪染めを行う8つのコツ!オススメ商品も厳選!【初心者必見】
「家で自分で白髪染めをしたい!でも失敗したくない!」というあなたのために、セルフで白髪染めする際のコツやポイントをご紹介いたします!おすすめ商品も厳選して紹介しますよ♪
ヘナの白髪染の臭い対策&クサくないヘナの白髪染めはないの?
ヘナの白髪染の臭い対策とクサくないヘナの白髪染めならびにヘナのように安全でクサくないオススメの白髪染めを厳選して紹介します!
白髪に悩む30代女性に人気の白髪染めはコレ!【おすすめ&簡単】
多くの女性たちが白髪の気になり始める30代。「手軽く簡単に染めたい」「でも、できるだけ髪は傷めたくない」など、白髪染め選びのジレンマに陥りますよね。というワケで、各種白髪染めのメリット・デメリット。そして最後に30代女性にもっともオススメの白髪染めをご紹介いたします!
白髪染めしても染まらない9つの原因と10個の対処法
白髪染めが染まらない場合は、原因をきちんと解明して正しい対処をすることが必要です。
【初心者おすすめ】簡単な白髪染め!さまざまなタイプを比較検証!
白髪染めとひとくちに言っても、実にさまざまなタイプが販売されていますよね。それぞれの白髪染めのタイプの特徴と、最もオススメな白髪染めの方法をご紹介致します。
敏感肌さんは白髪染めをしてはいけない!?頭皮に優しい白髪染めを大捜索!
敏感肌でも怖くない白髪染めについて徹底検証します。むしろ白髪を改善する白髪染めだってあるかもしれませんよ。
初めての白髪染めにおすすめの色は何?色選びの注意点について解説!
初めての白髪染めの色選びのポイントとおすすめの色について解説します。
気になる生え際の白髪|上手に白髪染めをするコツからオススメ商品まで!
生え際を染めるのに一般的な白髪染めはNGです!では、生え際の白髪だけを染めたい時はどうすれば良いのでしょうか?その方法からおすすめ商品までご紹介します。
50代女性におすすめの白髪ケア!髪を傷めない安全な白髪染めはコレ!
白髪も抜け毛も気になる…髪の悩みが尽きない50代。髪を傷めず抜け毛を防ぐ安全な白髪染めをご紹介します。
男性用白髪染めと女性用との違いは何?おすすめ市販品も厳選紹介!
男性用白髪染めと女性用白髪染めとの違いは何なのでしょうか?メンズ白髪染めの特徴と、上手な染め方、商品の選び方からおすすめ市販品までまとめてみました。
白髪は部位によって生える原因が違うってマジ?部位別の染め方!
実は、白髪は部位によって生える原因が違うと言われています。部位ごとの白髪の生える原因と、失敗しない染め方についてご紹介いたします!
傷まない白髪染め|髪を傷めない染め方のコツ・ポイントとおすすめ商品
白髪が目立ってきたら、髪が傷むと分かっていても染めない訳にはいきませんよね。そこで、出来るだけ髪を傷めない白髪染めの方法やおすすめの白髪染めを教えちゃいます!
ヘアマニキュアで白髪染め|適切な頻度・使い方・選び方・おすすめ商品
白髪染めは髪が痛む、トリートメントには即効性がない・・・そんな悩みを持つ人におすすめなのがヘアマニキュアです。適切な頻度・正しい使い方や選び方、そしておすすめ商品についてご紹介します。
かぶれない市販のおすすめ白髪染め|原因と対処法&事前回避方法
頭皮が荒れたりかぶれたり…白髪染めにはリスクもたくさんです。かぶれの原因と対策をまとめました。またおすすめの市販の白髪染めも厳選してご紹介します。
ヘナの白髪染めは綺麗に染まらない?!ヘナの問題点を徹底検証!
ヘナの白髪染めは染まらないとお嘆きではないでしょうか?それには理由があるのです。ヘナの白髪染めの正しい使い方や注意点、おすすめ商品などをご紹介します。
白髪染めを長持ちさせるにはどうすればいい?色落ちを防ぐ方法は?
白髪染めを長持ちさせる4つのポイント&長持ちさせる3つのおすすめアフターケア、どんなタイプの白髪染めが長持ちするのか?そして、長持ちするおすすめの白髪染めを厳選紹介します。
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人へ|頭皮に優しい白髪染めはコレ!
白髪染めで頭皮が傷んでしまった人でも、安心して使える頭皮に優しい白髪染めはないのかを検証していきましょう。
【白髪染め】美容院VS自宅染め|メリット・デメリット徹底比較!
気になる白髪、あなたはどこで染めていますか?プロの手にお任せする美容院?好きな時に手軽にできる自宅?どちらにもメリットとデメリットはありますが、実際どう違うのでしょう。
※警告!白髪染めは眉毛にも使えるのか?眉毛の白髪の原因と対策!
白髪染めで髪を染めるついでに眉毛も染めることはできるのでしょうか?気になる眉毛の白髪解消方法についてお伝えします。
白髪染めにはどんな種類があるの?メリット・デメリットを徹底分析!
白髪染め初心者のために、白髪染めの種類を徹底分析!どんな種類の白髪染めが染まりやすいのか?色持ちは?使用頻度は?髪へのダメージは?どんな染料を使っているのか?など気になる情報を完全網羅して解説します。
白髪染めで失敗しない方法&コツと注意点!失敗後のフォローも解説!
初心者さん必読!白髪染めを自分で染めるのは難しいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?大丈夫ですよ!失敗しないコツを掴めば、初心者でも綺麗に染めることが出来ます。万一、失敗した時の対処法などについても解説します。
白髪染めを使うと白髪が増える?!噂の真相を探ってみた!
白髪を隠すために使っている白髪染めが、白髪をどんどん増やしてしまうとしたら、それは大変な問題です。「白髪染めが白髪を増やす」。そんな噂の真相を徹底追及してみました!
白髪染め前後のシャンプーに要注意!正しい選び方&おすすめ厳選!
白髪染め前後のシャンプーを誤ると大変なことに!今回は白髪染め前後に最適なシャンプーに注目し、おすすめシャンプーや正しい選び方、頻度、タイミングについて解説します。
メンズにおすすめの白髪染めは?女性用とはどう違う?染める時の注意点は?
メンズにオススメの白髪染めと白髪ケア、ちゃんと調べてシャキッといきましょう!メンズとレディースの白髪染めの違い、男性が白髪染めをする時の注意点、人気のメンズ用白髪染めについて解説します。
白髪染めを使用する適切な頻度はどれくらい?統計からわかる意外な事実!
白髪染めをする頻度はどれぐらいが適切なのか白髪染めの種類ごとに明らかにします。また、統計から他の方がどのぐらいの頻度で白髪を染めているのかの情報も合わせてご開示します。
白髪をピンポイントで染めたい!部分染めにおすすめの白髪染めは?
白髪を染めるにはまず部分染めからという人が多いと思われます。そこで今回は、ピンポイントで白髪を染める時に便利な白髪染め、上手に染めるコツを紹介します。今まで、少しの白髪なのに全部を染めていた人は必読です!
短髪さんの白髪染めにはコツが必要!綺麗に染められる方法&おすすめ商品!
短髪だからこそ、慎重に丁寧に染めなければ白髪はすぐに目立ってしまいます!短髪の人にこそ読んでもらいたい「正しい白髪の染め方」をお送りします。合わせておすすめ商品もご紹介します。
黒染めを使って白髪を染められる?白髪染めとの違いを徹底検証!
白髪が増えてきたら白髪染め?まだ若いし少し抵抗があるから、白髪染めではなく黒染めで乗り切ろうと思っている人はいませんか?黒染めを使って気になる白髪もしっかりと綺麗に染まるのでしょうか?黒染めと白髪染めとの違いも徹底検証します!
髪に優しい白髪染めの選び方&染めのコツを紹介!美容室は優しい?
「白髪染めをすると髪が傷む」とお悩みの男女が多いことでしょう。そこで、できるだけ髪の傷みを抑え低刺激で髪を染めてくれる髪に優しい白髪染めの選び方と染めのコツについて解説します。また、美容室の白髪染めは髪に優しいのか否かについても言及します。
髪に良いヘナの白髪染めのデメリットを知らないバカがまだいるの?
ヘナの白髪染めが抱えるデメリットをまだ知らないの?メリットだけでなくデメリットも見ながら、ヘナの白髪染めについて検証していきましょう。
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めるなんて!あなた正気?
少ない白髪のために白髪染めで全体を染めることはデメリットの方が多いと言えます。そんな少ない白髪のためのおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。
初心者必見!白髪染めの正しい選び方のコツ・ポイントについて解説!
白髪染めデビューを控える人のために、白髪染めの正しい選び方を紹介します。また、白髪染めで上手に髪を染めるコツや市販の白髪染めで失敗しやすい点についても解説します。
白髪は黒ごまを食べ続けると黒くなるのか?ならないのか?
黒ごまを日常で食べ続けていると白髪にならないとはよく聞くことですが、本当に黒ごまに白髪を黒くする効果を期待できるのでしょうか?真相に迫ります。

このページの先頭へ戻る